なべやかん遺産|「ゴモラ」

なべやかん遺産|「ゴモラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴモラ」!


ゴモラ軍団。

「好き」の判断基準は強さ

「好きな怪獣は?」と質問されれば「ゴジラ」と即答する。では「好きなウルトラ怪獣は?」と聞かれると少し間を置いて考えてから「ゴモラかな」と答える。

子供の頃からウルトラシリーズに登場する怪獣達が大好きだった。多くの個性的な怪獣がいるが、好きになる怪獣はやっぱり強いやつ。その強さをどのように判断したかというと、話数の多さだった。

話数とは一話だけの登場でなく、前編・後編と話が続くものの事だ。シリーズの中では、ウルトラマンタロウに登場したバードンが前編・中編・後編で三話に登場し、長兄ゾフィーを倒したので地球上の怪獣では最強だと思っている。

だが、好きな怪獣ではあるが、鳥の怪獣だしほっぺたに金玉袋みたいなのをぶら下げているので、大好き怪獣一位にはならない。

鳥系の怪獣よりもゴジラのような恐竜的な怪獣の方が好きなので、そこも仕方がない。

怪獣作りの神がつくったゴモラ

初代ウルトラマンの中で一話完結せず前後編続いて登場したのがゴモラだった。ゴモラは強いだけでなく、デザインも造形も素晴らしい。

水牛のような立派な角と力強い尻尾。体全体もごちゃごちゃせず、わりとシンプル。物語も『キングコング』と同じようなストーリー。

人間のエゴによって見世物にされる事になり、悪者にされた挙げ句ウルトラマンに命を取られた実に可哀そうな怪獣だ。滅ぼされる事が怪獣の宿命、それを理解させられた作品だった。

ゴモラの着ぐるみを作ったのは高山良策さんだ。高山さんは怪獣作りの神的存在である。その神が作ったゴモラの頭部は現存している。

劣化はしているが角はFRP素材なので存在感は強烈だ。本物のゴモラを最初に見たのは、80年代に行われた特撮大会というイベントだった。

その後、高山さんのご自宅にお邪魔した事があり、そこでじっくり見させていただいた。

本物を見た時に「やっぱりゴモラはかっこいいな」と感じ、好きなウルトラ怪獣一位にしていた事が間違いないと確信した。

その後、他の怪獣の良さも理解していったので、好きなウルトラ怪獣と聞かれ答えるまでの間に少し間が出来てしまうのだが、それでも「ゴモラ」と答えている。

関連する投稿


なべやかん遺産|「許せないゴジラ」

なべやかん遺産|「許せないゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「許せないゴジラ」!


なべやかん遺産|「歯」

なべやかん遺産|「歯」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「歯」!


なべやかん遺産|「究極の癒やしソフビ」

なべやかん遺産|「究極の癒やしソフビ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「究極の癒やしソフビ」!


なべやかん遺産|「歪んだ怪獣ソフビ」

なべやかん遺産|「歪んだ怪獣ソフビ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「歪んだ怪獣ソフビ」!


なべやかん遺産|「癒やしの怪獣ソフビ」

なべやかん遺産|「癒やしの怪獣ソフビ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「癒やしの怪獣ソフビ」!


最新の投稿


【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

米中間の地政学的な競争が激しさを増す中、英国が経済と安全保障の両面からインド太平洋への関与を強める動きは、独裁国家・中国の危険性に気づき始めた他の欧州主要国をこの地域に誘い込む大きな力となる。


万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

「命と五輪とどちらが大事か」という二者択一の議論が国会やマスコミをにぎわしているが、五輪の感染対策を万全にすることで、命と五輪を両立させるという三つ目の選択肢がある。


表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

いま世界で横行するキャンセル・カルチャー。 ノーベル賞作家、カズオ・イシグロも危機感を抱くキャンセル・カルチャーとはいったいなんなのか。 その歴史と問題点を徹底追及!


ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

安全保障上重要な法案の成立を阻み、中国擁護の姿勢を崩さない公明党。 なぜ公明党はこれほど中国の味方をするのか――その核心に迫る!