日の丸ワクチンを作る最後のチャンス|木村盛世

日の丸ワクチンを作る最後のチャンス|木村盛世

「ワクチン接種もワクチン開発も国防」との意識が日本はあまりにも低すぎる!なぜ日の丸ワクチンができないのか?ワクチンを巡る国民の疑問に元厚労省医系技官の木村盛世氏が答える。


ワクチンへのかつてない期待

新型コロナウイルスのワクチンが、2月12日、日本に輸入された。当初、10年はかかるといわれていたが、各国の鎬を削ったワクチン開発の結果、予防効果が認められるワクチンが実用化された、というのは画期的な出来事である。  

感染症は紀元前から存在し、人間社会を苦しめてきたが、公衆衛生の向上、薬剤の開発とともに制圧できるようになってきた。しかし、HIV/AIDS、エボラ出血熱、SARS(重症急性呼吸器症候群)、 MERS(中東呼吸器症候群)、新型インフルエンザウイルス、新型コロナウイルスといった新たな感染症の出現に加え、ひとたび根絶した感染症が生物兵器として使用される危険性があることなどから、感染症は新たな脅威として人類の前に再び立ちはだかっている。  

そのなかで、ワクチンに対する期待はかつてないほど大きな位置を占めてきている。いままで人類が遭遇したことのない感染症は、ほとんどの人が免疫をもっていないため、容易に広がりやすい。もし致死性の高い感染症であれば、感染を食い止めるために、効果的な治療薬やワクチンができるまで強硬なロックダウンを続けなければならない。  

たとえ致死性がそれほど高くない感染症であったとしても、感染者数が増えれば、比例して重症者数も増えてくる。そうなれば、医療キャパシティを超える可能性が高くなり、感染者数を抑えるために、社会経済活動をとめる必要が生じてくる。後者の例として、今回の新型コロナウイルスがある。

Getty logo

感染症を根絶するワクチン

だが、感染者数を一時的に減らすことができたとしても、社会経済を長期的に止めることは難しい。そのためには、感染症にかからないですむ別の方法を考えなければならない。その第一候補がワクチンである。  

効果的なワクチンなら、当該感染症を根絶することが可能になる。それを示したのが天然痘ワクチンである。天然痘は日本でも、「もがさ」とよばれ恐れられた致死率30%という極めて強力な天然痘ウイルスによって起こる。世界でおよそ5600万人の命を奪ったといわれているが、効果的なワクチンの開発によって1977年、ソマリアの患者を最後に、地球上から感染者はいなくなった。  

根絶された天然痘であるが、ウイルス自体は旧ソ連とアメリカの二カ所の研究機関に保存され、そのウイルスが外部に流出したことが明らかになった。旧ソ連にあるバイオプレパラートという感染症を扱う研究所で生物兵器の開発と実験が行われていたことが、アメリカに亡命した研究者の暴露本で示唆されたのだ。  

また、日本でもオウム真理教が生物テロを実行したことは、生物テロの脅威が実在することを示し、世界を震撼させた。このことを受けて欧米諸国は、米国CDC(疾病予防管理センター)などの生物兵器対策の専門部門を設立。ヘルスセキュリティという言葉が生まれたのも、「健康問題はもはや安全ではない」ことを的確に表している。

関連する投稿


習近平も打たない!中国製ワクチンの闇|福島香織

習近平も打たない!中国製ワクチンの闇|福島香織

生理食塩水をワクチンと偽って販売などは日常茶飯事の相次ぐ悪質な偽ワクチン事件。そして今や第三国の途上国を実験場にするワクチン外交に対しても批判が続出。中国人自身も信用しない中国製ワクチンの深すぎる闇。


月刊『Hanada』2021年7月雪渓号

月刊『Hanada』2021年7月雪渓号

「安倍前総理の独占インタビュー」がNHKをはじめ、新聞各紙で報道され大反響だが、もちろん、注目記事はそれだけではない。百田尚樹「中国虐殺全史」、高橋洋一「『さざ波』で東京オリンピック中止は世界の笑われ者」、馬場伸幸「立憲民主党は日本に絶対必要ない」、遠藤誉×籾井勝人「中国には忖度せず、堂々と"武器"を使え」、山口智「神社本庁を私物化する二人の"妖怪"」、鈴木貴子×三谷英弘「『実子誘拐』一刻も早く法改正を」など、大手メディアが報じない“真相”が7月号も満載!爆笑問題をはじめとする豪華連載陣、グラビア特集「聖火リレー、日本を走る!」など7月号も永久保存版!


グルメ通販「これはウマイ!」【木村盛世さんのオススメ!】

グルメ通販「これはウマイ!」【木村盛世さんのオススメ!】

グルメ通販記事「月刊『Hanada』おすすめ これはウマイ!」、毎月編集部が厳選したオススメをお届けしていますが、今月号は創刊5周年を記念した特別拡大版として、編集部だけでなく弊誌でおなじみの著者の方々のオススメをお届けいたします。三人目は木村盛世さんです!


毎日新聞の元旦スクープは中国の紐付きか|花田紀凱

毎日新聞の元旦スクープは中国の紐付きか|花田紀凱

元旦スクープ合戦の勝者はどこなのか。読売新聞の「中国『千人計画』に日本人」は恥ずかしい「スクープ」だったが、毎日新聞の「中国『闇』ワクチン流入」「日本の富裕層 接種」はまさにスクープだった――。にもかかわらず、なぜ、毎日新聞を賞賛できないのか。花田編集長がその理由を明かす!


繰り返される報道被害~なぜメディアは「捏造」をやめられないのか~|林智裕

繰り返される報道被害~なぜメディアは「捏造」をやめられないのか~|林智裕

発言の切り取り、事実の歪曲、捏造はもはや日常茶飯事。無責任に社会不安を扇動し風評被害をまき散らす。放送法は形骸化し罪に問われることもないためまさに「野放し状態」。時に炎上すればかたちだけの「謝罪」で、実態は多くが謝罪も訂正もなく被害者は苦しみ続け泣き寝入りせざるを得ない。繰り返される報道被害の深刻な実態を福島県からレポート。


最新の投稿


【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

米中間の地政学的な競争が激しさを増す中、英国が経済と安全保障の両面からインド太平洋への関与を強める動きは、独裁国家・中国の危険性に気づき始めた他の欧州主要国をこの地域に誘い込む大きな力となる。


万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

「命と五輪とどちらが大事か」という二者択一の議論が国会やマスコミをにぎわしているが、五輪の感染対策を万全にすることで、命と五輪を両立させるという三つ目の選択肢がある。


表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

いま世界で横行するキャンセル・カルチャー。 ノーベル賞作家、カズオ・イシグロも危機感を抱くキャンセル・カルチャーとはいったいなんなのか。 その歴史と問題点を徹底追及!


ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

安全保障上重要な法案の成立を阻み、中国擁護の姿勢を崩さない公明党。 なぜ公明党はこれほど中国の味方をするのか――その核心に迫る!