橋下徹よ、「不戦」はプーチンに言え|有本香

橋下徹よ、「不戦」はプーチンに言え|有本香

「中国をこっちに引き寄せるには、お願いかお土産が先やろ。制裁をちらつかせるのは最後の手段。こんな建前政治は、解決能力なし。ほんまアカン」と橋下徹氏。「ほんまアカン」のはいったい誰なのか? 月刊『Hanada』の大人気連載「香論乙駁」(2022年5月号)を特別公開!


橋下徹=「お土産の人」

橋下徹氏のことを、私は最近SNS上で「お土産の人」と呼んでいる。命名の由来は、橋下氏の次のツイートにある。
《今の中国は欧米の制裁に負けたというのを最も嫌がる。アヘン戦争の敗北の歴史からの脱却が原動力なんやから。中国をこっちに引き寄せるには、お願いかお土産が先やろ。制裁をちらつかせるのは最後の手段。こんな建前政治は、解決能力なし。ほんまアカン。》(2022年3月15日)

中国へのお願いかお土産が先? 何の話? と思う方もあるだろうから少々説明しよう。

上記のツイートの主題は、いま起きているウクライナ戦争に関することだ。この前日の14日、ロイターがネット上に掲げた「中国、ロシアに兵器供与の意向 米が同盟諸国に通知=米高官」という記事について、橋下氏が思いの丈をつぶやいている。

記事には、米国側が「中国を制裁対象に」とは一切書かれていないが、橋下氏には我々に見えない何かが見えるのか、「中国は欧米の制裁に負けたというのを最も嫌がる」と気色ばんでいる。

ひとつ前のツイートではこうも書いている。
《今のアメリカ・NATOの政治はおかしいで。中国をこっちに引き込まないとウクライナの被害が拡大する。中国に最初から制裁をちらつかせるなんて、学級委員政治の典型。》

学級委員的ではないオレ様は「こう考える」という演出だろうか、「おかしいで」「お土産が先やろ」「ほんまアカン」と、奇妙な関西弁で綴られている。

元大阪市長の橋下氏は関西弁ネイティブではないため、氏が時々使う「わざとらしい関西弁がイヤ」という大阪人は実は意外に多い。その橋下氏は最近、下手な関西弁どころでは済まされない、全国的に酷く嫌がられる発言をメディアで連発しているのだ。

「プーチンだっていつか死ぬんですから」

Getty logo

まず3月3日、フジテレビの情報番組「めざまし8(エイト)」で、ウクライナ出身の政治学者グレンコ・アンドリー氏に、次のように嚙みついてひんしゅくを買った。

「いま、ウクライナは18歳から60歳まで男性を国外退避させないっていうのは、これは違うと思いますよ」

「アンドリーさん、日本で生活してていいでしょう。未来が見えるじゃないですか。あと10年、20年、頑張りましょうよ。もう一回、そこからウクライナを立て直してもいいじゃないですか。プーチンだっていつか死ぬんですから」

橋下氏は、ウクライナの現状を懸命に説明するグレンコ氏の発言に割って入ってまで、「ウクライナ人は皆、国外へ逃げろ」(つまり国土をロシアに明け渡せ)と言う始末。さらに、「プーチンが死ぬまで待てば、ウクライナを再興させられる」と、何の根拠もない無責任な“提案”までしている。

この場面を録画で観て、呆れて言葉もなかった。

何かにつけ、「僕は元政治家」と元職を笠に着てコメントする橋下氏の口癖は「勉強しろ」だが、橋下氏こそ、世界の歴史を勉強し直すべきだ。他国に侵略され取られた国が後年、平和裏に元の民族に返された例がどこにあるのか。民族ごと消された(消されかけている)例なら枚挙に遑がない。

たとえばチベットは、毛沢東の中国共産党によって侵略され、元首ダライ・ラマ14世がインドへ亡命して主権を失ったが、毛沢東の死後半世紀近くが経ったいまも、中共が居座っている。チベット人による再興どころか、中国化が進む一方だ。

