菅前総理の大偉業と心許ない岸田政権の対中姿勢|和田政宗

菅前総理の大偉業と心許ない岸田政権の対中姿勢|和田政宗

米国を取るのか、中国を取るのか。米国は、企業のみならず各国に対しても厳しい姿勢で臨んでいる。日本はアジア太平洋のリーダーとして米国より先に、北京五輪への「外交的ボイコット」を表明すべきだった――。本音で語れる政治家、和田政宗議員がこの1年の日本外交と重要課題を振り返る!


未来永劫、男系男子で継承していく

Getty logo

2021年は、我が国の将来にとって大きな動きがあった1年であった。

最も重要だったのが、安定的な皇位継承について考える有識者会議の設置と、議論、最終報告書の提出である。戦後まったく動かなかった旧宮家の男系男子の方々の皇籍復帰について、道筋がついたのだ。

これは菅義偉前総理が官房長官時代から、我が国にとって最優先で取り組むべき課題であると考えていたもので、総理大臣となって2021年3月に有識者会議を設置、7月に中間とりまとめ、12月22日に最終報告書が提出された。

旧宮家の男系男子の方々の皇籍復帰後の皇位継承権については結論が先送りされたが、今回の最終報告書により、女系天皇や女性宮家といった我が国のあり方と過去の歴史を壊す議論は潰えたと言える。

我が国の皇統は未来永劫、男系男子で継承していくことが確定的となった。我が国の将来の姿を確固たるものとした歴史的大偉業であり、菅前総理のリーダーシップと決断があったからこそ実現できたものだ。あとは具体的な方法について私も政府与党の一員として推進し、必ず実現をしていく。

そして、我が国の安全保障をめぐる環境の厳しさは一層増した1年だった。

「6年以内に中国が台湾を侵攻する可能性がある」と米インド太平洋軍のデービッドソン司令官が3月に米上院軍事委員会の公聴会で証言。この証言の後、日本の主要メディアにおいても台湾危機がようやく報じられるようになったが、昨年からの台湾、尖閣をめぐる情勢は緊迫したものであった。

安倍元総理、菅前総理が培ってきたもの

2020年10月、菅総理の就任直後、日米豪印クアッドの外相会談が電撃的に日本で開催された。台湾、尖閣情勢危機が迫るなか、中国を抑止するためにはこの4か国が安全保障上強固に協力していることを示すことが重要であった。

アジア太平洋での平和を守るための日本の行動に、イギリス、フランス、ドイツ、オランダ、カナダ、ニュージーランドなどの諸国軍が自衛隊と共同訓練を行うに至るなど、各国からの賛意と支援の輪が広がった。

2021年4月には菅総理とバイデン大統領との対面での首脳会談がワシントンで開かれた。バイデン大統領にとっては菅総理が就任後対面で会談する初めての外国首脳であった。米国が「日米同盟は最重要の同盟」と言うのは決してお世辞ではない。

冷戦時代は、ソ連と最前線で対峙するNATO諸国との同盟が米国にとって最重要であったが、現在、米国は中国と対峙している。最前線にある日本との同盟はまぎれもなく米国にとって「最重要の同盟」なのだ。

なお、クアッドについては9月に米国で、初の対面での首脳会談が開催された。菅総理は「退任を表明しているので私は参加しない」と米国側に伝えたが、バイデン大統領が「菅総理と話をしたいから来てほしい」と強く要請されたものである。

こうした米国や諸国との関係性は安倍元総理、菅前総理が培ってきたもので、我が国にとって非常に大きい。安倍元総理が提唱した「自由で開かれたインド太平洋」の外交戦略は、日本の首脳が提唱した外交フレーズとして戦後初めて世界のスタンダードとなった。

日本がアジア、インド太平洋において平和を守るための確固たるリーダーシップを取るのであれば、世界各国は大いに賛同し、ついてくるのである。

関連する投稿


憲法改正、「やるやる詐欺」は許されない!|和田政宗

憲法改正、「やるやる詐欺」は許されない!|和田政宗

21年11月、吉村洋文大阪府知事から「党是で改憲、改憲と言っているが『やるやる詐欺』だろう」と批判された自民党。「憲法改正推進本部」から「憲法改正実現本部」へと名称は変わったが、岸田政権は本気で憲法改正を実現しようと思っているのか。本音で語れる政治家、和田政宗議員が憲法改正への決意を語る!


