「菅義偉総理」待望論|小川榮太郎

「菅義偉総理」待望論|小川榮太郎

心にぽっかり空いた穴――。安倍総理辞任の報道を受けて、多くの人たちが同じような気持ちになったのではないだろうか。しかし、この国はいつまで“安倍依存症”を続けるつもりなのだろう――。「米中激突」で世界がより不安定になるなか、感傷に浸っている時間はない。6月の時点で「『菅義偉総理』待望論」を打ち上げたのはなぜなのか、その理由がついに明かされる!


総理にしてはいけない男

Getty logo

「次の総理にふさわしい人」は誰か──。
最新の世論調査(FNNプライムオンライン2020年6月3日)は、次のような数値を示している。

石破茂   18.2%
安倍晋三  12.2%
小泉進次郎  8.8%
河野太郎   5.0%
枝野幸男   3.5%
菅義偉    3.0%
岸田文雄   1.9%
西村康稔   0.9%
野田聖子   0.9%
加藤勝信   0.5%
茂木敏充   0.4%
この中にはいない 32.4%

ただし、自民党支持層を対象にした調査では、安倍一強が続く。

(去年12月・今年2月・3月・4月・今回)
安倍晋三 34.4%・33.9%・39.3%・30.7%・28.7% 
石破茂 20.6%・16.9% ・19.7%・18.7%・16.0%

いまは安倍政権に逆風が吹いているが、そうでない時は、一般国民の次期首相候補でも、安倍氏は、石破氏、小泉氏と三つ巴で、大抵の場合、首位か僅差での2位である。
 
要するに、自民党が党則を改正し安倍氏が4選を志せば、自民党員も国民も、結局はこれを支持することになり、安倍氏が4選を選ばないならば石破氏を選ぶ──これが、国民、自民党員を問わず、現在の輿論の大勢ということになろう。
 
私が日夜会う各界各層のリーダーたちのほとんどから異口同音に聞かれるのは、安倍氏の4選はあるのか、安倍氏の4選が何としても必要ではないか、という声ばかりである。他方、岸田氏、菅氏ならともかく、石破氏だけは困るという声ばかりである。
 
第2次安倍政権発足からすでに7年半、国民はある意味で政権に飽きている一方で、甘えてもいる。安倍政権の齎した圧倒的な安定感が誰が総理になっても続くという錯覚に、国民全般が覆われている。

だが、第2次安倍政権前の日本は、「強いリーダーシップ」の例に出される小泉政権でさえ、橋本~小渕政権で持ち直しかけていた株価1万4千円台を7千円台まで下落させ、政権終盤にようやく就任当初に戻す有様であった。

上野公園は青テントに覆われ、「痛みに堪えろ」という総理の掛け声のもと、自殺者は3万人超を記録していた。

第2次安倍政権は「奇跡」の政権だった

平成時代を通じ、第2次安倍政権まで、「失われた10年」 「失われた20年」を取り戻せた政権は一つもない。誰が総理になってもそれなりの高度な安定が保てるというのは、明白な幻想だ。第2次安倍政権が齎した高水準の安定は、平成30年史を振り返れば奇跡としか言いようがないのである。
 
安倍時代に、日本を巡る国際環境は危機を深め続けた。そのうえにコロナ禍が加わった。ほとんど微小な感染者を出しているだけなのに、まだ報道は危機を煽っている。
 
現在、政府が出しているガイドラインでは飲食、観光、文化は全て短時日に死滅する。早急な解除と手当なしには戦後最大の経済の破滅が生じるが、そんな状況を引き受けられる総理がいるのだろうか。
 
国外も同様だ。コロナ禍を引き起こした習近平氏は、国内からの突き上げに堪え切れるだろうか。逆に、国内での逆風から矛先を逸らすために、外交、軍事で博打を打ってくることはないのか。
 
最大の被害を出したアメリカもまた国民感情に、かつてない大きな混乱が見られる。トランプ氏の再選は不透明になり、統治・外交能力に極めて疑問の大きなバイデン大統領の誕生も充分あり得るのではないか。

両国の指導力に不安定さが加われば、周辺諸国の野心と打算も一気に噴き出す。米中二極時代のなかで生じたコロナ禍は、日本周囲の国際情勢を準有事へと一気に引き上げることになるのではなかろうか。
 
