日の丸ワクチンを作る最後のチャンス|木村盛世

日の丸ワクチンを作る最後のチャンス|木村盛世

「ワクチン接種もワクチン開発も国防」との意識が日本はあまりにも低すぎる!なぜ日の丸ワクチンができないのか?ワクチンを巡る国民の疑問に元厚労省医系技官の木村盛世氏が答える。


ワクチンへのかつてない期待

新型コロナウイルスのワクチンが、2月12日、日本に輸入された。当初、10年はかかるといわれていたが、各国の鎬を削ったワクチン開発の結果、予防効果が認められるワクチンが実用化された、というのは画期的な出来事である。  

感染症は紀元前から存在し、人間社会を苦しめてきたが、公衆衛生の向上、薬剤の開発とともに制圧できるようになってきた。しかし、HIV/AIDS、エボラ出血熱、SARS(重症急性呼吸器症候群)、 MERS(中東呼吸器症候群)、新型インフルエンザウイルス、新型コロナウイルスといった新たな感染症の出現に加え、ひとたび根絶した感染症が生物兵器として使用される危険性があることなどから、感染症は新たな脅威として人類の前に再び立ちはだかっている。  

そのなかで、ワクチンに対する期待はかつてないほど大きな位置を占めてきている。いままで人類が遭遇したことのない感染症は、ほとんどの人が免疫をもっていないため、容易に広がりやすい。もし致死性の高い感染症であれば、感染を食い止めるために、効果的な治療薬やワクチンができるまで強硬なロックダウンを続けなければならない。  

たとえ致死性がそれほど高くない感染症であったとしても、感染者数が増えれば、比例して重症者数も増えてくる。そうなれば、医療キャパシティを超える可能性が高くなり、感染者数を抑えるために、社会経済活動をとめる必要が生じてくる。後者の例として、今回の新型コロナウイルスがある。

Getty logo

感染症を根絶するワクチン

だが、感染者数を一時的に減らすことができたとしても、社会経済を長期的に止めることは難しい。そのためには、感染症にかからないですむ別の方法を考えなければならない。その第一候補がワクチンである。  

効果的なワクチンなら、当該感染症を根絶することが可能になる。それを示したのが天然痘ワクチンである。天然痘は日本でも、「もがさ」とよばれ恐れられた致死率30%という極めて強力な天然痘ウイルスによって起こる。世界でおよそ5600万人の命を奪ったといわれているが、効果的なワクチンの開発によって1977年、ソマリアの患者を最後に、地球上から感染者はいなくなった。  

根絶された天然痘であるが、ウイルス自体は旧ソ連とアメリカの二カ所の研究機関に保存され、そのウイルスが外部に流出したことが明らかになった。旧ソ連にあるバイオプレパラートという感染症を扱う研究所で生物兵器の開発と実験が行われていたことが、アメリカに亡命した研究者の暴露本で示唆されたのだ。  

また、日本でもオウム真理教が生物テロを実行したことは、生物テロの脅威が実在することを示し、世界を震撼させた。このことを受けて欧米諸国は、米国CDC(疾病予防管理センター)などの生物兵器対策の専門部門を設立。ヘルスセキュリティという言葉が生まれたのも、「健康問題はもはや安全ではない」ことを的確に表している。

関連する投稿


月刊『Hanada』2021年10月秋桜号

月刊『Hanada』2021年10月秋桜号

自民党総裁選に出馬表明をした高市早苗議員の「わが政権構想」(聞き手・有本香)をはじめ、安倍前総理×マクマスター元大統領補佐官「中国の脅威とどう闘うか」、百田尚樹×石平「中国共産党は史上最悪の寄生虫だ!」、「櫻井よしこさん激怒! 韓国MBCが捏造報道」、藤井聡×木村盛世「『ゼロコロナ詐欺師』に国民は殺される」、岸博幸×原英史「『第三臨調』で官僚の劣化にメス」、長谷川学「実子誘拐を助ける日本の『拉致司法』」など10月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


「2021年10月号」新聞広告大公開!

「2021年10月号」新聞広告大公開!

10月号の新聞広告、河北新報のみ、デザインが一部変更となりました。読売新聞に出した広告と見比べてください。難易度はレベル4です!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


【わが政権構想】新型コロナ対策、私ならこうする|高市早苗

【わが政権構想】新型コロナ対策、私ならこうする|高市早苗

「菅降ろし」の意図はまったくない。現状の閉塞感を打破して、日本のあるべき姿、真に必要な政策を活発に議論するために総裁選出馬を決めた――。女性初の総理大臣を目指す高市早苗議員が、新型コロナ対策のすべてを語った!


日本をコロナで殺さないために|木村盛世

日本をコロナで殺さないために|木村盛世

いますべきは「ゼロコロナ」ではない「ウィズコロナ」だ!早急に第二の分科会を作り、指定感染症法「1類ないし2類」相当からインフルエンザと同じ「5類」へと変更すべきだ!このまま「ゼロコロナ」に突き進めば間違いなく国が滅ぶ。


政府はコロナ対策を根本的に転換せよ|松本尚

政府はコロナ対策を根本的に転換せよ|松本尚

わが国の感染者の死亡率は50歳代で0.28%、40歳代で0.09%、30歳代ではわずか0.02%であり、よって感染対策は働き盛りの40~50歳代のワクチン接種推進と重症化抑制に焦点を絞ればよい。感染リスクや死亡率が明らかとなり、治療法の開発が進み、ワクチンの効果が判明した現在においても「ゼロコロナ」を目標に置く方針に拘泥し、国民生活を縛り続けることは理解しがたい。


最新の投稿


アフガン退避作戦難航の根源に戦後体制|田久保忠衛

アフガン退避作戦難航の根源に戦後体制|田久保忠衛

アフガニスタンからの邦人等退避措置をめぐって見当外れの政府批判は御免被りたい。問題の根源は深いところにあるのだ。


河野太郎氏は脱原発を封印していない|奈良林直

河野太郎氏は脱原発を封印していない|奈良林直

反原発団体や立憲民主党と同一の主張を繰り返す河野太郎氏。当時外相だった河野氏は、何ら指摘されてもいないのに、国際原子力機関(IAEA)に対して、「日本はプルトニウムを減らす」と宣言してしまった。「河野談話」に匹敵する「第二の河野談話」である。


安保の視点からの総裁候補評価|太田文雄

安保の視点からの総裁候補評価|太田文雄

河野氏の防衛相時代、自衛隊グッズのオークションといった人気取り行事は多かったが、同氏の政策が日本の防衛のためにプラスとなったかといえば、マイナスの方が多かったと言わざるを得ない。


「高市早苗総理」待望論!|山際澄夫

「高市早苗総理」待望論!|山際澄夫

8月26日、岸田文雄前政調会長が総裁選への出馬を表明。9月3日、菅義偉総理が総裁選への不出馬を表明。8日には高市早苗前総務相、10日には河野太郎行政改革担当相が総裁選への出馬を正式表明。この国を守れるのはいったい誰なのか。絶賛発売中の月刊『Hanada』2021年10月号より、山際澄夫氏の連載「左折禁止!」を特別無料公開!


【読書亡羊】異能の研究者が解説する「ロシアのハイブリッド戦」の実相 小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』

【読書亡羊】異能の研究者が解説する「ロシアのハイブリッド戦」の実相 小泉悠『現代ロシアの軍事戦略』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!