新首相・菅義偉に二つの疑問|九段靖之介

新首相・菅義偉に二つの疑問|九段靖之介

2020年9月16日、菅義偉氏が総理大臣に指名された。初の世論調査では74%と高い数字をあげており(日経新聞)、多くの国民に期待され、報道でもご祝儀的なものが続いている中で、あえて二つの大きな疑問をぶつけたい。それは――経済運営と外交!


経済運営に一抹の不安を

Getty logo

新首相・菅義偉が誕生した。新政権発足につきものの御祝儀相場の報道が続くが、総裁選の討論会を見ていて感じた二つの疑問を記しておきたい。

9月10日夜、民放のテレビ番組で、菅官房長官は「消費税増税」について問われ、こう答えた。

「引き上げるという発言をしないほうがいいだろうと思ったが、これだけの少子高齢化社会で、どんなに私たちが頑張っても人口減少を避けることはできない。将来的なことを考えたら、行政改革を徹底して行ったうえで、国民の皆さんにお願いして消費税は引き上げざるを得ない」

これを聞いて「あれっ? ちょっと違うんじゃないの?」と思った人は少なくあるまい。小欄もその一人だ。

菅が総裁選の看板に掲げたのは「安倍政治の継続」だ。周知のように、安倍は消費増税を嫌い、二度にわたってその実施を拒否した。にもかかわらず二度の消費増税をせざるを得なかったのは、財務省や与野党の増税派の圧力による。

自民党内には財務省OBがゴッソリいる。安倍が一度目の消費増税(5%→8%)を渋ったとき、財務省の主導で与野党連携の「安倍降ろし」が企てられた。

増税によって財政赤字を減らそうとする財政規律派に対して、安倍はアベノミクスによる税収増を意図して経済再生派と呼ばれる。安倍政権の7年8カ月の税制はこの両派の確執に終始した。

その間、安倍の女房役を務め、安倍政治の継続を自称する菅義偉は、当然のこと消費増税を嫌い、経済再生で財政健全化を図ると主張すべきだ。なのに、いとも簡単に消費税を引き上げる? おまけに「少子高齢化による人口減少」で税収減は避け難い、よって消費税を引き上げざるを得ないだと?

ならば人口減少に比例して消費税を引き上げていく算段か? 経済は縮小の一途を辿るだけだ。そもそも人口減少にもかかわらず、先進国のなかには経済成長を示す国はいくつもある。

一夜明けて、菅は右の発言を修正した。よほど反論・疑問が寄せられたとみえる。

「(昨夜の発言は)あくまで将来的な見通しだ。政権発足以来、経済再生なくして財政健全化なし、こうした考え方でアベノミクスを推進し、安倍総理はかつて『今後10年くらいは(消費税を)上げる必要はない』、このように発言しています。私も同じ考えです」

最初からそう答えれば何の問題もない。なにやら経済運営に一抹の不安を覚えたのは小欄だけではあるまい。

外交は手品ではない

ところで立憲民主党の国対委員長・安住淳が「消費税は今後の争点になる。消費税解散になるかも」という。合流新党で政調会長に就いた泉健太は枝野幸男と争った代表選で「一定期間、消費税の凍結」を主張した。どうやら立憲民主党は消費税を次期国会の争点にする構えだ。

しかし、そもそも「三党合意」で消費増税を立法化して安倍に押しつけたのは旧民主党の野田佳彦政権だ。忘れてはいけない。野田はこの「消費増税」と「定数是正」の二つのハードルを安倍政権に仕掛けて退場した。

早晩、安倍政権が二つのハードルに引っかかってコケると算段したはずが、なんと7年8カ月、憲政史上最長政権になるとはユメ想像もできなかったに違いない。

話を戻して疑問の二つ目。菅は内閣官房長官を7年8カ月もやった。内政の万般については把握しているに違いない。問題は経験ゼロの外交だ。

「私には安倍首相のような首脳外交はできません。でも私なりの外交姿勢は有り得る、自分型の外交姿勢を貫いていきたい」

と述べている。自分流の外交とは何か。菅はこうも言った。

「日米関係を基軸にマルチ外交を考える。対中包囲網には加わらない」

米中対決の切迫度が増している現在、マルチ外交=全方位外交なんぞあり得るのか。ポンペイオ国務長官は、オーストラリア、インド、ニュージーランド、さらにはイギリスやEUに向けて中国包囲網の形成をハッキリと呼びかけている。これを拒否しながら日米関係を良好に保てるのか。

韓国の文在寅政権はGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を延長する・しないでゴネたあげく、昨年11月、こともあろうに中国と防衛協定を結んだ。本人はマルチ外交のつもりだろうが、これでアメリカの対韓不信を決定的なものにした。外交は手品のようにはいかない。文在寅の轍を踏むなかれ。