各界指導者層ほど、何としても安倍氏に4選を選んでほしいというのは、ある意味で当然だろう。

関連する投稿


安倍前総理に不快感? 足らざる男、石破茂|鈴木宗男

安倍前総理に不快感? 足らざる男、石破茂|鈴木宗男

5月26日発売の月刊『Hanada』7月号で安倍前総理が「ポスト菅」候補4人を実名で公表し、話題を呼んでいる。そこには、“茂”の一文字はあったのだが、残念ながらそれは石破茂の“茂”ではなかった…。政治家として、人として、何が足りないのか。鈴木宗男議員が石破氏の足らざる点を指摘!


月刊『Hanada』2021年7月雪渓号

月刊『Hanada』2021年7月雪渓号

「安倍前総理の独占インタビュー」がNHKをはじめ、新聞各紙で報道され大反響だが、もちろん、注目記事はそれだけではない。百田尚樹「中国虐殺全史」、高橋洋一「『さざ波』で東京オリンピック中止は世界の笑われ者」、馬場伸幸「立憲民主党は日本に絶対必要ない」、遠藤誉×籾井勝人「中国には忖度せず、堂々と"武器"を使え」、山口智「神社本庁を私物化する二人の"妖怪"」、鈴木貴子×三谷英弘「『実子誘拐』一刻も早く法改正を」など、大手メディアが報じない“真相”が7月号も満載!爆笑問題をはじめとする豪華連載陣、グラビア特集「聖火リレー、日本を走る!」など7月号も永久保存版!


「2021年7月号」新聞広告大公開!

「2021年7月号」新聞広告大公開!

2020年12月号、●●ウイルス以来のNGあり!NGを出したのは、読売新聞。「尾身茂は『〇〇』だ!」の○○がダメとのこと。話は変わりますが、武漢ウイルスはNGで、なぜインド株はOKなのか…。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2021年6月鈴蘭号

月刊『Hanada』2021年6月鈴蘭号

「人権」という旗を高らかに掲げる人たちほど、中国による人権弾圧にダンマリなのはなぜなのか。総力大特集「習近平の犯罪」、公明党の闇、中国製EVの幻想、半年目の菅政権、小池百合子のコロナ暗愚都政、朝日新聞がつくった福島“汚染水”風評など大手メディアが報じない記事が6月号も満載!爆笑問題をはじめとする豪華連載陣、グラビア特集「不死"蝶"池江璃花子」など6月号も永久保存版!


「2021年6月号」新聞広告大公開!

「2021年6月号」新聞広告大公開!

習近平の犯罪には「根拠がない」と口を閉ざし、新型コロナや原発処理水には根拠もなく「怖い、怖い」と煽り続ける大手メディア。彼らの目的は何なのか。「習近平の犯罪」「コムロ禍という皇室の危機」「半年目の菅政権」「福島原発事故の真実」「小池百合子のコロナ暗愚都政」「実子誘拐ビジネスの闇」など、6月号も大手メディアが報じない記事が満載!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


最新の投稿


【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

【読書亡羊】本は体を表す 面白くなかった『枝野ビジョン』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評。


英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

英国の太平洋戦略に中国の焦り|湯浅博

米中間の地政学的な競争が激しさを増す中、英国が経済と安全保障の両面からインド太平洋への関与を強める動きは、独裁国家・中国の危険性に気づき始めた他の欧州主要国をこの地域に誘い込む大きな力となる。


万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

万全の感染対策で東京五輪を成功させよう|奈良林直

「命と五輪とどちらが大事か」という二者択一の議論が国会やマスコミをにぎわしているが、五輪の感染対策を万全にすることで、命と五輪を両立させるという三つ目の選択肢がある。


表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

表現の自由をも「抹消」するキャンセル・カルチャー|久保弾(ジャーナリスト)

いま世界で横行するキャンセル・カルチャー。 ノーベル賞作家、カズオ・イシグロも危機感を抱くキャンセル・カルチャーとはいったいなんなのか。 その歴史と問題点を徹底追及!


ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

ついに“転機”を迎えた公明党|門田隆将

安全保障上重要な法案の成立を阻み、中国擁護の姿勢を崩さない公明党。 なぜ公明党はこれほど中国の味方をするのか――その核心に迫る!