谷口智彦のこの一冊|兼原信克『安全保障戦略』

谷口智彦のこの一冊|兼原信克『安全保障戦略』

安倍晋三前総理のスピーチライターを務めた慶応義塾大学大学院教授の谷口智彦氏が選ぶ珠玉の一冊!


同志社大学の学部生に講じた講義録。400ページに16講を収める。1講読むのに1時間くらいかかる。  

逆にいうと16時間つくれば読めるのだから、この際、著者に代わって頼んでしまおう。菅義偉総理大臣、ご多用とは思いますが、ぜひとも通読し、再読三読してください。

それというのも本書において著者が第一読者として想定するのは、実は学生ではない、総理や統合幕僚長、官邸幹部たちだからだ。  

尖閣諸島をめぐり、また台湾有事において、中国を相手に自衛隊を動かす――隊員男女を命の危険にさらすこととなる決断を迫られる治者こそが、本書の求める読者である。  

学説をのどかに陳列し、諸国の制度や由来を悠々と説く類書なら、内外に少なくない。本書は違う。明日にでも起き得る危機に、日本は弱い。日頃の準備たるや、あまりに乏しい。総理の迅速果断な対応を支える態勢自体、未整備だ。  

安倍晋三総理の下、安保の制度的充実を図って、著者は八面六臂の活躍をした。総理と日本を過(あやま)たせまいと、おのれにも緊張を強いた。だからいまだに何が足りず、それがどれほど致命的かを著者は知り尽くしている。本書で、それを詳述した。  

全編から滲み出る切迫した危機意識は、そこに由来する。治者のかたわらにあって、責任意識を分有した者のみがもつ危機感だ。本書に、類書などあるわけがない。空前だ。制度創設者自身による直後の記録と解説であるから、絶後ともなろう。

「日頃は堅気の真面目なお父さんで、近所付き合いもマメで愛想笑いの絶えない人だが、夜になると黙々と素振りをして剣道の練習をしている。家に呼ばれると剣道師範の証書が壁に飾ってある。こういう人が尊敬され、愛され、不良が商店街で暴れているようなときには頼りにされ、不良も怖がって大人しくなる。国家関係も同じなのである」

「力を無視した外交はない」と説く文脈にふと現れる右のような比喩が、絶妙だ。苦しい訓練を重ね、日夜領土領海領空を守る制服の男女に聞かせてやりたい。自らの使命を、微笑とともに納得するだろう。  

著者は、人も知る座談の名手、比喩の達人だ。苦くて重い内容に富む本書を読んでケラケラ笑うわけにはいかないが、微苦笑を強いる箇所は、この本でも随所に現れる。  

政策や、歴史上の課題をいかに説いたものか。二六時中あれこれ考え、かつ好んで考え続けた著者ならではで、この力が、例えば高村正彦自民党副総裁(当時)の信頼を勝ち得た。平和安全法制を根回しするうえで著者の果たした貢献は、大きい。  

自ら創設に奔走し実現させた国家安全保障局の枢機は、国運を担う重責を著者に与えた。畏怖を感じさせた。同じ怖れを、歴史上の誰彼は感じただろうかと、著者は問いたい。

「〔元寇時の日蓮上人、幕末の吉田松陰〕のなかで弾けた人類愛は、ほとんどの日本人が亡国の業火に包まれた火宅のなかで無邪気に遊ぶ子どものように振る舞っているとき、激烈な孤高の危機感に焦燥した」  

と書く著者は、日蓮や松陰に、抑え難い敬意と共感を覚えている。  

萩の出で、松陰を敬慕するところ、著者は安倍総理と同じだ。そんな著者が、一朝事あらば総理とともに日本のため孤独な闘いに立つのだと、ある時確かに覚悟したことを書評子は知っている。安倍総理が、そのことをよく知っていたことも。(初出:月刊『Hanada』2021年8月号)

安全保障戦略

¥ 3630

谷口智彦

https://hanada-plus.jp/articles/769

1957年、香川県生まれ。東京大学法学部卒業後、雑誌『日経ビジネス』記者を約20年。その後、外務省外務副報道官などを務め、第二次安倍政権発足後、首相官邸に入り内閣審議官。2014年4月より内閣官房参与。安倍総理退陣と同時に辞任。慶應義塾大学大学院教授。著書に『通貨燃ゆ』(日経ビジネス)『日本人のための現代史講義』(草思社)『誰も書かなかった安倍晋三』(飛鳥新社)など。

関連する投稿


【読書亡羊】共感とギャップの波状攻撃 柿沼陽平『古代中国の24時間』(中公新書)。

【読書亡羊】共感とギャップの波状攻撃 柿沼陽平『古代中国の24時間』(中公新書)。

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


岸田総理、「GoToトラベル」の早期再開を!|和田政宗

岸田総理、「GoToトラベル」の早期再開を!|和田政宗

岸田政権は、安倍政権、菅政権とは違った施策を打ちたいのかもしれないが、実績の上がっている「GoToトラベル」を速やかに再開し、予算額を積み増すことが、国民のため、日本経済のためになるのではないか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が、岸田政権に緊急直言!


谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

安倍晋三前総理のスピーチライターを務めた慶応義塾大学大学院教授の谷口智彦氏が選ぶ珠玉の一冊!


米ミサイルの日本配備へ活発な議論を期待する|太田文雄

米ミサイルの日本配備へ活発な議論を期待する|太田文雄

米国は対中抑止力として中距離戦力を配備したいと考えているが、それを受け入れてくれる国があるかが問題である。北東アジアから東南アジアにかけての配備先候補は、日本しかない。


最低でも外交的ボイコットを―北京五輪|島田洋一

最低でも外交的ボイコットを―北京五輪|島田洋一

ボイコットと言うと「選手たちが可哀そう」という声が直ちに起きるが、「貴賓席」に陣取る習近平氏への「敬礼」を強いることこそ、選手たちにとって「可哀そう」だろう。有志諸国は少なくとも、選手団の行進を含め、開会式への不参加を決めるべきだ。


最新の投稿


【読書亡羊】共感とギャップの波状攻撃 柿沼陽平『古代中国の24時間』(中公新書)。

【読書亡羊】共感とギャップの波状攻撃 柿沼陽平『古代中国の24時間』(中公新書)。

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


岸田総理、「GoToトラベル」の早期再開を!|和田政宗

岸田総理、「GoToトラベル」の早期再開を!|和田政宗

岸田政権は、安倍政権、菅政権とは違った施策を打ちたいのかもしれないが、実績の上がっている「GoToトラベル」を速やかに再開し、予算額を積み増すことが、国民のため、日本経済のためになるのではないか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が、岸田政権に緊急直言!


ジェットジャガー|なべやかん遺産

ジェットジャガー|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ジェットジャガー」!


『東大出てもバカはバカ』原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一|豊田有恒

『東大出てもバカはバカ』原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一|豊田有恒

「私は、好きになってほしかった。少なくとも少し好きでいてくれて、より好きになってほしいと思っていた」。複数の女性との援助交際が発覚し、歴代最短で新潟県知事を辞職した米山隆一氏。あれから3年、彼の“性癖”は本当になおったのか。2020年9月に刊行され、話題を呼んだ『東大出てもバカはバカ』(小社刊)より、「原発をもてあそんだトリックスター 米山隆一」を特別公開!(写真提供/共同通信)


谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

谷口智彦のこの一冊|小野圭司『日本 戦争経済史~戦費、通貨金融政策、国際比較』

安倍晋三前総理のスピーチライターを務めた慶応義塾大学大学院教授の谷口智彦氏が選ぶ珠玉の一冊!