追悼 李登輝 |渡辺利夫

追悼 李登輝 |渡辺利夫

「李登輝、消えゆくの報。頭(こうべ)を深く床に伏す。ありがとうございました」これ以上、私には言葉がない。


「李登輝、消えゆくの報。
頭(こうべ)を深く床に伏す。
ありがとうございました」
 
これ以上、私には言葉がない。

二・二八事件の謝罪

Getty logo

鮮やかに思い浮かぶひとつの光景がある。1995年2月28日、台北新公園で執り行われた二・二八事件記念碑落成式に臨んだ台湾総統(中国国民党主席)李登輝が、犠牲者と家族に対し公式の謝罪を表明した時のニュース番組である。

二・二八事件とは1947年2月28日、かねて台湾に住んでいた住民(本省人)に対し、国共内戦に敗れ逃亡してきた軍人・軍属など(外省人)が引き起こした暴力事件である。李登輝の謝罪は、台湾社会の深部を長らく蝕(むしば)んできた「省籍矛盾」、すなわち本省人と外省人との間の確執を解消へと向かわせる第一歩となった。

二・二八事件以降、台湾では実に38年に及ぶ戒厳令が敷かれ、本省人は中国国民党の圧政により無権利状態のままに置かれた。しかし、戒厳令下にありながらもなお経済発展を続ける台湾には、本省人を含めて多くの中間層が生まれ、そうしてしかるべき諸権利を得ようという意識が澎湃(ほうはい)として沸き起こった。

この事実をまっとうな政治的感覚をもって受け止めた人物が、蒋介石に代わって最高権力者となっていた子息の蒋経国である。蒋経国は本省人エリートの李登輝を抜擢した。李登輝は果敢に、そして巧みに権力の懐に分け入り、民主化への準備を着々進め、民主化への最大の障害「省籍矛盾」を解かんと、総統として、何より国民党主席として、二・二八事件への公的な謝罪へと向かったのである。その光景をDVDで見るたびに私はかすかに涙する。

蒋経国はひそかに、中国国民党は「台湾国民党」に翻身しなければ台湾のこの地で権力を握り続けることは不可能だとみていたのである。そして本省人エリートとして李登輝に白羽の矢を立てたのだが、ここに現代台湾政治史の転換点があった。この転換点を確かなものにした人物が李登輝である。

特殊な国と国の関係

もうひとつの記憶が蘇る。1999年7月9日、ドイツの公共放送の取材に応じた李登輝は、初めてこう述べた。「両岸関係の位置づけは国家と国家、少なくとも特殊な国と国の関係となっており、合法政府と反乱団体、中央政府と地方政府という『一つの中国』における内部関係では決してない」

中華民国が台湾を含む中国全体の正統政府だという虚構を崩し、そのうえで台湾に民主主義を導入しようとした鮮明な意図がこの発言にはあった。要するに、中国共産党を「反乱団体」だとする規定を廃止、台湾の主権の及ぶところを台湾本島、金門、馬祖などの離島に限定し、ここに民主主義を導入しようと李登輝は考えていたのである。

今年初めの総統選では、民進党の蔡英文氏が圧倒的勝利を収め、氏は李登輝の発言、「中華民国在台湾」(Republic of China in Taiwan)をさらに進めて「中華民国台湾」(Republic of China is Taiwan)と言い切った。中華民国という形容のない「台湾」へと一歩近づいたのである。李登輝の長い政治的人生は確かな結実をみせていると言っていい。( 2020.08.03 国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

渡辺利夫

https://hanada-plus.jp/articles/468

国基研理事・拓殖大学学事顧問、前総長、元学長。昭和14(1939)年、山梨県甲府市生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。同大学院経済学研究科修了。経済学博士。筑波大学教授、東京工業大学教授、拓殖大学教授を経て現職。専門は開発経済学・現代アジア経済論。(公財)オイスカ会長。日本李登輝友の会会長。平成23年、第27回正論大賞受賞。著書に『成長のアジア 停滞のアジア』(講談社学術文庫、吉野作造賞)、『開発経済学』(日本評論社、大平正芳記念賞)、『西太平洋の時代』(文藝春秋、アジア・太平洋賞大賞)、『神経症の時代 わが内なる森田正馬』(文春学藝ライブラリー、開高健賞正賞)など

