日本国民が直面する「中国の夢」という危機/『目に見えぬ侵略』解説|山岡鉄秀

日本国民が直面する「中国の夢」という危機/『目に見えぬ侵略』解説|山岡鉄秀

中国共産党の海外工作ネットワークの本格研究本『目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画』。オーストラリアで中国が侵略を進めていっていたが、本書の刊行が強烈な「ウェイクアップ」となり、オーストラリアを変え、アメリカにも大きな影響を与えた――本書の監訳者・山岡鉄秀氏が解説を特別公開!


衝撃を受けた聖火リレーへの中国人学生動員

シドニーで大学院生だったころ、私は中国系の学生達と仲良くなった。彼(女)達はいわゆるABC(Australian Born Chinese)で、オーストラリアで生まれ育った移民第二、第三世代だった。アジア人的でありながら、英語がネイティブで適度に西洋化された彼(女)らとは付き合いやすく、よく助けてもらった。

多文化主義の申し子であり、新しいタイプのオーストラリア人である彼(女)達が世に出て行ったら、この国は一層栄えるだろうな、と楽観的に考えていた。

しかし、私の期待は予想もしない方向で大きく外れてしまったようだ。今、オーストラリアの大学のキャンパスを闊歩する中国人学生たちの多くは、留学生であれ、永住者であれ、在外中国人をコントロールして戦略的に活用することを正式な政策とする本国政府の管理下にあるようだ。

中国人学生団体の代表は中国領事館に繋がり、学生たちに託されたミッションは、中国に批判的な個人や団体の監視、通報をはじめ多岐にわたる。教師が中国に批判的な発言をしたり、中国政府の公式見解に沿わない資料を使ったりしたら、吊るし上げて謝罪を求める。領事館から抗議が入ることもある。私の時代には想像もできなかった。

しかし驚くべきことに、中国人留学生が払う多額の学費に経営依存する大学はいとも簡単に屈して謝罪してしまうのだ。チャイナマネーの魅力の前に言論の自由も学問の自由もあえなく放棄される。

著者のハミルトン教授が遭遇して衝撃を受けたのは、2008年の北京五輪の際に首都キャンベラで行われた聖火リレーに動員された何千人という中国人学生達だった。地元のオーストラリア国立大学から大勢動員された他に、他の都市からもバスを仕立てて続々と乗り込んできたのだ。

彼らは予め調達されたたくさんの五星紅旗を振りかざし、チベット独立派などを見つけては取り囲んで暴力を振るうなどの乱暴狼藉を働いたが、警察は何もできなかった。これと同じことが日本の長野県でも発生したことを覚えている読者もいるだろう。

Getty logo

中国共産党に政策変更をさせた二つの世界的事件

彼らはなぜかくも興奮し、攻撃的だったのか。本書で明らかにされているその理由は、単なる「民族性」では説明できない。その背景には極めて重大な中国共産党の政策変更があったのだ。

その契機となった世界的事件がふたつある。

まず、ソ連の崩壊である。これによって、人民の統治の観点から、マルクス主義の正当性が薄れてしまった。中国共産党は、ソ連や東欧の失敗は「情報開示(グラスノスチ)」のような軟弱な政策を取る状況に追い込まれた弱さにあると考えたので、民主化という選択肢は眼中になく、レーニン主義的国家運営の方針に毛ほどの迷いもなかったが、当地の方法を考え直す必要に迫られた。

その結果、新たな統治の基軸となったのは自民族中心主義(ethnocentrism)だった。もちろん、自民族を最上位に置く中華思想は大昔からあるが、その新しいバージョンは激しい被害者意識と復讐心に特徴づけられている。

「中国は百年にわたり、横暴な西洋と残酷な日本人に踏みにじられて来た。しかし、今や中国人(漢民族)は団結して立ち上がり、偉大なる中華帝国を再興する時が来た」というのである。惨めな犠牲者としての中国の歴史がことさら強調される。

