検察庁法改正反対論に反対|高池勝彦

検察庁法改正反対論に反対|高池勝彦

検察官の人事について、内閣の関与を許さず検察庁独自で決定することになれば、それこそかつていはれた「検察ファッショ」になりかねない。今回の議論は、戦前の統帥権干犯問題との類似性がある。


検察官の定年延長を可能とする検察庁法の改正案が国会に提出されたことについて、反対意見がネットで拡散し、多くの芸能人なども反対し、ネットが炎上したと伝へられてゐる。全国38の弁護士会が会長声明で反対し、5月11日には日本弁護士連合会(日弁連)が反対の会長声明を出した。

今回の改正案は、「三権分立を揺るがすおそれがある」(日弁連会長)とか、「違法があれば総理大臣すら逮捕できる検察庁の幹部人事を、内閣が恣意的にコントロールできるといふ大問題。どさくさ紛れに火事場泥棒のやうに決められることではない」(5月11日、衆参予算委員会における立憲民主党の枝野幸男代表の発言)といふが、そのやうな大問題ではない。

理解苦しむ日弁連の反対

今回の改正案の重要な点は二つある。一つは、現在、検事総長が65歳、その他の検事は63歳となつてゐる定年を一律に65歳とすること、二つ目は、検事総長を除き、次長検事、検事長、検事正などの役職検事は、63歳になると役職定年といつて平検事となるところを、内閣が必要と判断した場合は65歳、場合によつては66歳まで役職定年を延長できるとしたことである。

これらは、いづれも国家公務員法の規定に適合させたもので、前者については日弁連も反対はしてゐない。しかし、後者については、内閣が自分の気に入つた者の定年延長を図り、政治的に中立でなければならない検察庁をコントロールしようとしてゐるとして日弁連は反対してゐる。

今年1月、政府は閣議決定で、黒川弘務東京高検検事長に国家公務員法を適用して勤務延長をしてゐるが、反対論者は、今回の検察庁法改正をその追認であるといふ。今回の改正案が成立したとしても施行は2年先であるから、黒川氏に改正案が適用されるわけではない。しかし、黒川氏の勤務延長が議論を呼んだところから、安倍内閣はそれを正当化するために、この改正案を提出したから反対だといふのである。

議論ではなく政争だ

そもそも検事は行政機関である法務省の職員であり、従来、検事総長などは内閣が任命することになつてゐるのであるから、内閣が場合によつては任期を延長したからといつて三権分立を揺るがすなどといふやうな大問題ではない。それどころか、検察官の人事について、内閣の関与を許さず検察庁独自で決定することになれば、それこそかつていはれた「検察ファッショ」になりかねない。

今回の議論は、戦前の統帥権干犯問題との類似性がある。統帥権干犯問題は、1930年のロンドン海軍軍縮会議で妥協した案に反対した軍部の一部と結託した政党政治家が、軍縮を認めることは天皇の統帥権を侵害するものであるとして大問題に発展させ、その後の憲法解釈をゆがめる結果になつたのである。

幹部検察官の定年延長の必要性について内閣の裁量をどの程度認めるべきか、粛々と議論すべきであり、問題を大きくして安倍内閣批判と結び付けようとするのは、議論ではなく政争と言ふほかない。 (2020.05.18 国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

高池勝彦

https://hanada-plus.jp/articles/416

国基研副理事長・弁護士。1942年生まれ。早稲田大学第一法学部卒、同大学院法学研究科修士課程修了。弁護士登録(東京弁護士会)の後、スタンフォード・ロー・スクール卒。専門は民亊法学、労働法。東史郎の南京大虐殺関連の書籍に関する名誉棄損訴訟の原告弁護人、百人斬り訴訟の原告側弁護団長、朝日新聞を糺す国民会議弁護団にも加わっている。「昭和の日」ネットワーク副理事長、新しい歴史教科書をつくる会副会長、國語問題協議會会員(監事)。著書に『反日勢力との法廷闘争―愛国弁護士の闘ひ』(展転社)、共著に『新地球日本史』第一巻(産経新聞ニュースサービス)、『日本国憲法を考える』(学陽書房)、『不動産媒介の裁判例』(有斐閣)など。

