アフターコロナの「突撃!隣の晩ごはん」|電脳三面記事

アフターコロナの「突撃!隣の晩ごはん」|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。コロナ禍で食事の環境も変化があり、それに伴って食事にまつわるコンテンツも変わっていっております。あなたの本当に食べているものを教えてほしい!


「どうつくるか」から「どう食べるか」へ

今年は、働き方や会議の仕方、通院を決断するハードルや帰省の間隔、ハンドソープの減るペースなどさまざまなものが変わりましたが、ほかにも変わったもの、あるのではないのでしょうか。

先日、これはコロナとは無関係にご無沙汰だった知人と再会し、「我々が飲みに行かないのだから、そりゃ居酒屋も潰れるよね」と合意を得たのですが、食事の環境もだいぶ変わったはずです

外食派もしぶしぶその頻度を減らしているでしょうし、自炊派も外食派の自炊派シフトを受けて、いつもなら簡単に買える食材の入手が困難だった時期は、変わらざるを得なかったでしょう。

時が過ぎ、地域によっては街の飲み屋もすっかりビフォアコロナ状態のところもあるようですが、アフターコロナで始めたステイホームが案外と心地よく、宗旨変えをした方もいらっしゃるかもしれません

いま、私が求めているのはそういうどうでもいい、埋もれそうな、でも興味深いコンテンツです。

本当かどうかは別として、ブリア・サヴァランも言うように、人が何を食べているかには深い意味がありそうに感じられてしまうから困ります

最近は対局中の棋士の食事が注目され、お辞めになると発表された総理大臣の食事も病状とともにやれフレンチだステーキだと注目され、一時期ブームとなっていたグルメ漫画とは一線を画した『孤独のグルメ』や『きのう何食べた?』なのもそのせいでは。

たぶん、どうやってすごく、またはけったいにつくるかよりも、何をどうやって食べるかのほうに人々は面白みを感じ始めている、あるいは回帰しているのかもしれません

ですから『きのう何食べた?』は、初期の頃のように、レシピを適当に戻していいと思います。あるときからやけに細かく記述されるようになって、ああ、読者のご意見によって変わってしまったのだなと残念でした。

あと、簡単なものをどうやって普通につくるかについては、いまのところ、土井善晴先生とイナダシュンスケ先生にお世話になっております。

Getty logo

「映え」ではないものを見たい!

『週刊新潮』の連載『私の週間食卓日記』は、いま、手元のモノを確認しましたら1135回も続いています。年50冊の発行として計算しても、22年以上も続いている。高山正之先生の『変見自在』ですら1000回に届いていないのですから、長寿と言っていいでしょう。

このページを毎号じっくり観察していると、「インスタ映え」なる言葉ができ、それが単に「映え」と略される遙か昔前から、この連載のために「映え」を意識したんだろうなと思わせる方々と、本当に普段からこうなんだろうなと思わせる方々がいらっしゃいました

そのチョイスから、面白い人だなと思ったり、案外とつまらない人だなと思ったりもして、勝手に親近感を覚えたり、がっかりしたりしているのです。

ただ残念なのは、この連載では、ある一週間という「点」しかわからないこと。そうじゃなきゃこんな仕事受けないよという声も聞こえてきそうではありますが、でも、今回のような変化を挟んで、その点がどう変わったのか、知りたいし見てみたいのです。

じゃあ有名人のインスタでも見ればいいじゃないのとなりそうですが、やっぱりあそこは「映え」の舞台で、ぜーったいに、サトウのごはんとテイクアウトの総菜とか、喫茶店のモーニングのような夕食とかには、なかなかお目にかかれません。ブログと日記の違いですね。

以前、インスタの料理写真は実態を反映していないのでマーケティングには使えないと耳にしたことがありまして、その観点で言えば、実際のビフォアと実際のアフターが分かればアフターコロナの時代のヒット商品が作れるのではという話になりますが、役に立たなくとも、ただのコンテンツとして提供されたいなと思うのです。

関連する投稿


憲法改正がなぜ必要なのか|和田政宗

憲法改正がなぜ必要なのか|和田政宗

2022年4月、「危機に乗じて憲法9条を破壊し、日本を『軍事対軍事』の危険な道に引き込む動きを、日本共産党の躍進で断固として止めよう」と訴えた日本共産党の志位和夫委員長。共産党の言う「9条生かした外交で平和をつくりだす」は本当に可能なのか。日本の隣国である中国、ロシア、北朝鮮は果たして「平和を愛する諸国民」と言えるのか。


橋下徹よ、「不戦」はプーチンに言え|有本香

橋下徹よ、「不戦」はプーチンに言え|有本香

「中国をこっちに引き寄せるには、お願いかお土産が先やろ。制裁をちらつかせるのは最後の手段。こんな建前政治は、解決能力なし。ほんまアカン」と橋下徹氏。「ほんまアカン」のはいったい誰なのか? 月刊『Hanada』の大人気連載「香論乙駁」(2022年5月号)を特別公開!


“弱毒”のオミクロン株に翻弄!岸田内閣は“ワイドショー内閣”だ|坂井広志

“弱毒”のオミクロン株に翻弄!岸田内閣は“ワイドショー内閣”だ|坂井広志

「聞く力」がトレードマークの岸田首相だが、いったい誰の声を聞いているのか。「まん延防止等重点措置」の適用について、ある政府関係者は「先手の対応だ」とご満悦だったが、浮かれている場合ではない。そもそも本当に「先手」なのだろうか。「聞かなきゃわからない岸田首相」のコロナ対策を、産経新聞編集委員の坂井広志氏が斬る!


“オール沖縄”の敗北と“佐渡金山”深まる対立|和田政宗

“オール沖縄”の敗北と“佐渡金山”深まる対立|和田政宗

《政治家には言えないから僕が言うが、日本の有権者はかなり愚かだ》。昨年の衆院選の結果を受けての前川喜平氏のツイートだが、“オール沖縄”が敗北した名護市長選においても同様の考えなのだろうか。1月27日、前川氏は《佐渡金山についても明治産業遺産についても、まず負の歴史の存在を認めるのが「冷静な判断」だ》と投稿。事実でない「歴史の書き換え」や反日的イデオロギーに加担する勢力に屈することなく、日本は歴史的事実に基づき堂々と申請を行うべきだ。


憲法改正、「やるやる詐欺」は許されない!|和田政宗

憲法改正、「やるやる詐欺」は許されない!|和田政宗

21年11月、吉村洋文大阪府知事から「党是で改憲、改憲と言っているが『やるやる詐欺』だろう」と批判された自民党。「憲法改正推進本部」から「憲法改正実現本部」へと名称は変わったが、岸田政権は本気で憲法改正を実現しようと思っているのか。本音で語れる政治家、和田政宗議員が憲法改正への決意を語る!


最新の投稿


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?