なべやかん遺産|「癒やしの怪獣ソフビ」

なべやかん遺産|「癒やしの怪獣ソフビ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「癒やしの怪獣ソフビ」!


ストレスが半端じゃなかった一年

コロナ禍でストレス発散が難しい日々が続いている。パァ~ッと遊びに行く、食べ歩きする、仲間と集まってワイワイ騒ぐ、海外旅行でリフレッシュ、そんな事が出来ない。

海外旅行は無理として、国内旅行でもと思うが、外食も旅行も思い切り楽しむ気になれない。気にせず派手な集まりをして楽しもうと考える日もあるが、自粛警察に嫌な思いをさせられるのではないかと思ってしまい、全てが遠慮がちになってしまう。

コロナ禍でやたらと狂暴化している人もいる。異常なクレーマーになったり、人に対して厳しくしたり、ケチだったり。あ、ケチはコロナと関係ないか!ケチはどんな時でもケチだから。

そんなこんなで人付き合いも今年はあんまりしていない。趣味関連のイベントも中止になったり、規模縮小になったり、東京コミコンに関してはウェブでバーチャル開催となった。

コレクター宅に遊びに行くのも、特殊造形工房に遊びに行くのも全て「コロナが落ち着いたら行きますね」という挨拶になり、仕事が減り例年より暇な時間があるにも関わらず趣味の時間が持てないでいる。

趣味の時間は大切な時間。それがないとストレスの溜まり方は半端なものではない。
そんな時はどうすれば良いか、50年生きて来たので学習は出来ている。まず自分のコレクションルームに行く。そこには怪獣ソフビが並んでいるショーケースがあるのでガラス戸をガラガラと開け、中からお気に入りの怪獣ソフビを取り出す。そして、それを手に持って眺める。

ふぅ~。

これで気持ちが和らぐ。怪獣ソフビがストレスを忘れさせてくれるアイテムだという事を学んだのだ。

癒やしを与えてくれる珠玉のコレクションたち

自分の中の究極の怪獣ソフビ、マルサン製のバラゴン(左)とパゴス(右)。

でもこれは簡単な事ではない。なぜなら部屋の入口まで積み上げられたダンボールなどの荷物を部屋から出さないと中に入れないほどコレクションが増殖しているからだ。荷物を部屋から出すという大仕事がまっていて、その作業をしないと、って考える事がストレスになる。

コレクションルームにある全ての怪獣ソフビがストレスから解放してくれるわけではない。

お気に入りのソフビがいくつかあり、それが癒しを与えてくれる。マルサン&ブルマァクの60年代当時モノのソフビ。パワーを持ったソフビ。今回はそんなソフビをご紹介しよう。

マルサン&ブルマァクの怪獣ソフビは、ここ最近のリアル路線のバンダイ怪獣ソフビと違い、可愛らしくデフォルメされている。手に持った時の大きさとデフォルメ感が実に心地よい。
 

関連する投稿


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!


なべやかん遺産|「エモリ宇宙人」

なべやかん遺産|「エモリ宇宙人」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「エモリ宇宙人」!


憲法改正がなぜ必要なのか|和田政宗

憲法改正がなぜ必要なのか|和田政宗

2022年4月、「危機に乗じて憲法9条を破壊し、日本を『軍事対軍事』の危険な道に引き込む動きを、日本共産党の躍進で断固として止めよう」と訴えた日本共産党の志位和夫委員長。共産党の言う「9条生かした外交で平和をつくりだす」は本当に可能なのか。日本の隣国である中国、ロシア、北朝鮮は果たして「平和を愛する諸国民」と言えるのか。


橋下徹よ、「不戦」はプーチンに言え|有本香

橋下徹よ、「不戦」はプーチンに言え|有本香

「中国をこっちに引き寄せるには、お願いかお土産が先やろ。制裁をちらつかせるのは最後の手段。こんな建前政治は、解決能力なし。ほんまアカン」と橋下徹氏。「ほんまアカン」のはいったい誰なのか? 月刊『Hanada』の大人気連載「香論乙駁」(2022年5月号)を特別公開!


なべやかん遺産|「ショッカー」

なべやかん遺産|「ショッカー」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ショッカー」!


最新の投稿


違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

違う意見に耳を傾けたら相手をもっと嫌いになった! クリス・ベイル『ソーシャルメディア・プリズム』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

徹底検証!中国で「宮廷クーデター」発生か|澁谷司

世界では、習近平が退陣するのではないかというニュースが飛び交っている。一部のSNSでは、習近平主席がすでに半ば退位し、李克強首相が代行しているとの書き込みで溢れている。果たして、この「宮廷クーデター」(「反習派」による習主席の退位)の“噂”は本当なのか? 徹底検証する。


なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

なべやかん遺産|「淡路島のシン・ゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「淡路島のシン・ゴジラ」!


参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

参院選に暗雲!逃げずに正面から原発再稼働、憲法改正を訴えよ!|和田政宗

酷暑のなか、もし電力が止まり冷房が止まってしまえば、命の危機にもつながる。国民は根本的な対応を求めており、もしそれを打ち出すことができなければ、大変な結果が待っているだろう。この1週間が決断すべき期間である。正面から訴えるべき政策については堂々と国民に訴えるべきだ。


【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

【橋下徹研究⑪】「副市長案件」弁明の崩壊と橋下市長関与の証明|山口敬之【WEB連載第11回】

6月20日以降、ツイートがない橋下徹氏。ほとぼりが冷めるまで待つ方針かもしれないが、いつまで「副市長案件」で逃げ切るつもりなのだろうか。「副市長案件」「遊休地だった」と抗弁する橋下氏の弁明には何の説得力もないどころか、事実を歪曲し隠蔽する悪意がはっきりと浮き彫りになっている――。【※サムネイルは『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』 (PHP新書)】