安保の視点からの総裁候補評価|太田文雄

安保の視点からの総裁候補評価|太田文雄

河野氏の防衛相時代、自衛隊グッズのオークションといった人気取り行事は多かったが、同氏の政策が日本の防衛のためにプラスとなったかといえば、マイナスの方が多かったと言わざるを得ない。


10日に河野太郎氏が自民党総裁選挙への立候補を表明し、候補者は岸田文雄氏、高市早苗氏を含めた3人となった。これまでになく厳しい安全保障環境の下で、3候補の国家安全保障に取り組む姿勢や政策について評価してみたい。

イージス・アショアを葬った河野氏

昨年6月、当時の河野防衛相は秋田県と山口県の2カ所で進められていた陸上配備型弾道ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の建設計画を、代案も示さないまま取りやめた。理由は、迎撃ミサイル発射後、第1段ロケットの燃焼後空タンクを配備地である陸上自衛隊演習場内に落下させられる保証がないからだという。

仮に核弾頭搭載の弾道ミサイルが日本国内に落下した場合、数十万、数百万の命が失われる。全く比較にならない事象を理由に迎撃システムの配備計画をなぜ中止したのか、いまだに理解できない。

イージス・アショアで予定されていた迎撃システムは、昨年末に艦載されることになったが、設計が間に合わず、今年の防衛省の概算要求では計上されていない。このため、実際の配備時期は当初の予定より何年も遅れる。これで北朝鮮や中国、あるいはロシアの核攻撃の脅しに対応できるのか。

折しも7月、「日本が台湾有事で一兵でも送れば、直ちに日本を核攻撃する」というナレーションが付いた中国の軍事愛好家集団制作の動画がインターネットを通じて中国全土に拡散した。

河野氏の防衛相時代、自衛隊グッズのオークションといった人気取り行事は多かったが、同氏の政策が日本の防衛のためにプラスとなったかといえば、マイナスの方が多かったと言わざるを得ない。

核禁条約を称賛する岸田氏、対中政治戦に敏感な高市氏

一方、岸田氏は、昨年上梓した『核兵器のない世界へ―勇気ある平和国家の志』という本の中で、核兵器禁止条約を「理想を追い求める意味で素晴らしい」と評価する平和主義者である。それでは北朝鮮や中国の核の脅しにどう立ち向かおうとしているのか、具体策を聞きたい。

また、中国の「戦わずして勝つ」政治戦は経済界、メディア、学者・学生の抱き込み等で水のようにじわじわと浸透してくる。こうした武力を伴わない中国の政治戦に対し、高市氏は総裁選出馬表明で、経済安保包括法の制定、入国者スクリーニング(身辺調査)の実施、サイバーセキュリティ強化、インテリジェンス機能の充実、対外的な情報発信の強化、日本国内の中国共産党組織への警戒等の的確な政策を掲げている。河野氏が中国外務省の女性報道官とのツーショット自撮り写真をツイッターで発信し、「微笑外交」に乗ってしまう危うさがあるのとは違う。

高市氏には数年前、安全保障上重要な土地を外国資本が購入するのを規制する外国人土地規制法を制定すべく総務相時代に努力した経緯を議員事務所で聞き、また今年7月には憲政記念館で講演を拝聴したが、他の2候補には窺えない、しっかりした国家観を持っていると感じた。(2021.09.13国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


「派閥全廃」は党改革の出発点に過ぎない!|和田政宗

「派閥全廃」は党改革の出発点に過ぎない!|和田政宗

派閥全廃とその先の根本的な党改革を構築するため、「政治(まつりごと)変革会議」を今月22日に結成した。党変革、政治変革が中途半端に終われば、自民党は国民の信を失い、下野し、将来消滅する――。(サムネイルは自民党HPより)


派閥を全廃し、自民党は解体的出直しを!|和田政宗

派閥を全廃し、自民党は解体的出直しを!|和田政宗

平成元年(1989年)に党として国民に実現を約束した「政治改革大綱」には、「われわれは、派閥解消を決意」と明記されている。35年前に国民とした約束を果たしていないこを、私を含む党所属の全国会議員は猛省すべきだ。


自衛隊の災害派遣経費は自腹でいいのか?|小笠原理恵

自衛隊の災害派遣経費は自腹でいいのか?|小笠原理恵

「休暇中に帰省するのは許可するけど、何かあったときは自腹で帰ってきてねというスタンスです」と自衛隊幹部。被災地で活躍する自衛隊に多くの国民が感謝しているが、自衛隊では災害派遣活動中でも自腹負担が多数みられる――。(サムネイルは「陸上自衛隊 中部方面隊」Xより)


台湾救助隊を「日本政府が拒否」はまったくの誤情報|和田政宗

台湾救助隊を「日本政府が拒否」はまったくの誤情報|和田政宗

偽の救助依頼情報がSNSで発信され、救助が混乱するという事態が起きた。また、政府の初動対応についても「遅かった」などと事実に基づかない発信が続いている――。被災地の救援支援に対し、事実に基づかない批判をするのは、被災された方のためではなく、自らのイデオロギーや主張のために利用していると見られてもおかしくない。


なぜ今なのかが不可解な旧統一協会解散請求|西岡力

なぜ今なのかが不可解な旧統一協会解散請求|西岡力

これは宗教団体に対する「人民裁判」ではないか。キリスト教、仏教、神道などのリーダーを含む宗教法人審議会が解散命令請求に全会一致で賛成したことに戦慄を覚えた。


最新の投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今回はいつも何を言っているのかピンとくることのない寺島実郎氏のコメントに、逐一突っ込みを入れてみました。


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった