ジェットジャガー|なべやかん遺産

ジェットジャガー|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ジェットジャガー」!


最初は好きじゃなかったが……

ここ数日頭の中に響き渡る歌がある。

人が作ったロボットだけ~ど~、ジェットジャガー、ジェットジャガー、やったぜジャガー♪

子門真人さんが歌う『ゴジラとジェットジャガーでパンチ・パンチ・パンチ』という曲だ。『ゴジラ対メガロ』のエンディングでかかった曲が脳内で鳴り響く。

子供の頃、ジェットジャガーの事はあまり好きになれなかった。ド派手なピエロ、そんなイメージ。東映特撮ヒーローに比べてスタイルもデザインも悪いしカッコ悪いし……。

でも、そんな思いがぶっ飛んだのは、東宝撮影所内にあった特撮美術の怪獣倉庫見学をした時だった。倉庫内にあった本物のジェットジャガーを見た時、「実物で見るとかっこいい!」と独り言を発したくらいだ。

円谷プロの怪獣倉庫でウルトラマンやセブンなどを見ていたが、特美の作り物はそれらとは違った。
何が違うかというと、FRPマスクの厚み、マスク全体の重さ、作りの複雑さだ。

どちらが良い悪いというのではない。ただ映画で作られる怪獣などはテレビの怪獣と違い、お金がかかっている。ジェットジャガーも例外ではない。

目の作り、両サイドに広がるアンテナ、手作りの一点物の複雑なマスクだった。実物を見てから改めて作品を観ると、ジェットジャガーの良さが伝わり、好き度が増していった。
 
ここ数年、ジェットジャガー人気が高くなっている。若い世代の人気、そして昭和ゴジラファンからの人気。当時からジェットジャガーを見ていた人は、時が経つにつれて見慣れてきたこともあり、存在が当たり前になって来ているというのもあるのだろう。

多分、現体験でジェットジャガーを見た殆どの人が、最初は「え!?」って思ったに違いないけど、どんなものでも見ていれば慣れる。平成の仮面ライダーがそうだもん。新ライダー発表の時は「なんじゃこりゃ!?」って思っても、放送が始まると慣れるからね。

アメリカでも高い人気

今回のテーマはジェットジャガー

海外での人気もかなり高い。アメリカのイベントに行った時は、特にそれを実感した。特撮イベントには多くの個人ブースがあり、日本の怪獣フィギュアを扱う所には必ずと言ってもいいくらいジェットジャガーが売られていた。

殆どが日本国内で買えるバンダイのソフビだが、アメリカで発売されているソフビもあったりするので、それはつい買ってしまう。あのド派手なデザインがアメリカ人にはウケが良いのかもしれない。

東映の等身大特撮ヒーローのキカイダーやキカイダー01はハワイで大人気でキカイダーの日というのがあるくらい凄い事になってるのだ。

赤と青の派手なデザインがハワイ的と感じられたのだろう。マーベルのキャプテンアメリカ、DCのワンダーウーマンなどもド派手なデザインなので、ジェットジャガーが受け入れられてもおかしくない。

ジェットジャガーの商品は色々と出ている。古くはブルマァクのソフビ、所謂、当時モノというやつだ。
スタンダードサイズは発売されず450円サイズの大きめとミドルサイズの小さ目が発売されている。

450円サイズは持っているがM1号からスタンダードサイズを作る時に見本で貸したままにしてある。返してもらえないとかではないのでご心配なく。自ら置きっぱなしにしているだけ。

バンダイからは90年代に発売され、その後サイズが少し小さくなったムービーモンスターシリーズでよりリアルなのが発売された。そして最近もムービーモンスターシリーズから通常版とゴジラ・ストア限定バージョンも売られている。

関連する投稿


なべやかん遺産|「BONZO」

なべやかん遺産|「BONZO」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「BONZO」!


なべやかん遺産|「ハロウィン大作戦」

なべやかん遺産|「ハロウィン大作戦」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は前回に引き続き「ハロウィン大作戦」!


なべやかん遺産|「東映不思議コメディシリーズ②」

なべやかん遺産|「東映不思議コメディシリーズ②」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は前回に引き続き「東映不思議コメディーシリーズ②」!


なべやかん遺産|「東映不思議コメディーシリーズ」

なべやかん遺産|「東映不思議コメディーシリーズ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「東映不思議コメディーシリーズ」!


なべやかん遺産|「ゴジラvs.コング」

なべやかん遺産|「ゴジラvs.コング」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴジラvs.コング」!


最新の投稿


参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

参院選も「立憲共産党」なら、自民は危ない!|和田政宗

「日本の政治を変える道は野党共闘しかない」と豪語する日本共産党の志位和夫委員長。この発言を「往生際が悪い」という一言で片づけていいのだろうか。昨年の衆院選では「立憲共産党」と揶揄され、立憲民主党、共産党ともに議席を減らしたが、野党共闘は本当に失敗だったのか。(写真提供/時事)


【読書亡羊】米議会襲撃事件の裏と日米の政治家の差 ボブ・ウッドワード、ロバート・コスタ『PERIL 危機』(日本経済新聞出版社)

【読書亡羊】米議会襲撃事件の裏と日米の政治家の差 ボブ・ウッドワード、ロバート・コスタ『PERIL 危機』(日本経済新聞出版社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


日本に必要な攻撃能力の構築|島田洋一

日本に必要な攻撃能力の構築|島田洋一

日本は専守防衛の枠を捨て、日本を攻撃すれば自らの司令系統中枢も破壊されると思わせるだけの、小規模ながら残存性の高い抑止力を構築していかねばならない。同じ発想に立つ英国を、誰も「無責任な軍国主義国家」とは呼ばない。


岸田首相は世界に貢献する責任を果たせ|櫻井よしこ

岸田首相は世界に貢献する責任を果たせ|櫻井よしこ

国益に関わる重要事であっても、摩擦を起こしかねない案件には一切手をつけず、7月の選挙を乗り切りたい、政権の長寿を実現したい、というのが岸田首相の考え方か。有事のいま、それは間違いだ。


一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

選挙の度に問題となっている「一票の格差」。昨年10月の参院選もこれをもって違憲だとする訴訟が各地で相次いでいる。しかし、本当に「一票の格差」は問題なのか? 改めて考え直してみると……。(初出:2013年5月号)(本稿は著者の考えに基づき、旧仮名遣いとなっています)