他方、「国」まるごとではなかったが、大東亜戦争終結後にソ連によって盗られたわが国の北方領土も、スターリンの死後半世紀以上経ついまも、返還されずじまいである。

関連する投稿


オークションに弾薬製造用機器が!安倍元総理「国葬」とテロのリスク|小笠原理恵

オークションに弾薬製造用機器が!安倍元総理「国葬」とテロのリスク|小笠原理恵

安倍元総理暗殺事件でテロ行為のハードルが下がった。すでにテロリストたちが動き出した予兆は多数ある。そんななか、銃弾や砲弾を作るための機器類が日々、オークションにかけられている……。山上徹也容疑者のように一人静かに自宅で銃弾や砲弾等の爆発物を作っている人物がどこかにいる可能性は否めない。


「統一教会魔女狩り報道」自民党議員は米子市長を見習え!|花田紀凱

「統一教会魔女狩り報道」自民党議員は米子市長を見習え!|花田紀凱

「接点」「ズブズブ」と連日のように「魔女狩り報道」を行っているメディア。「接点」があって何が問題なのか? 「ズブズブ」の定義とはいったい何か?


安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

安倍元総理の遺志を完全に無視した岸田人事|山口敬之【WEB連載第14回】

私は今回の人事に「大いなる異変」を見てとる。「優柔不断から唯我独尊へ」。安倍晋三元総理という重石から解放された岸田文雄という政治家が、その本性を剥き出しにした「岸田の岸田による岸田のための政治」の始まりである――。 (サムネイルは首相官邸HPより)


【橋下徹研究⑫】橋下徹がついた致命的なウソ|山口敬之【WEB連載第13回】

【橋下徹研究⑫】橋下徹がついた致命的なウソ|山口敬之【WEB連載第13回】

橋下徹氏は、上海電力のステルス参入問題について、繰り返しウソをつき続けている――。にもかかわらず、7月26日、橋下氏はツイッターでこう吠えた。「月刊ハナダよ、俺と上海電力を闇と言うなら、安倍さんを含む自民党と旧統一教会も闇だと言えよ。人を見て主張を変えるアンフェアの典型やな。近々フェアの思考という本を出すから、それでフェアについて勉強しろ」。フェアでないのは橋下氏のほうだ!(詳細は26日発売の9月号をお読みください!)


憲法改正を必ず成し遂げる|高市早苗

憲法改正を必ず成し遂げる|高市早苗

現代と次代に生きる国民の生命、領土、国家の主権と名誉を守り抜ける憲法の制定は急務だ。遺のこされた同志議員の力を結集して、必ず成し遂げる。


最新の投稿


美しい日本の姿を国葬で示そう|櫻井よしこ

美しい日本の姿を国葬で示そう|櫻井よしこ

肉体は滅びても死者の魂は日本国の空、深い森や清らかな水辺のどこかにいらして、生者である私たちと日本国を見守って下さっている、と信じている。日本国のために闘い続けた安倍氏への深い感謝を国民こぞって静かに捧げる美しい日本の姿を国葬儀で世界に示そう。


日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

日中国交正常化50年 中国の横暴を防ぐ出発点に!|和田政宗

「中国は低姿勢だったが、50年たったら態度はガラッと変わる。大きく経済発展して日本を見下すようになるよ」(時事通信)。当時の大平正芳外務大臣の予言だが、まさにその通りの状況になった。今こそ国交正常化以降の50年を、中国対応を誤った50年として反省すべきだ。


【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

【日本原論】サタンに敗けない![冒頭先行公開]

旧統一教会を巡る問題について、「サンデージャポン」での「爆笑問題」の太田光の発言がまたもや炎上。「#太田光をテレビに出すな」がTwitterでトレンド入りまでした。太田光は何を思う……本誌人気連載「日本原論」で大いに語った!


「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

「ケツ舐め記者」と誹謗する金平茂紀の正体|山口敬之【WEB連載第17回】

9月17日、金平茂紀氏はFacebookにこう投稿した。《この国にも「ケツ舐め記者」という連中が少なからず棲息していて、権力者、独裁者、ご主人様の局所を舐めて、その対価として「ご褒美」をもらって、それを得意げに広報し、「独自」「スクープ」とかのワッペンを自分で貼りつけて(中略)男性にも女性にも、もちろんいます、「ケツ舐め記者」は》。金平氏は、一体何様のつもりなのか。


日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

日米共同演習でロシアを牽制せよ|岩田清文

今、米国が最も神経を使っているのは、今後、ウクライナの反撃が進展し、東部2州あるいは、クリミアまでをも奪還できる状況になった時、それをどこまで許容するかという点であろう。