なべやかん遺産|「癒やしの怪獣ソフビ」

なべやかん遺産|「癒やしの怪獣ソフビ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「癒やしの怪獣ソフビ」!


ストレスが半端じゃなかった一年

コロナ禍でストレス発散が難しい日々が続いている。パァ~ッと遊びに行く、食べ歩きする、仲間と集まってワイワイ騒ぐ、海外旅行でリフレッシュ、そんな事が出来ない。

海外旅行は無理として、国内旅行でもと思うが、外食も旅行も思い切り楽しむ気になれない。気にせず派手な集まりをして楽しもうと考える日もあるが、自粛警察に嫌な思いをさせられるのではないかと思ってしまい、全てが遠慮がちになってしまう。

コロナ禍でやたらと狂暴化している人もいる。異常なクレーマーになったり、人に対して厳しくしたり、ケチだったり。あ、ケチはコロナと関係ないか!ケチはどんな時でもケチだから。

そんなこんなで人付き合いも今年はあんまりしていない。趣味関連のイベントも中止になったり、規模縮小になったり、東京コミコンに関してはウェブでバーチャル開催となった。

コレクター宅に遊びに行くのも、特殊造形工房に遊びに行くのも全て「コロナが落ち着いたら行きますね」という挨拶になり、仕事が減り例年より暇な時間があるにも関わらず趣味の時間が持てないでいる。

趣味の時間は大切な時間。それがないとストレスの溜まり方は半端なものではない。
そんな時はどうすれば良いか、50年生きて来たので学習は出来ている。まず自分のコレクションルームに行く。そこには怪獣ソフビが並んでいるショーケースがあるのでガラス戸をガラガラと開け、中からお気に入りの怪獣ソフビを取り出す。そして、それを手に持って眺める。

ふぅ~。

これで気持ちが和らぐ。怪獣ソフビがストレスを忘れさせてくれるアイテムだという事を学んだのだ。

癒やしを与えてくれる珠玉のコレクションたち

自分の中の究極の怪獣ソフビ、マルサン製のバラゴン(左)とパゴス(右)。

でもこれは簡単な事ではない。なぜなら部屋の入口まで積み上げられたダンボールなどの荷物を部屋から出さないと中に入れないほどコレクションが増殖しているからだ。荷物を部屋から出すという大仕事がまっていて、その作業をしないと、って考える事がストレスになる。

コレクションルームにある全ての怪獣ソフビがストレスから解放してくれるわけではない。

お気に入りのソフビがいくつかあり、それが癒しを与えてくれる。マルサン&ブルマァクの60年代当時モノのソフビ。パワーを持ったソフビ。今回はそんなソフビをご紹介しよう。

マルサン&ブルマァクの怪獣ソフビは、ここ最近のリアル路線のバンダイ怪獣ソフビと違い、可愛らしくデフォルメされている。手に持った時の大きさとデフォルメ感が実に心地よい。
 

関連する投稿


なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「年末年始大作戦」!


なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「東京ミニコン2023」!


なべやかん遺産|エクシストコレクション

なべやかん遺産|エクシストコレクション

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「エクシストコレクション」!


ストレス発散の贈り物|なべやかん遺産

ストレス発散の贈り物|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ストレス発散の贈り物」!


なべやかん遺産|「コレクションの飾り方」

なべやかん遺産|「コレクションの飾り方」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「コレクションの飾り方」!


最新の投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今回はいつも何を言っているのかピンとくることのない寺島実郎氏のコメントに、逐一突っ込みを入れてみました。


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった