「日本の平均賃金は韓国以下」の嘘と罠|室谷克実

「日本の平均賃金は韓国以下」の嘘と罠|室谷克実

このところ日本では、「国民1人当たりの国内総生産(GDP)で、日本は既に韓国に抜かれている」「平均賃金も既に日本より韓国の方が高くなっている」といった〝お噺(はなし)〟がよく聞かれる。振り返れば40年ほど前にも「昇龍のような勢いの韓国経済が間もなく日本を追い越す」といった〝お噺〟が出回った。室谷克実氏の最新刊『韓国自爆』のまえがきを特別公開!


「日本の平均賃金は韓国以下」の嘘と罠

日本人の常識がくつがえる全17章

このところ日本では、「国民1人当たりの国内総生産(GDP)で、日本は既に韓国に抜かれている」「平均賃金も既に日本より韓国の方が高くなっている」といった〝お噺(はなし)〟がよく聞かれる。

振り返れば40年ほど前にも「昇龍のような勢いの韓国経済が間もなく日本を追い越す」といった〝お噺〟が出回った。

今日と40年前の〝お噺〟をじっくり見ると、その語り手には3つの共通点がある。

1つは、国際機関の集計値(元をただせば、韓国政府や団体が取りまとめた数字)に、何の疑いも持たずにいることだ。

2つは、韓国の政治・社会状況(例えば少子化の激しさや、棄国型移民願望の強さ)に、ほとんど関心を持っていないことだ。

3つは、彼らの心情が「だから日本なんてダメなのさ」といったマゾヒズムに傾き、韓国側の対日サディズムと、うまく噛み合ってくることだ。

端的に言えば、韓国の雇用・失業、勤労者所得の統計は、美容整形手術を施したうえに厚化粧をしている。私はそれを「韓数字」と呼んでいる。

青年層の失業は韓国の大問題だ。だから韓国の若者は「嫌いな国=日本」での就職口さがしにまで乗り出している。15~29歳のニート比率は20%を超えている。

こうしたことを少し知っただけでも、韓国政府が公表する失業率(文在寅政権下では、ほとんどが3~4%)は「おかしい」と思うのが普通ではなかろうか。

こうした事実は、韓国紙の日本語サイトを時たま見ているだけでも気付くはずだ。〝お噺〟を語る人々は、そうした努力もしていないのだろうか。

韓国の大卒男子の初就職年齢は平均30歳だ。兵役もあるが、就職浪人の期間が長いことが大きく影響している。めでたく大手財閥系に就職できるのは、多めに見積もっても4%程度だ。しかも、大手財閥系の場合は、50歳前後になれば大部分が「肩たたき」に遭って追い出されてしまう。

日が当たる職場で働けるのは、せいぜい20年。日本と韓国の勤労者の「生涯賃金」「生涯収入」を比べると、どうなるのだろう。

韓国の政府が、嘲笑されるような韓数字を次々に発表するのは、大統領の権限があまりにも強いため、官界が挙げて「ご意向忖度」を当たり前のことと思っているからだ。

韓国の大統領は3300ものポストの直接の任命権者だ。「統計の基準変更」に抵抗した統計庁長はあっさり解任された。大統領の〝お友達〟の権力型犯罪の捜査を指揮した検察幹部は左遷され、1年間に3度の任地替えを命じられた。

文在寅氏は「雇用大統領」と自称して大統領府に乗り込んだ。もちろん「雇用問題を解決する大統領」という宣言だった。

であれば、労政当局は様々な新職種を考案して、失業対策事業として振りまき、名目上の雇用率アップに精を出す。大学構内を歩き回って、講義がない教室の照明を消して回る「電気管理士」は最も話題になった新職種だ。

名目上の雇用率アップさえ達成して「大統領の覚えめでたし」となれば、30・40歳代の正規職労働者数が減少していることなど、労政当局にとってはどうでもよいのだろう。韓国とは、そういう国なのだ。

