菅総理、ほんとうにお疲れさまでした|花田紀凱

菅総理、ほんとうにお疲れさまでした|花田紀凱

急転直下、辞任に意向を示した菅総理。朝日、毎日は勝ち誇ったように報じるが、マスコミが「コロナ恐怖」を煽り、国民はその八つ当たりで政権を非難していたに過ぎない。菅総理の功績を、いまこそ振り返ろう。


本来批判されるべきはマスコミ、尾身茂会長、医師会

とうとうこんなことになってしまった。残念極まりない。

菅義偉総理、突然の総裁選不出馬宣言。引きずり降ろそうと、この1年、あらゆることで叩き続けてきたメディアは勝ち誇ったように書き立てている。

「菅首相1年で退陣へ 対コロナ国民の信失った末に」(朝日社説9月4日)

「首相が辞意表明 独善と楽観が招いた末路」(毎日社説9月4日)
 
しかし、菅総理の新型コロナ対策、世界各国と較べて、それほど、ひどいのか。
 
未知の新型コロナウイルスとの闘いで、世界中が混迷を極めた。早くから対策が功を奏したと言われるイスラエルやニュージーランド、台湾などはいずれも人口が少ない。ニュージーランド486万人、イスラエル900万人、台湾だって2360万人だ。日本と比較するほうがおかしい。
 
そんな中で菅政権は頑張ってきた。
 
現在ワクチン接種者の数では中国、アメリカなどに次いで世界第5位。致死率の低さでは世界1位。
 
なのに、新聞やワイドショーが、悲観的、否定的なことばかり報じるから、多くの人が「コロナ怖い病」にかかり、菅政権に八つ当たり。
 
本来、批難されるべきは、いまだに「人流を止めろ」しか言わない分科会と尾身茂会長、医療体制構築に協力しない日本医師会、政権を糾弾するに急で、冷静かつデータに基づいた報道をしなかった新聞、ワイドショーではないか。
 

菅総理、これだけの功績

この1年、菅政権がやってきたことを時系列で並べてみる。

①デジタル庁創設

②携帯料金値下げ
 
大方の人はその恩恵に預かっているはずだが、忘れている。

③日本学術会議改革

④福島原発処理水の海洋放出決定
 
新聞はこれを批判し、風評被害、風評被害と書き立てるが、風評をつくり、煽っているのは新聞ではないか。

⑤「従軍慰安婦」という表現は不適切とする答弁書の閣議決定

⑥小学校の35人学級

⑦ワクチン接種1日100万回
 
とても無理と批判されたが、菅総理は140万回まで達成。

⑧不妊治療の保険適用。来年4月には助成額大幅増
 
少子化対策もちゃんと目配りして手を打っているのだ。

⑨重要土地調査法制定
 
中国などの土地買占めに、初めて歯止めをかける重要な法律。

⑩改正国民投票法成立

⑪最低賃金935円に
 
商工会議所の反対などで、これも、度々、見送られてきたが、ようやく実現した。

⑫オリンピック・パラリンピック開催
 
始まるまで、人流が増え、感染者が増えるなどと批判ばかりしてきた大新聞やテレビが、始まったら連日大報道。節操も何もあったもんじゃない。
 
このコロナ禍の中でオリンピック、パラリンピックを開けるのは日本しかなかったと、選手はもちろん世界中が絶賛している。

返す返すも無観客にしたのは残念だった。
 
菅総理はわずか1年でこれだけのことをやってきたのだ。
 
説明不足だ、口下手だと菅総理を批難するが、ペラペラしゃべってカンナ屑と言われた総理もいた。
 
論より実行!
 
菅総理、ほんとうにお疲れさまでした。

関連するキーワード


菅義偉 花田紀凱

関連する投稿


大泣きした菅前総理の弔辞と謝罪ですまない玉川徹氏|和田政宗

大泣きした菅前総理の弔辞と謝罪ですまない玉川徹氏|和田政宗

一般献花の長い列からも分かるように、安倍元総理への弔意は国民の多くが持っており、国葬実施後のSNSの反応も、「国葬をして良かった」との声が多数だった。各国代表の方々の弔意に応えるためにも、やはり国葬でなければならなかったと実感している。


「統一教会魔女狩り報道」自民党議員は米子市長を見習え!|花田紀凱

「統一教会魔女狩り報道」自民党議員は米子市長を見習え!|花田紀凱

「接点」「ズブズブ」と連日のように「魔女狩り報道」を行っているメディア。「接点」があって何が問題なのか? 「ズブズブ」の定義とはいったい何か?


増刊のタイトル なぜ「サヨナラ」か|花田紀凱

増刊のタイトル なぜ「サヨナラ」か|花田紀凱

「『サヨナラ』なんて言いたくない!」「なぜ『さようなら』ではなく『サヨナラ』なのか?」……。増刊のタイトルについて編集部内でも様々な意見がありました。ですが、編集長は「サヨナラ」一択でした。なぜなのか。その理由を初めて明かします!


朝日はどこまで安倍総理を貶めれば気が済むのか|花田紀凱

朝日はどこまで安倍総理を貶めれば気が済むのか|花田紀凱

安倍総理の死の翌日、安倍総理を批判する記事を掲載した朝日新聞。しかし、朝日の「反安倍」はなまやさしいものではなかった……。


世界はかけがえのない人を失った|花田紀凱

世界はかけがえのない人を失った|花田紀凱

安倍総理が兇弾に斃れたあの日から、安倍総理について思わない日はない。 同時に、いわれなき批判を浴びせ続けた朝日新聞をはじめとする無責任なメディアに腹が立つ。花田編集長、怒りと悲しみの安倍総理追悼文。


最新の投稿


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

「軍艦島は地獄島だった」「強制連行されたうえ劣悪な環境で働かされ、多くの人が命を落とした」。このような韓国のプロパガンダは、NHKの短編ドキュメンタリー映画「緑なき島」から始まった。NHKの捏造疑惑について国会で何度も質問をしたが、NHKはいまだにはぐらかし続けている――。


デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

大勝を収めた結果、デサンティス氏は一躍、2年後の大統領選における最有力候補の1人と目されるに至った。デサンティス氏はまた、中国共産党政権によるスパイ行為を防ぐため、フロリダに本拠地を置く諸大学が中国人の研究者や中国の大学と行う共同プロジェクトに制限を課す州法の制定を議会に促してきた。


3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

約3年ぶりに開かれた日韓首脳会談は、岸田総理と尹大統領の初会談でもあった。初会談は相手にくさびを打ち込む重要な会談である。はたして岸田総理は、韓国にくさびを打つことができたのだろうか。(サムネイルは首相官邸HPより)