関連するキーワード


政治・経済 九段靖之介

関連する投稿


武漢ウイルス、中国に賠償請求か可能か|九段靖之介

武漢ウイルス、中国に賠償請求か可能か|九段靖之介

武漢ウイルスの猛威によって、世界恐慌以来最悪の経済状況。トランプ大統領曰く「中国はウイルス感染爆発を隠蔽した。ために世界規模で感染拡大した。断固、中国には責任を取らせる」。しかし、果たしてそれは可能なのか? またトランプ大統領なら中国に責任を取らせる「公約」の実行が期待できるが、バイデン氏だったら?


泉佐野市問題があぶりだした国と地方の“いびつな関係”|帯野久美子

泉佐野市問題があぶりだした国と地方の“いびつな関係”|帯野久美子

ふるさと納税をめぐる裁判で国に勝訴した大阪府泉佐野市。この問題が問いかけたものとはなにか。大阪府の人事委員会委員長を務めた筆者が、地方と国のいびつな関係に切り込む!


山本太郎ファクトチェック|坂井広志

山本太郎ファクトチェック|坂井広志

「空気を読めるから、空気を読まない」。“歩く風評被害”と呼ばれる山本太郎がついに、東京都知事選に立候補。“おもしろい”選挙戦になることは間違いないが、“おもしろい”で本当にいいのだろうか。空気に流されないために、山本太郎の過去の言説をファクトチェック!彼は民主主義の救世主か、それとも……。“ファンタジー・ヤマモトタロウ”の正体とは?


三種の武漢ウイルス 「集団免疫」という起死回生|山口敬之

三種の武漢ウイルス 「集団免疫」という起死回生|山口敬之

「安倍政権は死因までも誤魔化しているのだ」。安倍政権のコロナ対応は失敗だったのか。日本はウイルスの抑え込みに最も成功した国であるにもかかわらず、なぜ、支持率は急落したのか。安倍政権の一連の対応を振り返りながら、“集団免疫獲得”の実像に迫る!L型の流入の有無こそが、日米伊の分水嶺となった――。


中国発コロナ危機が促す政治の覚醒|田村秀男

中国発コロナ危機が促す政治の覚醒|田村秀男

緊急事態宣言延長で、ますます不透明感が増す日本経済の先行き。 緊急経済対策も従来通りでいまいちインパクトに欠ける。 各省庁の官僚が捻り出した案だけで、経済は活性化できないだろう。 ならばどうするか。日本が本当に取るべき施策とは――


最新の投稿


バイデン一族の異常な「習近平愛」|石平

バイデン一族の異常な「習近平愛」|石平

バイデン大統領の習近平に対する「偏愛ぶり」は異常だ!オバマ政権時代、副大統領としての8年間に中国とどう付き合ってきたのか――事あるごとに習近平との蜜月ぶりをアピールするばかりか、遂には習近平の暴挙を容認し同盟国日本と国際社会を裏切ってきた。断言する、バイデンは「罪人」である!


自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

自由世界の勝利へ日本は戦え|櫻井よしこ

米中両大国の常軌を逸した振る舞いで幕を開けた今年、国際社会の直面する危機は尋常ではない。現在の危機は黒船来航から始まった160年余り前のそれよりも、はるかに深刻だ。


韓国の不当判決に事実に基づき反論せよ|西岡力

韓国の不当判決に事実に基づき反論せよ|西岡力

1月8日、ソウル地裁は、慰安婦制度を「主権免除」が適用されない「反人道的犯罪」であると決め付けた。国際法を無視した韓国の不当判決と、それを事実上後押しした「反日日本人」たち。今回の判決を批判するためには、「日本発の二つの嘘」に対する反論もする必要がある!


「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

中国が、共産党幹部による腐敗が酷い「腐敗大国」であることはよく知られている。だがその「腐敗」には中国ならではのある特徴がある。日本人の想像を超えた「腐敗大国」の実態。


“서부지검 공소장을 마주하며”|류석춘(전 연세대 교수)

“서부지검 공소장을 마주하며”|류석춘(전 연세대 교수)

"위안부는 매춘의 일종"- 한국의 명문 연세대학교에서 수업 중에 한 발언에 의해 사회에서 말살될 정도로 비난을 받은 류석춘 전 교수. 검찰은 류 씨를 명예 훼손 혐의로 기소하고, 조만간 재판이 열린다."독재 정권이 사회를 지배하고, 역사적 사실조차 말하지 못하고, 학문과 사상의 자유를 짓밟는 현재 한국에 미래는 없다. 나는 단호히 싸운다!"