前川さんは「君が代」がお嫌い?――前川喜平『面従腹背』|編集部

前川さんは「君が代」がお嫌い?――前川喜平『面従腹背』|編集部

編集部・梶原の「リベラル本 ずぼら書評」


編集部・梶原の「リベラル本 ずぼら書評」 『面従腹背』

編集部・梶原の「リベラル本 ずぼら書評」

旬の「リベラル本」、どんなことが書いてあるのか確認したいけれど……。そんな本をご紹介するこのシリーズ。3冊目は前川喜平『面従腹背』(毎日新聞出版)。

引っ張りだこの前川さん

いわゆる護憲派・リベラル業界では講演ひっぱりだこ状態の前川さん。一度、「前川喜平×望月衣塑子×寺脇研」という夢の顔合わせの会があったのですが、なんと会場満員で入れませんでした。大人気!

その前川さんが繰り出した本書。一体どんなことが書いてあるのか!

基本的には「僕の面従腹背の仕事の記録」と言った様相。しかし社会人になれば、誰でもどんな環境でも、少なからぬ「面従腹背」の場面はあるのではないでしょうか。「俺はAがいいと思うのに、上司はBがいいって言うんだよ……分かってねぇよな」という巷によくある愚痴を、「教育」というステージに載せて語るとこうなるのかという印象。もちろん教育は大事で、勉強になった部分もあります。本書を読んでいると「……立派ね。でもできなかったんでしょ?」と言われてヤケ酒を飲む前川さんが目に浮かぶようです。

ある節などはズバリ〈やりたくなかったユネスコ憲章改正〉。ストレートすぎませんか。ちなみに、そんな前川さんが、もっともやりたくなかった仕事は、2006年の教育基本法改正だそうです。

一方で、リベラル勢からはどつかれそうな教育方針に関して、自身が「面従腹背」ながらもかかわった案件については華麗なるスルーを決めております。

日の丸・君が代に対する葛藤が

印象的なのは〈義務付けられた国旗・国家の指導〉という見出しの個所。

〈教育課程行政は、国家権力と教育とが直接交錯する分野だ。ここでは、組織の方針と私個人の思想・良心との乖離が最も大きくなり、面従腹背の緊張関係が最も強くなる。なかでも、日の丸・君が代の取り扱いについては、折り合いの付けようがない〉

続けて、「自分は国旗国歌を日本のシンボルとして尊重することに特段の抵抗感はない。が、かつて軍国主義・全体主義の日本、侵略戦争をする日本のシンボルであったことは事実で、君が代も天皇制という特異な制度と結びついた歌であることも事実。抵抗感を持つ人たちの心情は理解できる」(要約)とも仰っています。

「自分は違うけど、そういう人たちの心情は理解できます」というトーンですが、実際には前川さん自身が「日の丸・君が代にかなりの抵抗感を持つ人」なのでは? 現に、下記の「気になるポイント」でも紹介している前川さんのツイッターアカウントには、こんな書き込みがあります。

〈安倍自民党総裁は君が代斉唱で仕事始めだと。なんとグロテスクなんだ〉(2013年1月9日)

やはりご自身も君が代が嫌いなのでは……。前川さん、ここはもう「面従腹背」せず、本音をぶちまけていい場面でしたよ! まだ精神的に自由になり切れていないのかもしれません。

友達が少ないからダメ?

本書には「加計学園問題の全貌を激白」と題する前川喜平×寺脇研×倉重篤郎(毎日新聞専門編集委員)の座談会も掲載。ここにきてようやく、前川さんは自身の辞任の理由となった「就職斡旋(天下り)」問題に触れていますが、よく読んでいくと「でも加計学園問題よりはマシ」という展開に。

また、公募開始から2年で国家戦略特区による開校が許された国際福祉大学医学部についても触れています。この学校は「メディアや文科省OBの天下りがあるから、批判されないのでは」という噂がありました。これについての前川さんの弁がふるっています。

〈(国際医療福祉大学の医学部には加計学園との明確な違いがある、と前置きし)国際医療福祉大学の高木邦格理事長は政界に幅広い交友、人脈を持っている方だということ。安倍総理のお友達だから、という加計学園のようなあからさまな行政の私物化には見えなかった。一方で加計さん(孝太郎理事長)が頼りにするのは安倍総理しかいなかったため、その関係がよりクローズアップされることになってしまったのです〉

エエーッ。まさか加計理事長も「安倍さんしか友達がいないから怪しく見えたんですよ」と言われるとは思わなかったでしょう。最後の最後で、驚かされました。

【本書の「気になるポイント」】

「もしかして前川のアカウントでは?」と話題になり、実際そうだった前川さんのTwitterアカウント「右傾化を深く憂慮する一市民」。

このアカウント名に、「でも本当は『一市民』じゃないもんね」的なものを感じるのは私だけでしょうか。

2012年12月開設のこのアカウントは、官房長から次官までの出世コース驀進中の間はもちろん、次官時代にも書き込んでいたというまさしく「裏アカ」ですが、そのなかから厳選した(?)つぶやきと、セルフ解説が本書巻末に収録されています。一例がこちら。

