望月記者には結果責任、ないの?――森ゆうこ×望月衣塑子『追及力』|編集部

望月記者には結果責任、ないの?――森ゆうこ×望月衣塑子『追及力』|編集部

旬の「リベラル本」、どんなことが書いてあるのか確認したいけれど……。そんな本をご紹介するこのシリーズ。今回は森ゆうこ×望月衣塑子『追及力 権力の暴走を食い止める (光文社新書)』(光文社新書)。


編集部・梶原の「リベラル本 ずぼら書評」 『追及力 権力の暴走を食い止める』

旬の「リベラル本」、どんなことが書いてあるのか確認したいけれど……。


そんな本をご紹介するこのシリーズ。今回は森ゆうこ×望月衣塑子『追及力 権力の暴走を食い止める (光文社新書)』(光文社新書)。

国会でのドスの効いた質疑を行っている森ゆうこ議員(自由党)。


そして菅官房長官会見で「目立って」いる望月衣塑子・東京新聞記者。


「旬」な2人の対談となれば読まないわけにはいきません。さっそく「追及にも礼儀あり」という項で(64ページ)こんな話をしています。


 私の追及は容赦がないと言われたりするけれど、私なりに守っているルールとか倫理観というものはあるんですよ。


望月 ぜひ教えてください。


 特に総理に対しては礼を失しないようにすることです。(中略)どうしようもない総理だとしても敬意は払わなければいけないと思うんですよ。だから、総理に質問するときは最低限の礼儀をわきまえます。


望月 ちょっと意外ですね。


望月記者にすら「(敬意を払っているなんて)意外ですね」と言われてしまう森議員。いや、逆に言えば望月記者は「私は総理だろうが誰だろうが礼儀なんて考えていませんが」ということでしょうか? 実際にこのあと、望月記者は驚くようなことを口にします。


望月 私は質問する中で感じたのですが、記者って文章で批判したりしても、自分が顔を出して矢面に立ち、結果責任を負うというのはあまりないんですよね。万が一、誤報を出してしまってもクビになることもないですし。(以下略、66ページ)


エッ、記者って結果責任を負わないのでしょうか。望月記者は続けて「顔を出して答えることには責任感が伴う」「その点は記者と違う」「だから政治家の覚悟や責任の取り方は記者とは全然違う」とは言っています。でもこの言い方、一見、政治家の覚悟を讃えているようで、記者の責任を軽くしていませんか……。


加計学園問題についてはこうおっしゃっています。


望月 本当に問題がないんだったら、それこそ資料を隠さないで全部出せばよかったんです。(中略)おそらく安倍さんはお世話になった加計さんに請われるままに、「早く獣医学部を作ってよ」と言って、設置する流れになったのではないかと推察します。実際にそんなところでしょう。(後略、116ページ)


現役記者が「実際にそんなところでしょう」で済ませていいものでしょうか。余計なお世話ながら、「望月さんはこんなに思い込みが激しくて記者をやっていけるんだろうか」と心配になります。

関連する投稿


末永恵

末永恵

米国留学(米政府奨学金取得)後、産経新聞社入社。産経新聞東京本社外信部、経済部記者として経済産業省、外務省、農水省記者クラブなどに所属。その後、大阪大学特任准教授を務め、国際交流基金(Japan Foundation,外務省所管独立行政法人)の専門家派遣でマラヤ大学(客員教授)で教鞭、研究にも従事。 政治経済分野以外でも、タイガー・ウッズ、バリー・ボンズ、ピーター・ユベロス米大リーグコミッショナー、ダビ・フェレール、錦織圭などスポーツ分野の取材も行う。


なべやかん遺産|「パーツ&破片コレクション」

なべやかん遺産|「パーツ&破片コレクション」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「パーツ&破片コレクション」!


なべやかん遺産|「東宝怪獣雛形」

なべやかん遺産|「東宝怪獣雛形」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「東宝怪獣雛形」!


「実子誘拐ビジネス」の闇 ハーグ条約を“殺した”人権派弁護士たち|池田良子

「実子誘拐ビジネス」の闇 ハーグ条約を“殺した”人権派弁護士たち|池田良子

「実子誘拐」告発キャンペーン第2弾!なぜ日本は「子どもの拉致国家」と呼ばれているのか。その裏には、ハーグ条約を“殺した”人権派弁護士たちの暗闘があった――。なぜ人権派は共同養育に反対するのか。子どもの権利をどう考えているのか。海外のケースだけではない。国内でも「実子誘拐」は日常的に行われているのだ。実名告発!誰も触れられなかった禁断の扉がついに開かれる!


なべやかん遺産|「雛形」

なべやかん遺産|「雛形」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「雛形」!


最新の投稿


英空母とクアッドの共同訓練を提案する|太田文雄

英空母とクアッドの共同訓練を提案する|太田文雄

英空母部隊の東アジア来航時、これにドイツ海軍のみならずフランス海軍も加わったら、英仏独というNATO主要海軍国が揃い踏みすることになり、クアッド(日米豪印4カ国)との共同訓練で中国に対しては強烈なメッセージを発することができる。


あなたたちは北京五輪をボイコットしますか|花田紀凱

あなたたちは北京五輪をボイコットしますか|花田紀凱

《沈黙は賛同であると言われ、強く反省しています。私はいかなる性差別にも反対します》と世界陸上銅メダルの為末大。ならば、問う。「森発言」のどこが「女性差別」にあたるのか。《沈黙は賛同》であるならば、中国が行うウイグルでの「ジェノサイド」にこそ声を上げるべきだ。


『Hanada』編集部オススメ、4月号の「これはウマイ!」

『Hanada』編集部オススメ、4月号の「これはウマイ!」

グルメ通販記事「月刊『Hanada』おすすめ これはウマイ!」、編集部が厳選した今月のオススメはこちら! ぜひ「これはウマイ!」と舌つづみを打ってください。


なべやかん遺産|「究極の癒やしソフビ」

なべやかん遺産|「究極の癒やしソフビ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「究極の癒やしソフビ」!


森元総理への異常なメディア・リンチ|花田紀凱

森元総理への異常なメディア・リンチ|花田紀凱

「男性は会議が長い」には寛容であり、「女性は会議が長い」にはなぜ不寛容なのか。そもそも森元総理の発言のどこが「女性差別」なのか。大新聞、テレビ、週刊誌、ネット、外国メディアまで揃いも揃って叩きまくる、異常なメディア・リンチに花田編集長が物申す!