【読書亡羊】やっぱりロシアは「おそロシア」

【読書亡羊】やっぱりロシアは「おそロシア」

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


クリミア侵攻から始まった「ハイブリッド戦争」

ハイブリッド戦争、という言葉が様々なニュースを通じて知られるようになってきた。

有事と平時の区別なく、軍事と非軍事の区別もない、あらゆる手段で相手国にゆさぶりをかけ、自国に有利な状況を作り出すというものだ。ここに「宇宙・サイバー・電子」の領域を使いながら優勢を取ろうとするマルチドメイン戦争、というものまで加わるなど、これまでの「戦争」の概念が大きく変わりつつある。

特にハイブリッド戦争は特に中国やロシアが得意とするもので、中国の手法やシミュレーションに関しては元陸上自衛隊幕僚長・岩田清文『中国、日本侵攻のリアル』(飛鳥新社)に詳しい。

この本にも指摘があるように、後に「ハイブリッド戦争」と名付けられる手法が実践され、世界的に認知されたのは2014年にロシアが行ったクリミア侵攻だった。

ウクライナの通信網に対する物理的遮断に加え、意図的なニセ情報の拡散によって、住民はもちろん、世界の目もごまかした。

一時は民主主義実現のツールとさえ言われたSNSを兵器として使うロシアの手法は、ソ連時代からの諜報能力やプロパガンダ能力、扇動能力を今もロシアが失っていないどころか、ネットの普及によってそうした強みにさらに磨きをかけている実態を示している。

こうしたロシアのハイブリッド戦争に関する能力については、近年、良書の刊行が続いている。

例えばロシアの米選挙戦への介入疑惑によって相手国の情報を「あいまい」にさせる手法や、中国海警局のようにこちらも「あいまい」な存在を使って相手を撹乱させる手法を用いていることを指摘するジム・スキアット『シャドウ・ウォー―中国・ロシアのハイブリッド戦争最前線』(原書房)や、父がKGBに連行された経験を持つ、ウクライナが祖国のピーター・ポメランツェフ『嘘と拡散の世紀』(原書房)などで、いずれも読み応え十分だ。

さらに2020年末から2021年頭にかけては、特にロシアとその手法についてより読みやすく、手軽に知ることのできる新書が相次いで刊行されている。内容も充実の三冊をご紹介したい。

中国、日本侵攻のリアル (自衛隊元最高幹部の警告)

暗殺事件から、フェイクニュース製作工場まで

まずは古川英治『破壊戦―新冷戦時代の秘密工作』(角川新書)

タイトルに「ロシア」の文字はないが、日経新聞国際部記者でモスクワ特派員経験のある筆者が、当地で取材した臨場感のある情報をルポ形式で綴る。

暗殺事件から、フェイクニュース製作工場までに迫る、まさに「体を張った取材」のたまもの。ぐいぐい読んでしまう。

中でも、ロシアのプロパガンダ機関に等しい国営メディア・ロシアトゥデイ編集長との一問一答には要注目。ロシア側から見た世界のとらえ方、欧米諸国への不信感が読み取れよう。

関連する投稿


【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


著者インタビュー|高樹のぶ子『小説伊勢物語 業平』

著者インタビュー|高樹のぶ子『小説伊勢物語 業平』

千年読み継がれてきた歌物語の沃野に分け入り、美麗な容貌と色好みで知られる在原業平の生涯を日本で初めて小説化。「古典との関わり方として、私は現代語訳ではなく小説化で人物を蘇らせたいと思ってきました」(「あとがき」より)という著者に業平の魅力などを語っていただきました!


最新の投稿


【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

米中間の地政学的な競争が激しさを増す中、英国が経済と安全保障の両面からインド太平洋への関与を強める動きは、独裁国家・中国の危険性に気づき始めた他の欧州主要国をこの地域に誘い込む大きな力となる。


万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

「命と五輪とどちらが大事か」という二者択一の議論が国会やマスコミをにぎわしているが、五輪の感染対策を万全にすることで、命と五輪を両立させるという三つ目の選択肢がある。


表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

いま世界で横行するキャンセル・カルチャー。 ノーベル賞作家、カズオ・イシグロも危機感を抱くキャンセル・カルチャーとはいったいなんなのか。 その歴史と問題点を徹底追及!


ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

安全保障上重要な法案の成立を阻み、中国擁護の姿勢を崩さない公明党。 なぜ公明党はこれほど中国の味方をするのか――その核心に迫る!