アフターコロナの「突撃!隣の晩ごはん」|電脳三面記事

アフターコロナの「突撃!隣の晩ごはん」|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。コロナ禍で食事の環境も変化があり、それに伴って食事にまつわるコンテンツも変わっていっております。あなたの本当に食べているものを教えてほしい!


「どうつくるか」から「どう食べるか」へ

今年は、働き方や会議の仕方、通院を決断するハードルや帰省の間隔、ハンドソープの減るペースなどさまざまなものが変わりましたが、ほかにも変わったもの、あるのではないのでしょうか。

先日、これはコロナとは無関係にご無沙汰だった知人と再会し、「我々が飲みに行かないのだから、そりゃ居酒屋も潰れるよね」と合意を得たのですが、食事の環境もだいぶ変わったはずです

外食派もしぶしぶその頻度を減らしているでしょうし、自炊派も外食派の自炊派シフトを受けて、いつもなら簡単に買える食材の入手が困難だった時期は、変わらざるを得なかったでしょう。

時が過ぎ、地域によっては街の飲み屋もすっかりビフォアコロナ状態のところもあるようですが、アフターコロナで始めたステイホームが案外と心地よく、宗旨変えをした方もいらっしゃるかもしれません

いま、私が求めているのはそういうどうでもいい、埋もれそうな、でも興味深いコンテンツです。

本当かどうかは別として、ブリア・サヴァランも言うように、人が何を食べているかには深い意味がありそうに感じられてしまうから困ります

最近は対局中の棋士の食事が注目され、お辞めになると発表された総理大臣の食事も病状とともにやれフレンチだステーキだと注目され、一時期ブームとなっていたグルメ漫画とは一線を画した『孤独のグルメ』や『きのう何食べた?』なのもそのせいでは。

たぶん、どうやってすごく、またはけったいにつくるかよりも、何をどうやって食べるかのほうに人々は面白みを感じ始めている、あるいは回帰しているのかもしれません

ですから『きのう何食べた?』は、初期の頃のように、レシピを適当に戻していいと思います。あるときからやけに細かく記述されるようになって、ああ、読者のご意見によって変わってしまったのだなと残念でした。

あと、簡単なものをどうやって普通につくるかについては、いまのところ、土井善晴先生とイナダシュンスケ先生にお世話になっております。

Getty logo

「映え」ではないものを見たい!

『週刊新潮』の連載『私の週間食卓日記』は、いま、手元のモノを確認しましたら1135回も続いています。年50冊の発行として計算しても、22年以上も続いている。高山正之先生の『変見自在』ですら1000回に届いていないのですから、長寿と言っていいでしょう。

このページを毎号じっくり観察していると、「インスタ映え」なる言葉ができ、それが単に「映え」と略される遙か昔前から、この連載のために「映え」を意識したんだろうなと思わせる方々と、本当に普段からこうなんだろうなと思わせる方々がいらっしゃいました

そのチョイスから、面白い人だなと思ったり、案外とつまらない人だなと思ったりもして、勝手に親近感を覚えたり、がっかりしたりしているのです。

ただ残念なのは、この連載では、ある一週間という「点」しかわからないこと。そうじゃなきゃこんな仕事受けないよという声も聞こえてきそうではありますが、でも、今回のような変化を挟んで、その点がどう変わったのか、知りたいし見てみたいのです。

じゃあ有名人のインスタでも見ればいいじゃないのとなりそうですが、やっぱりあそこは「映え」の舞台で、ぜーったいに、サトウのごはんとテイクアウトの総菜とか、喫茶店のモーニングのような夕食とかには、なかなかお目にかかれません。ブログと日記の違いですね。

以前、インスタの料理写真は実態を反映していないのでマーケティングには使えないと耳にしたことがありまして、その観点で言えば、実際のビフォアと実際のアフターが分かればアフターコロナの時代のヒット商品が作れるのではという話になりますが、役に立たなくとも、ただのコンテンツとして提供されたいなと思うのです。


蛭  芸子(ビル・ゲイコ)
なので例年比でトウモロコシ増、冷やし中華減でした。

関連する投稿


人口の多いところvs少ないところ|電脳三面記事

人口の多いところvs少ないところ|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。コロナ禍によって始まった「新しい日常」ですが、それによって人口の多いところvs人口の少ないところの対立が始まり、それが後世に禍根を遺すことになる??


「テレワーク」の「テレ」の意味は「離れたところ」|電脳三面記事

「テレワーク」の「テレ」の意味は「離れたところ」|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。今回は新型コロナ感染拡大によってなし崩し的に始まった「テレワーク」から、いま抱えている問題点を探ります。


新聞はあと5年でさらに1000万部減少する|下山進

新聞はあと5年でさらに1000万部減少する|下山進

タイトルは『2050年のメディア』だが未来を予想したものではなく現在ただいまの一冊。いまや誰もが当たり前のように使っているヤフーがどのように生まれ、ニュースのプラットフォームとして成長したのか、その一方でかつてのメディアの雄・新聞の地位が何故下がっていったのか……インターネット以降のメディアの内幕を描く本格ノンフィクション。著者は花田紀凱編集長の『週刊文春』時代の部下だった下山進氏。編集長が傑作と評する本書について直撃インタビュー!


最新の投稿


なべやかん遺産|「ハロウィン」

なべやかん遺産|「ハロウィン」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ハロウィン」!


自制が利かない「手負いの龍」習近平|湯浅誠

自制が利かない「手負いの龍」習近平|湯浅誠

ロバート・オブライエン大統領補佐官、クリス・レイFBI長官、ウイリアム・バー司法長官、そしてポンペオ国務長官の「反共四騎士」が行った立て続けの演説は何を意味するのか――それはアメリカがついに新たな危機に対応するパラダイムシフト(枠組み転換)に踏み切る宣言だった! 11月の大統領選挙でどちらが勝ったとしても、アメリカの対中強硬策は変わらない。ならば日本はどうすべきか?(初出:月刊『Hanada』2020年10月号)


「2020年12月号」新聞広告大公開!

「2020年12月号」新聞広告大公開!

12月号の新聞広告は、西日本新聞と山口新聞以外はパーフェクト!●●になったのは、やはり、あの部分……。「差別を助長する」という理由なのでしょうが、気に入らない総理を「ヒトラーだ!」と呼ぶほうが、よほど問題なのではないでしょうか。おもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年12 月鶺鴒号

月刊『Hanada』2020年12 月鶺鴒号

12月号の総力大特集は「日本学術会議と中国共産党」。日本学術会議の任命問題は憲法違反でもなければ、学問の自由の侵害でもない。では、問題の本質はどこにあるのか。「日本学術会議」はもちろん、「菅総理」「尖閣諸島」「米国大統領選」「安倍政権7年8カ月」「慰安婦像」「実子誘拐」「人種問題」「新型コロナ」などあらゆる問題の“中心”にタブーなしで切り込む!


【告知!】「月刊『Hanada』おすすめ これはウマイ!」スタート!!

【告知!】「月刊『Hanada』おすすめ これはウマイ!」スタート!!

今月号より、グルメ通販記事「月刊『Hanada』おすすめ これはウマイ!」がスタートしました!