月刊『Hanada』2021年4月春嵐号

月刊『Hanada』2021年4月春嵐号

安倍晋三「世界に示した日本人の雄々しさ」、佐伯啓思「被災者に寄り添うとは」、内館牧子 「『もの言う東北人』になるべき時」、大崎洋「力強い連帯の証 笑いに願いを」、海原純子「忘れられない『共通点探し』、内山節「人々を動かした基層的精神」、生島ヒロシ「妹夫婦が天国で見守ってくれている」、西村由紀江「『ピアノがほしい』夢を叶えた少女」、石井光太「遺体安置所に集まった被災者の10年後」、山折哲雄「『関東大震災』後と『東日本大震災』後」、特集「東日本大震災10年に想う」は永久保存版!


□佐藤優【猫はなんでも知っている】▶デモでプーチン政権は倒れない
□室谷克実【隣国のかたち】▶国家より国花と国歌

□【私のらくらく健康法】峰竜太▶好奇心と情熱を、いつまでも (取材・文/笹井恵里子)
□笹井恵里子【暮らしの救急箱】▶「花粉症」徹底対策――住まいと腸内環境を見直すべき
□白澤卓二【ボケない食事】▶わが人生 うなぎなくば立たず
□小林詔司【コバヤシ鍼灸院】▶朝方に始まる激痛「こむら返り」

□加地伸行【一定不易】
□石平【知己知彼】▶易姓革命が繰り返される理由と中国の悲劇
□山際澄夫【左折禁止!】▶「新日英同盟」で中国を封じ込めろ

□九段靖之介【永田町コンフィデンシャル】▶野田佳彦が「危機管理」
□田村秀男 【常識の経済学】▶新型コロナを「天の助け」とせよ
□門田隆将【現場をゆく▶ 森氏“集団リンチ事件"と朝日新聞

□有本香【香論乙駁】▶「森喜朗発言」が教えてくれたこと
□久保弾 【世界の常識を疑え】▶ワクチンは希望の光か、それとも……

□新田哲史 【ファクトチェック最前線】▶「反ワクチン報道」の罪と罰
□蛭゛芸子【電脳三面記事】▶見直されてもいいじゃない
□河村真木 世界の雑誌から▶第116回

□堤堯の今月この一冊▶門田隆将・石平『中国の電撃侵略 2021-2024』
□西川清史の今月この一冊▶森功『鬼才 伝説の編集人 齋藤十一』
□向井透史【早稲田古本劇場】▶年の始まりに

□みうらじゅん【シンボルズ】▶ワニ2
□高野ひろし【イカの筋肉】▶第440号

□秋山登の今月この一本+セレクション▶『ノマドランド』+6本
□なべおさみ【エンドロールはまだ早い】▶スターリング・ヘイドン

□村西とおる【人生相談「人間だもの」】▶父が脳梗塞で倒れた
□爆笑問題【日本原論】▶あつまれ! クレームの森
□高田文夫【月刊Takada】▶のり平センセーと同じ場所に

□編集部 これはウマイ!
□読者から
□編集部から、編集長から

※休載
平川祐弘 一比較研究者(コンパラティスト)の自伝
西村眞 日本人、最期のことば
山岡鉄秀「右から右へ進路を取れ! 」

関連する投稿


TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

明らかな誤報、結論ありきの番組構成、驚くべき偏向報道。5月21日に放送されたTBS「報道特集」があまりにも酷すぎる!福島が受ける深刻な風評被害。こんなことが許されていいのか。


安全が保障されてこその国民生活ではないか|太田文雄

安全が保障されてこその国民生活ではないか|太田文雄

財務省は4月20日、財務相の諮問機関である財政制度等審議会の分科会を開き、自民党内で広がる防衛費増額論を「国民の生活や経済、金融の安定があってこそ防衛力が発揮できる」と牽制したと報じられている。国家の安全が保障されず今日のウクライナのような状況になれば、国民の生活や経済は成り立っていかない。


ロシアによる北海道侵略、日本が強化すべき2つの力|和田政宗

ロシアによる北海道侵略、日本が強化すべき2つの力|和田政宗

プーチン政権は完全に正気を失っている――。今後の状況いかんによってはウクライナへの核使用、NATO諸国への攻撃、我が国へのミサイル攻撃、または北海道への侵略を行う可能性すらある。「まさか」はもう通用しない!いますぐ日本がすべきことを和田政宗議員が緊急提言!


ロシアによる“北海道侵略”に備えろ!|和田政宗

ロシアによる“北海道侵略”に備えろ!|和田政宗

世界各国はロシアが「まさか」ウクライナに全面侵略するとは思っていなかった……。「まさかしないだろう」という性善説はもう通用しない! 予期せぬことがいつでも起こり得る「まさかの時代」と日本はどう向き合えばいいのか。また、どうすれば「プーチンの戦争」を止めることができるのか。日本が果たすべき役割を和田政宗議員が緊急提言!


「プーチンの戦争」を止められるのは誰か|和田政宗

「プーチンの戦争」を止められるのは誰か|和田政宗

核の恫喝、極超音速ミサイルの使用。ロシアは市民に対する無差別爆撃を繰り返しており、多くの子供が亡くなっている。プーチン大統領の狙いはどこにあるのか。誰がプーチン大統領の暴走を止めることができるのか。日本外交の真価がいま問われている――。


最新の投稿


TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

TBS報道特集「甲状腺がん特集」があまりにも酷すぎる|渡辺康平

明らかな誤報、結論ありきの番組構成、驚くべき偏向報道。5月21日に放送されたTBS「報道特集」があまりにも酷すぎる!福島が受ける深刻な風評被害。こんなことが許されていいのか。


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!