参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

「日本の政治を変える道は野党共闘しかない」と豪語する日本共産党の志位和夫委員長。この発言を「往生際が悪い」という一言で片づけていいのだろうか。昨年の衆院選では「立憲共産党」と揶揄され、立憲民主党、共産党ともに議席を減らしたが、野党共闘は本当に失敗だったのか。(写真提供/時事)


岸田首相は世界に貢献する責任を果たせ|櫻井よしこ

岸田首相は世界に貢献する責任を果たせ|櫻井よしこ

国益に関わる重要事であっても、摩擦を起こしかねない案件には一切手をつけず、7月の選挙を乗り切りたい、政権の長寿を実現したい、というのが岸田首相の考え方か。有事のいま、それは間違いだ。


東京五輪反対デモと民主主義の破壊者たち|和田政宗

東京五輪反対デモと民主主義の破壊者たち|和田政宗

ここ数年、全国各地で人々の分断を煽るような過激な行動を取る勢力が顕在化している。東京五輪の反対運動、沖縄の基地反対運動は、はたして本当に国民の「声」なのか。我々は、メディアが民主主義を破壊する活動に加担しようとしている事実をしっかりと認識しなくてはならない。


“バラマキ”で日本経済を救えない理由|デービッド・アトキンソン

“バラマキ”で日本経済を救えない理由|デービッド・アトキンソン

先の衆院選で、自民党は大勝、岸田新内閣が発足した。岸田総理は「所得倍増」「成長と分配の好循環」といった目標を掲げているが、本当に実現できるのか。 伝説のアナリストが、いまの日本に本当に必要な経済政策とはなにかを説く!


最新の投稿


河井あんりさんは怒っていた|花田紀凱

河井あんりさんは怒っていた|花田紀凱

河井あんりさんが睡眠薬を飲んで、救急車で運ばれたと聞いて暗澹たる気持ちになった。あんりさんとは昨日午前中に電話で話をしたばかりだった――。


英国議会で暗躍する「中国工作員」を実名告発!|クライブ・ハミルトン/マレイケ・オールバーグ

英国議会で暗躍する「中国工作員」を実名告発!|クライブ・ハミルトン/マレイケ・オールバーグ

1月14日、BBCは「英情報局保安部(MI5)は13日、中国の工作員とみられる人物が献金を通じてイギリスの議会に食い込み、政治に介入しているとする、異例の警告を発した」と報道。ロンドンの中国大使館は「私たちはいかなる外国議会においても『影響力を買う』必要はないし、その努力をすることもない。イギリス内の中国人コミュニティーに対する中傷と威嚇のたくらみに強く抗議する」とMI5を非難。中国が否定することは目に見えていたが、実際、中国の「魔の手」はどこまで伸びているのか。日・米・欧での「浸透工作」の全体像を初解明した『見えない手』より、英国での「浸透工作」の一部を特別公開!


日米「2+2」と日豪円滑化協定の軍事的意義|太田文雄

日米「2+2」と日豪円滑化協定の軍事的意義|太田文雄

今回の協定締結により、日豪相互の大部隊展開が円滑に行われるようになったことで、両国は同盟関係に一層近づいたと言える。それは台湾有事への備えにもなるだろう。


憲法改正、「やるやる詐欺」は許されない!|和田政宗

憲法改正、「やるやる詐欺」は許されない!|和田政宗

21年11月、吉村洋文大阪府知事から「党是で改憲、改憲と言っているが『やるやる詐欺』だろう」と批判された自民党。「憲法改正推進本部」から「憲法改正実現本部」へと名称は変わったが、岸田政権は本気で憲法改正を実現しようと思っているのか。本音で語れる政治家、和田政宗議員が憲法改正への決意を語る!


なべやかん遺産|「ウルトラセブンプロップ風ガレージキット」

なべやかん遺産|「ウルトラセブンプロップ風ガレージキット」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ウルトラセブンプロップ風ガレージキット」!