ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

安全保障上重要な法案の成立を阻み、中国擁護の姿勢を崩さない公明党。 なぜ公明党はこれほど中国の味方をするのか――その核心に迫る!


ウイグル人権侵害に「証拠がない」!?

公明党に転機が訪れている。支持母体である創価学会も同様だ。

3月30日、公明党の山口那津男代表が記者会見でこう語ったのだ。

「わが国が制裁措置を発動するとすれば、中国の人権侵害に対して根拠を持って認定できるという基礎がなければならない。それがないままやるなら、いたずらに外交問題を招きかねない。中国は日本にとって最大の貿易相手国であり、また幅広い日中の交流の歴史がある。中国との国際的な緊張の高まりや衝突を回避し、緊張を収められるような積極的な対話を、日本こそ主導すべきではないか」

支持母体の創価学会、特に正義感あふれる若き創価学会員はこれを許すのか――と咄嗟に思ったのは私だけではあるまい。
 
山口氏はウイグル人権侵害に「証拠がない」と言っている。世界中でそんなことを言っているのは、中国と公明党だけだ。
 
強制収容所への連行、監禁とレイプや不妊手術の強制など、亡命ウイグル人によって告発される具体的な事例は夥しい数に上っている。直接の被害者や、実際に強制不妊手術に携わった女性医師の亡命後の具体的な証言もある。すべて覚悟をもって「実名」と「顔」を晒しての勇気ある告発である。
 
さらに決定的なのは、中国側の国家統計だ。『中国衛生健康統計年鑑』によれば、2014年から18年にかけて、ウイグルでは女性の不妊手術数は19倍、男性は12倍になったことが同年鑑に詳細に記述されていた。
 
加えて英BBCを中心に深層レポートが数多く存在し、今年一月十九日には、米国が中国のウイグル人へのジェノサイド認定を行なった。各国も亡命者を中心にヒアリングを断続的に行なっており、ジェノサイドの事実は十分すぎるほど証明されている。

これを基に米、英、EU27か国、カナダが中国への制裁を発動し、豪とニュージーランドが制裁を歓迎する共同声明を発表したのである。
 
山口氏の言葉に「なぜ公明党はこれほど中国の味方をするのか」、あるいは「創価学会員は公明党のウイグル決議反対を本当に支持しているのか」との声が湧き起こったのも当然だろう。

実際、公明党の反対で菅首相訪米までに国会決議を実現するという議員たちの願いは葬られた。政治部デスクによれば、

「中谷元・元防衛相と国民民主党の山尾志桜里氏を中心に超党派の『人権外交を超党派で考える議員連盟』が設立され、共産党まで非難決議を支持しました。しかし公明が国会決議を嫌がり、これを阻止したんです。安全保障上重要な土地周辺の利用を規制する『重要土地等調査法案』も公明党の反対で骨抜きになり、安倍前首相の“遺言”ともいえる敵基地攻撃能力も公明の反対でうやむやにされました。自民の良識派は“これでは中国に支配されているのと同じだ”と嘆いています」

 

それでも中国を支持するのか

確実にいえるのは、中国の代弁者たる公明党に「転機」が訪れていることだ。人権・平和の看板が中国支援の中で今後も通用すると本当に思っているのか、という点である。

 確かに公明党と中国の関係は深い。昭和43年9月8日、日大講堂での創価学会第11回学生部総会で池田大作会長がぶち上げた「日中国交正常化提言」が始まりだ。あの文化大革命の混乱の最中であるにもかかわらず、「中国との友好」「中国の国連加盟」「台湾切り捨て」を池田氏が提唱したのだ。

3年後の昭和46年7月、竹入義勝公明党委員長の訪中がやっと実現し、周恩来首相との会談が行われた。ここで周氏から国交回復三原則が示される。まさに「一つの中国」論である。

