なべやかん遺産|「癒やしの怪獣ソフビ」

なべやかん遺産|「癒やしの怪獣ソフビ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「癒やしの怪獣ソフビ」!


ストレスが半端じゃなかった一年

コロナ禍でストレス発散が難しい日々が続いている。パァ~ッと遊びに行く、食べ歩きする、仲間と集まってワイワイ騒ぐ、海外旅行でリフレッシュ、そんな事が出来ない。

海外旅行は無理として、国内旅行でもと思うが、外食も旅行も思い切り楽しむ気になれない。気にせず派手な集まりをして楽しもうと考える日もあるが、自粛警察に嫌な思いをさせられるのではないかと思ってしまい、全てが遠慮がちになってしまう。

コロナ禍でやたらと狂暴化している人もいる。異常なクレーマーになったり、人に対して厳しくしたり、ケチだったり。あ、ケチはコロナと関係ないか!ケチはどんな時でもケチだから。

そんなこんなで人付き合いも今年はあんまりしていない。趣味関連のイベントも中止になったり、規模縮小になったり、東京コミコンに関してはウェブでバーチャル開催となった。

コレクター宅に遊びに行くのも、特殊造形工房に遊びに行くのも全て「コロナが落ち着いたら行きますね」という挨拶になり、仕事が減り例年より暇な時間があるにも関わらず趣味の時間が持てないでいる。

趣味の時間は大切な時間。それがないとストレスの溜まり方は半端なものではない。
そんな時はどうすれば良いか、50年生きて来たので学習は出来ている。まず自分のコレクションルームに行く。そこには怪獣ソフビが並んでいるショーケースがあるのでガラス戸をガラガラと開け、中からお気に入りの怪獣ソフビを取り出す。そして、それを手に持って眺める。

ふぅ~。

これで気持ちが和らぐ。怪獣ソフビがストレスを忘れさせてくれるアイテムだという事を学んだのだ。

癒やしを与えてくれる珠玉のコレクションたち

自分の中の究極の怪獣ソフビ、マルサン製のバラゴン(左)とパゴス(右)。

でもこれは簡単な事ではない。なぜなら部屋の入口まで積み上げられたダンボールなどの荷物を部屋から出さないと中に入れないほどコレクションが増殖しているからだ。荷物を部屋から出すという大仕事がまっていて、その作業をしないと、って考える事がストレスになる。

コレクションルームにある全ての怪獣ソフビがストレスから解放してくれるわけではない。

お気に入りのソフビがいくつかあり、それが癒しを与えてくれる。マルサン&ブルマァクの60年代当時モノのソフビ。パワーを持ったソフビ。今回はそんなソフビをご紹介しよう。

マルサン&ブルマァクの怪獣ソフビは、ここ最近のリアル路線のバンダイ怪獣ソフビと違い、可愛らしくデフォルメされている。手に持った時の大きさとデフォルメ感が実に心地よい。
 

関連する投稿


なべやかん遺産|手踊り人形

なべやかん遺産|手踊り人形

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「手踊り人形」!


なつやすみ大作戦2022|なべやかん遺産

なつやすみ大作戦2022|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「なつやすみ大作戦2022」!


林真理子さんが感服! 村西とおる「有名人の人生相談『人間だもの』」

林真理子さんが感服! 村西とおる「有名人の人生相談『人間だもの』」

「捨て身で生きよう、と思える一冊。私の心も裸にされたくなりました」(脚本家・大石静さん)。「非常にいい本ですね、ステキ」(漫画家・内田春菊さん)。そして村西とおる監督の「人生相談『人間だもの』」を愛する方がもうひとり。作家の林真理子さんです。「私はつくづく感服してしまった」。その理由とは?


なべやかん遺産|「フィギュアイベント」

なべやかん遺産|「フィギュアイベント」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「フィギュアイベント」!


なべやかん遺産|「胸像」

なべやかん遺産|「胸像」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「胸像」!


最新の投稿


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

韓国のプロパガンダに使われたNHK「緑なき島」|和田政宗

「軍艦島は地獄島だった」「強制連行されたうえ劣悪な環境で働かされ、多くの人が命を落とした」。このような韓国のプロパガンダは、NHKの短編ドキュメンタリー映画「緑なき島」から始まった。NHKの捏造疑惑について国会で何度も質問をしたが、NHKはいまだにはぐらかし続けている――。


デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

デサンティス知事の圧勝が教えるもの|島田洋一

大勝を収めた結果、デサンティス氏は一躍、2年後の大統領選における最有力候補の1人と目されるに至った。デサンティス氏はまた、中国共産党政権によるスパイ行為を防ぐため、フロリダに本拠地を置く諸大学が中国人の研究者や中国の大学と行う共同プロジェクトに制限を課す州法の制定を議会に促してきた。


3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

3年ぶりの日韓首脳会談 日本は言うべきことを言えたのか|和田政宗

約3年ぶりに開かれた日韓首脳会談は、岸田総理と尹大統領の初会談でもあった。初会談は相手にくさびを打ち込む重要な会談である。はたして岸田総理は、韓国にくさびを打つことができたのだろうか。(サムネイルは首相官邸HPより)