なべやかん遺産|「ゴモラ」

なべやかん遺産|「ゴモラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴモラ」!


ゴモラ軍団。

「好き」の判断基準は強さ

「好きな怪獣は?」と質問されれば「ゴジラ」と即答する。では「好きなウルトラ怪獣は?」と聞かれると少し間を置いて考えてから「ゴモラかな」と答える。

子供の頃からウルトラシリーズに登場する怪獣達が大好きだった。多くの個性的な怪獣がいるが、好きになる怪獣はやっぱり強いやつ。その強さをどのように判断したかというと、話数の多さだった。

話数とは一話だけの登場でなく、前編・後編と話が続くものの事だ。シリーズの中では、ウルトラマンタロウに登場したバードンが前編・中編・後編で三話に登場し、長兄ゾフィーを倒したので地球上の怪獣では最強だと思っている。

だが、好きな怪獣ではあるが、鳥の怪獣だしほっぺたに金玉袋みたいなのをぶら下げているので、大好き怪獣一位にはならない。

鳥系の怪獣よりもゴジラのような恐竜的な怪獣の方が好きなので、そこも仕方がない。

怪獣作りの神がつくったゴモラ

初代ウルトラマンの中で一話完結せず前後編続いて登場したのがゴモラだった。ゴモラは強いだけでなく、デザインも造形も素晴らしい。

水牛のような立派な角と力強い尻尾。体全体もごちゃごちゃせず、わりとシンプル。物語も『キングコング』と同じようなストーリー。

人間のエゴによって見世物にされる事になり、悪者にされた挙げ句ウルトラマンに命を取られた実に可哀そうな怪獣だ。滅ぼされる事が怪獣の宿命、それを理解させられた作品だった。

ゴモラの着ぐるみを作ったのは高山良策さんだ。高山さんは怪獣作りの神的存在である。その神が作ったゴモラの頭部は現存している。

劣化はしているが角はFRP素材なので存在感は強烈だ。本物のゴモラを最初に見たのは、80年代に行われた特撮大会というイベントだった。

その後、高山さんのご自宅にお邪魔した事があり、そこでじっくり見させていただいた。

本物を見た時に「やっぱりゴモラはかっこいいな」と感じ、好きなウルトラ怪獣一位にしていた事が間違いないと確信した。

その後、他の怪獣の良さも理解していったので、好きなウルトラ怪獣と聞かれ答えるまでの間に少し間が出来てしまうのだが、それでも「ゴモラ」と答えている。

関連する投稿


なべやかん遺産|「ショッカー」

なべやかん遺産|「ショッカー」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ショッカー」!


なべやかん遺産|「女性胸コレクション」

なべやかん遺産|「女性胸コレクション」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「女性胸コレクション」!


なべやかん遺産|「ジム・キャリー」

なべやかん遺産|「ジム・キャリー」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ジム・キャリー」!


なべやかん遺産|「ウルトラセブンプロップ風ガレージキット」

なべやかん遺産|「ウルトラセブンプロップ風ガレージキット」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ウルトラセブンプロップ風ガレージキット」!


なべやかん遺産|「BONZO」

なべやかん遺産|「BONZO」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「BONZO」!


最新の投稿


TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

明らかな誤報、結論ありきの番組構成、驚くべき偏向報道。5月21日に放送されたTBS「報道特集」があまりにも酷すぎる!福島が受ける深刻な風評被害。こんなことが許されていいのか。


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!