竹入氏はこれを受けて帰国後、国会で当時の佐藤栄作首相に「なぜ中国と関係を結ばないのか」と激しく迫った。

そして激動する国際情勢は、同年10月に中国の国連加盟と台湾の追放という「アルバニア決議案」を可決し、公明党をあと押しするのである。
 
翌年7月に田中角栄内閣が成立すると、竹入氏は即座に訪中し、周首相と再び会談。「台湾との関係を切るなら戦時賠償は求めない」との中国の意向を竹入氏が持ち帰り、九月の田中訪中・国交正常化に結びつけるのである。
 
中国との友好関係樹立、そして台湾切り捨てに貢献した公明党に中国は大いなる利用価値を見出し、以後、公明・創価学会の指導者池田大作氏に124もの名誉博士号、名誉教授の称号を贈り続け、同党を自らの主張と“一体化”させることに成功したのである。
 
安保法制にも憲法改正にも消極的な公明党の立場は、これを知れば腑に落ちるだろう。
 
問題は若き創価学会員たちだ。人命を踏みにじり、人権弾圧と力による現状変更で日本に迫る中国を、それでも支持するのか。若き学会員が幹部たちの行動に疑問も感じず、従い続けるなら、創価学会だけでなく日本自体が明るい未来を展望することは無理だろう。

(初出:月刊『Hanada』2021年6月号)

関連する投稿


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

10年以内に中国は米国よりも強くなると見るドイツ人は56%に達しており、米国は頼みにならないので欧州の防衛に投資すべきだと考える向きは60%に及んでいる。


敬服すべきブレジンスキー氏の洞察力|田久保忠衛

敬服すべきブレジンスキー氏の洞察力|田久保忠衛

ブレジンスキーが今から25年前に書いた「巨大な将棋盤」には、中国の現状、さらにはロシアがウクライナに侵攻し、目的を達成すればユーラシア大陸、ひいては世界の大国にのし上がるだろうと予想されていた。ブレジンスキーは日本に対しても鋭く言及している。


米露のプロパガンダに踊らされるな!|山岡鉄秀

米露のプロパガンダに踊らされるな!|山岡鉄秀

主流メディアで流される情報がいかに恣意的に操作されているか、骨身にしみて知っているはずだ。それを思い知らされたのが1991年の第1次湾岸戦争である。油にまみれた水鳥、そして、泣きながらイラク人兵士の蛮行を議会で証言したクウェート人少女。それらは戦争広告代理店によって仕組まれたフェイクニュースだった――。親ウクライナか、親ロシアか、の二元論で喧嘩している場合ではない!


台湾侵略のリアルと狙われる浜松基地|和田政宗

台湾侵略のリアルと狙われる浜松基地|和田政宗

先週、中国が占領下に置いているウイグルの砂漠地帯に、自衛隊の早期警戒管制機(AWACS)の模型が設置されていることが衛星写真で判明した。中国の狙いは何か。台湾をはじめとするアジアの平和を守るために日本がすべきことは何か。日本はいま、大きな岐路に立っている――。


最新の投稿


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!


参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

酷暑のなか、もし電力が止まり冷房が止まってしまえば、命の危機にもつながる。国民は根本的な対応を求めており、もしそれを打ち出すことができなければ、大変な結果が待っているだろう。この1週間が決断すべき期間である。正面から訴えるべき政策については堂々と国民に訴えるべきだ。


【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

6月20日以降、ツイートがない橋下徹氏。ほとぼりが冷めるまで待つ方針かもしれないが、いつまで「副市長案件」で逃げ切るつもりなのだろうか。「副市長案件」「遊休地だった」と抗弁する橋下氏の弁明には何の説得力もないどころか、事実を歪曲し隠蔽する悪意がはっきりと浮き彫りになっている――。【※サムネイルは『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』 (PHP新書)】


【大募集!】#わたしのにゃんこ四字熟語

【大募集!】#わたしのにゃんこ四字熟語

『にゃんこ四字熟語辞典』が大ヒット。それを踏まえて、新しい「にゃんこ」企画をスタートいたします!


「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

「米国による平和」は終わった|田久保忠衛

10年以内に中国は米国よりも強くなると見るドイツ人は56%に達しており、米国は頼みにならないので欧州の防衛に投資すべきだと考える向きは60%に及んでいる。