〈安倍右翼政権を脱出し、僕は本当に一市民になった。空を飛ぶ鳥のように、自由に生きる〉(2017年3月25日)

……日の丸・君が代ではなくて、安倍総理が嫌いなだけかも。

前川さんにも読んでほしい! 飛鳥新社の名著シリーズ。

関連する投稿


山本太郎ファクトチェック|坂井広志

山本太郎ファクトチェック|坂井広志

「空気を読めるから、空気を読まない」。“歩く風評被害”と呼ばれる山本太郎がついに、東京都知事選に立候補。“おもしろい”選挙戦になることは間違いないが、“おもしろい”で本当にいいのだろうか。空気に流されないために、山本太郎の過去の言説をファクトチェック!彼は民主主義の救世主か、それとも……。“ファンタジー・ヤマモトタロウ”の正体とは?


感染爆発回避した日本人の力|櫻井よしこ

感染爆発回避した日本人の力|櫻井よしこ

命令権の発動なしにここまで達成したのは、日本でなければできない立派なことだ。ただウイルスとの闘いはこれからも恐らく長く続くだろう。第2波、第3波の襲来を現体制で乗り切れるのか。わが国の危機対応体制はこのままでよいのか。


三種の武漢ウイルス 「集団免疫」という起死回生|山口敬之

三種の武漢ウイルス 「集団免疫」という起死回生|山口敬之

「安倍政権は死因までも誤魔化しているのだ」。安倍政権のコロナ対応は失敗だったのか。日本はウイルスの抑え込みに最も成功した国であるにもかかわらず、なぜ、支持率は急落したのか。安倍政権の一連の対応を振り返りながら、“集団免疫獲得”の実像に迫る!L型の流入の有無こそが、日米伊の分水嶺となった――。


致死率と死亡率を混同 危機煽るワイドショー|藤原かずえ

致死率と死亡率を混同 危機煽るワイドショー|藤原かずえ

日本は世界の主要国に比べて死亡率が極めて低い。にもかかわらず、日本国民の日本政府への評価が低いのはなぜなのか。ひとつの理由が、常識的な安倍政権のリスク管理をワイドショーがヒステリックに罵倒し、情報弱者をミスリードしたことにある――。新型コロナをめぐる日本政府の一連の対応を、データとロジックで読み解く!日本モデルは成功したのか、それとも――。


「実子誘拐ビジネス」の闇 人権派弁護士らのあくどい手口|牧野のぞみ

「実子誘拐ビジネス」の闇 人権派弁護士らのあくどい手口|牧野のぞみ

「10年前の今日(5月6日)、娘が誘拐された――。2歳だった娘は、いまや中学生である」。突然、愛するわが子を奪われた父親(A氏)。彼の身に、いったい、なにが起きたのか。その背後には、連れ去り勝ち、虚偽のDVなど「実子誘拐」の方法を指南する人権派弁護士らの暗躍があった――。愛する娘を奪われた父親が、魂の告発!日本で日常的に行われている「実子誘拐ビジネス」の闇に迫る!


最新の投稿


日本の先端技術を海外流出から守れ|奈良林直

日本の先端技術を海外流出から守れ|奈良林直

中国は毎年5000人の留学生を選抜し、外国の一流大学に国費留学生として送り出し、工学やバイオなどの先端分野を学ばせて、自国に無い技術を吸収してきた。日本は外国人留学生の最多を占める12万人の中国人学生を受け入れているが――。


【動画】今明かされる平成「失われた30年」の新事実|上念司×高橋洋一

【動画】今明かされる平成「失われた30年」の新事実|上念司×高橋洋一

『経済で読み解く日本史』6巻セット発売記念・特典オーディオブック収録。平成経済の裏の裏を知り尽くした高橋洋一氏が経済と金融の裏面を語る!


なべやかん遺産|「キングギドラ」

なべやかん遺産|「キングギドラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「キングギドラ」!


自称元慰安婦と悪徳活動家集団の正体|山岡鉄秀

自称元慰安婦と悪徳活動家集団の正体|山岡鉄秀

“詐欺師”と“詐欺師”の痴話喧嘩で、積もり積もった嘘と不正がついに噴出!元慰安婦支援団体「挺対協(現・正義連)」とはいったいどんな組織なのか。北朝鮮との関係、日本社会党との秘密会談、「挺対協」結成の経緯が改めて明らかに。銭ゲバたちによる“慰安婦像ビジネス”はもう終わりにすべきだ。


The identity of an organization dealing with the Korean comfort women issue |Tetsuhide Yamaoka

The identity of an organization dealing with the Korean comfort women issue |Tetsuhide Yamaoka

The shameful identity of "the Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan"is now revealing itself through the disgraceful infighting between Ms. Lee Yong-soo, a self-proclaimed former comfort woman, and Ms. Yoon Mi-hyang, the former representative of the Council.