日本と韓国の間では、新たな「歴史戦」が始まる。佐渡島金山の世界遺産への登録問題だ。日本政府部内では「韓国が強制労働の現場だとして登録に反対している」ことに配慮してユネスコへの登録推薦を見送る雰囲気が支配的だったと伝え聞く。

見送ったら韓国は感謝するどころか、「日本は強制労働させていた事実を認めた」として大攻勢をかけてくる。慰安婦問題に関する河野談話と同じパターンに陥る。

そんなことも読めずに、「韓国への配慮」論が一時的にせよ、日本政府を覆ったのは、日本全体として対韓ウォッチが甘くなっているからではないのか。「日本は既に韓国に抜かれている」といった〝お噺〟が広まるのと根は同じように思える。

隣国の状況は、常に冷厳な視点でウォッチを続けなければならない。なぜなら、戦争をする相手はだいたいのところ隣国なのだから――そんな問題意識で本書『韓国自爆』をまとめた。

本書が読者の対韓ウォッチの一助になることを願っている。 
                              (『韓国自爆』まえがき より)

韓国自爆

¥ 1430

関連する投稿


【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

【橋下徹研究⑦】咲洲メガソーラー入札の重大疑惑①|山口敬之【永田町インサイド WEB第7回】

「当時の入札手続きのどこが問題なのか具体的に指摘して欲しいね」と橋下徹氏。では、ご希望に応えて、2012年12月5日に行われた咲洲メガソーラーの入札の数々の問題点を指摘しよう。橋下徹さん、もうあなたは詰んでいる――。


再論・北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

再論・北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

日本は核拡散防止条約からの脱退を検討すべきだ!我が国の核抑止力を早急に整備しなければならないと再度強調する。


北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

北朝鮮の核恫喝にどう立ち向かうのか|西岡力

我が国がいま置かれている状況は、ソ連が米本土まで届く核ミサイルを完成した時の英仏両国の状況と同じだ。そのとき両国は、米国は米本土を危険にさらして他国を守らないかもしれないと考え、独自の核武装を決断した。


親北勢力と戦う覚悟のない尹錫悦氏|西岡力

親北勢力と戦う覚悟のない尹錫悦氏|西岡力

そもそも尹氏は、朴槿恵前政権から文在寅政権の前半にかけて、国内分裂の中で親北左派側の検事。「反日反韓史観」を身につけている。だから、韓国正常化のためには親北左派と戦わなければならないという問題意識を持っていない。


『豪州と中国戦争前夜』|崔大集

『豪州と中国戦争前夜』|崔大集

韓国語版『「目に見えぬ侵略」「見えない手」副読本』(『豪州と中国戦争前夜』)が遂に発刊!日本と同様、中国による目に見えぬ侵略に対して警戒感が薄い韓国国民。その中で大韓医師協会の崔大集(チェ・デジプ)前会長が本書を激賞!その理由とは。


最新の投稿


新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

新領域での戦いに自衛隊は取り残される|織田邦男

サイバー戦においても立ちはだかる「専守防衛」の軛。日本は現代戦に取り残される一方である。にもかかわらず、「自衛隊は現代戦が戦えるのか」といった本質的な問いかけをする政党はない。


自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

自民党「敗北」の可能性も 参院選終盤情勢を占う|和田政宗

参院選は終盤戦へ突入し、10日の投開票日まで1週間を切った。ここにきて自民支持が下落しているのはなぜなのか。自民に投票していた方々の投票先は今回どうなるのか。私の分析では岩盤保守層、岩盤自民支持層20%のうちすでに10%は逃げている――。


国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

国を憂える政治家はいるか|田久保忠衛

当然ながら、参院選最大の論点は、日本を改革する憲法改正の是非になるはずだ。が、どの候補が日本の国難の核心に触れる意見表明を行ったか。自分はどうなろうと国を憂える、といったパフォーマンスは流行らなくなったのだろうか。


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。