国家基本問題研究所「今週の直言」
国家基本問題研究所「入会のご案内」

関連するキーワード


今週の直言 検察庁

関連する投稿


ボルトン回顧録に見る米朝関係|島田洋一

ボルトン回顧録に見る米朝関係|島田洋一

話題のボルトン回顧録で明らかとなった米朝交渉の実態と日本への警鐘


無数の人命を危険にさらすイージス・アショア停止|太田文雄

無数の人命を危険にさらすイージス・アショア停止|太田文雄

イージス・アショアの計画停止で、敵ミサイル迎撃の核となるイージス艦の乗員の負担が増せば、人員がただでさえ不足していることに加えて退職者が次々と出て、即応態勢にヒビが入るであろう。ブースターが落下する問題と国の安全保障とどちらが大切か、政治家に重い問いが突き付けられている。


北朝鮮の第2の首領になった金与正氏|西岡力

北朝鮮の第2の首領になった金与正氏|西岡力

北朝鮮専門家を驚かさせた「金与正談話」。金与正氏は今、南北連絡事務所爆破に続く軍事挑発を軍に検討させている!


日本の知略で「手負いの龍」を抑え込め|湯浅博

日本の知略で「手負いの龍」を抑え込め|湯浅博

対中抑止の最前線にある日本は、今回のコロナ危機で「中国離れ」が顕著な欧州、東南アジアを巻き込む戦略的機会を迎えている。軍事力はないが、知略を巡らして超大国を動かす時だ。日本の知略を発揮できるかは安倍政権の力量と柔軟性にかかっている。


憲法審査会は国会の閉会中審査で遅れを取り戻せ|百地章

憲法審査会は国会の閉会中審査で遅れを取り戻せ|百地章

野党の反対で、今国会において憲法審査会が開かれたのは衆議院のわずか1回。サボタージュを続ける審査会のために、衆議院では毎年約2億円、参議院でも約1.6億円の国民の血税が支出されている。これこそ無駄遣いの極みであり、国民はもっと怒るべきだ。責任は、不甲斐ない与党、自民党にもある。


最新の投稿


自称元慰安婦と悪徳活動家集団の正体|山岡鉄秀

自称元慰安婦と悪徳活動家集団の正体|山岡鉄秀

“詐欺師”と“詐欺師”の痴話喧嘩で、積もり積もった嘘と不正がついに噴出!元慰安婦支援団体「挺対協(現・正義連)」とはいったいどんな組織なのか。北朝鮮との関係、日本社会党との秘密会談、「挺対協」結成の経緯が改めて明らかに。銭ゲバたちによる“慰安婦像ビジネス”はもう終わりにすべきだ。


The identity of an organization dealing with the Korean comfort women issue |Tetsuhide Yamaoka

The identity of an organization dealing with the Korean comfort women issue |Tetsuhide Yamaoka

The shameful identity of "the Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan"is now revealing itself through the disgraceful infighting between Ms. Lee Yong-soo, a self-proclaimed former comfort woman, and Ms. Yoon Mi-hyang, the former representative of the Council.


私の映画遍歴|秋山登

私の映画遍歴|秋山登

本誌で毎号映画レビューを連載していただいている、映画評論家の秋山登さん。新型コロナウィルスの影響で映画館は閉鎖、試写会もめっきり減ってしまい、新作レビューができないので、今回は『Hanada』プラスで秋山さんにご自身の映画遍歴を語っていただきました!


“足立議員のいう「辻元清美の疑惑」はすべてデマ”こそ悪質なデマ|足立康史

“足立議員のいう「辻元清美の疑惑」はすべてデマ”こそ悪質なデマ|足立康史

隣の選挙区=大阪10区の辻元清美議員は、そのHPの「デマについて」に、「足立議員のいう「辻元清美の疑惑」は全てデマ」というデマを掲載しています。しかし、この辻元氏の説明こそデマなのです!!!


ボルトン回顧録に見る米朝関係|島田洋一

ボルトン回顧録に見る米朝関係|島田洋一

話題のボルトン回顧録で明らかとなった米朝交渉の実態と日本への警鐘