国家基本問題研究所「今週の直言」
国家基本問題研究所「入会のご案内」

関連するキーワード


今週の直言 李登輝

関連する投稿


菅首相に欠けている国家像|田久保忠衛

菅首相に欠けている国家像|田久保忠衛

自民党総裁選を戦った菅、石破茂、岸田文雄の3候補に共通するのは国家観の欠如だ。国際情勢の中で日本がいかなる位置にあるのかを正確に把握しない限り、国家観は生まれてこない。


菅政権は習主席を国賓で迎えてはならない|湯浅博

菅政権は習主席を国賓で迎えてはならない|湯浅博

日本が習近平主席の天皇陛下との会見に道を開けば、香港弾圧や軍事力による周辺国への恫喝を認めてしまうことになる。まして、習主席から天皇ご訪中を要請されれば、1989年の天安門事件後、天皇ご訪中により西側の経済制裁に風穴を開けてしまった悪夢の再来だ。


人道的危機下の南モンゴルに関与を|楊海英

人道的危機下の南モンゴルに関与を|楊海英

中国による南モンゴルへの弾圧がとまらない。いま小学生から高校生までの児童・生徒、そしてその保護者とメディア関係者、大学教師、公務員など、モンゴル人は民族を挙げて中国政府の文化的ジェノサイド政策に反対の声を上げている。モンゴル人たちの命を懸けた闘いに日本も積極的に関与し、モンゴル人を応援してほしい。


「反原発・親共産」の野党再編|梅澤昇平

「反原発・親共産」の野党再編|梅澤昇平

立憲民主党と国民民主党と野合によって「帰ってきた民主党」が誕生。このあとに来るのは、共産党、社民党などとの国政における選挙協力だ。日本を破滅させる「新・立憲民主党」に国民の支持は到底集まらない。今こそ国民民主党の残留組が日本維新の会と提携するなど新たな改憲勢力を形成すべき時だ!


中国は安全保障上の脅威|岩田清文

中国は安全保障上の脅威|岩田清文

中国に対して「懸念」という段階は過ぎている!米国防総省は9月1日の中国軍事力に関する報告書において、中国海軍の艦艇数は既に米海軍を凌駕したと述べた。このまま米中の軍事バランスが中国有利に推移していけば、中国による尖閣領有の既成事実化は間違いなく阻止できなくなる。


最新の投稿


アフターコロナの「突撃!隣の晩ごはん」|電脳三面記事

アフターコロナの「突撃!隣の晩ごはん」|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。コロナ禍で食事の環境も変化があり、それに伴って食事にまつわるコンテンツも変わっていっております。あなたの本当に食べているものを教えてほしい!


零細企業の倒産が日本にとってプラスな理由|デービッド・アトキンソン

零細企業の倒産が日本にとってプラスな理由|デービッド・アトキンソン

厚生労働省の調査によると、このコロナ禍の影響で仕事を失った人は、見込みも含め、製造業では1万人を超えたという。しかし、目先の数字に一喜一憂してはいけない、大事なのは数字の「中身」だと、デービッド・アトキンソン氏は説く。 伝説のアナリストが、中小企業神話の嘘を暴く!


パーツ&破片コレクション|なべやかん遺産

パーツ&破片コレクション|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「パーツ&破片コレクション」!


中国に尻尾を振り、呑み込まれる韓国|山本光一

中国に尻尾を振り、呑み込まれる韓国|山本光一

クライブ・ハミルトン『目に見えぬ侵略』(小社刊)で中国のオーストラリア侵略計画が明らかになったが、中国の侵略はオーストラリアに留まらず世界各地で繰り広げられ、中でも韓国は、もはや中国にずっぽり呑み込まれてしまっている……。韓国語翻訳者として韓国に精通した著者が、中国の「目に見えぬ」ならぬ、露骨な「目に見える」侵略を徹底解説!(初出:月刊『Hanada』2020年10月号)


菅首相に欠けている国家像|田久保忠衛

菅首相に欠けている国家像|田久保忠衛

自民党総裁選を戦った菅、石破茂、岸田文雄の3候補に共通するのは国家観の欠如だ。国際情勢の中で日本がいかなる位置にあるのかを正確に把握しない限り、国家観は生まれてこない。