ここでのさらなる特徴は、中国イコール共産党であり、中国人は世界のどこに住んでいても、国籍が何であれ、あくまでも中国人であり、祖国の再興のために貢献しなくてはならない、という思想だ。これは思想にとどまらず、国防動員法などの法律で拘束され、逆らえば母国の親族に危害が及びうる。

もうひとつの世界的事件は2008年のリーマンショックだ。

この時、中国は「西洋型の経済システムが限界を露呈し、それを克服して世界を救済したのは中国だった。これからは中国がアメリカに代わる覇権国となる」と確信し、習近平主席の下、もはや偉大なる中華帝国の再興という夢を隠す必要はないと判断したのだ。

そして、世界中で復讐心に燃え、愛国の為なら何をしても許されると信じる中国人の若者が見られるようになったのだ。

Getty logo

「北京(ベイジン)ボブ」ことボブ・カー元外相

オーストラリアの首相から外相までの名前が

一方、小国としての脆弱性を感じながら経済至上主義に走っていたオーストラリアは、「これからは中国と共に生きなくてはならない」と思い込み、「中国の夢」を両手を広げて迎え入れてしまったのである。

そんなオーストラリアを中国は西洋最弱と見なし、浸透工作による属国化計画の実験場として選んだ。

それにしても、オーストラリアの首相経験者を始めとする著名な政治家のなんと多くが中国に取り込まれ、中国の代弁者になってしまったことにため息をつかざるを得ない。ボブ・ホーク、ポール・キーティング、ジョン・ハワードなどの元首相を始め、元外相のボブ・カーに至っては、「北京(ベイジン)ボブ」と仇名されたほどである。

私が個人的にショックを受けたのは、クレッグ・ローンディという連邦議員の名前を本書で見つけたことである。

私がかつて仲間たちとシドニー郊外のストラスフィールド市で、慰安婦像公有地設置に反対する活動をしていたとき、こちらの立場を説明して理解を求めた地区選出議員のひとりがローンディ議員だった。その彼がまさかここまで中国と抜き差しならぬ関係とは知らず、改めてぞっとした。

中国による浸透工作が半ば完了しつつあったとき、強烈なウェイクアップコールとなったのが、ハミルトン教授による本書「サイレント・インベージョン」である。

本書はオーストラリアを変え、アメリカにも大きな影響を与えた。新型コロナウィルスによる惨禍で、中国という一党独裁国家の脅威に世界中が目覚めつつある今、ひとりでも多くの日本国民が直面する危機の本質に気付いてくれることを訳者の奥山真司先生と共に強く願っている。

目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画

著者略歴

クライブ・ハミルトン

https://hanada-plus.jp/articles/371

オーストラリアの作家・批評家。著作に『目に見えぬ侵略:中国のオーストラリア支配計画』(Silent Invasion: China’s Influence in Australia)『成長への固執』(Growth Fetish)、『反論への抑圧』(Silencing Dissent:サラ・マディソンとの共著)、そして『我々は何を求めているのか:オーストラリアにおけるデモの歴史』(What Do We Want: The Story of Protest in Australia)などがある。14年間にわたって自身の創設したオーストラリア研究所の所長を務め、キャンベラのチャールズ・スタート大学で公共倫理学部の教授を務めている。

監訳者略歴

山岡鉄秀(Tetsuhide Yamaoka)

https://hanada-plus.jp/articles/206

情報戦略アナリスト。日本国際戦略研究所(DMMオンラインサロン)主宰者。公益財団法人モラロジー研究所研究員。1965年、東京都生まれ。中央大学卒業後、シドニー大学大学院、ニューサウスウェールズ大学大学院修士課程修了。22014年4月豪州ストラスフィールド市で中韓反日団体が仕掛ける慰安婦像公有地設置計画に遭遇。シドニーを中心とする在豪邦人の有志と共に反対活動を展開。オーストラリア人現地住民の協力を取りつけ、一致団結のワンチームにて2015年8月阻止に成功。現在は日本を拠点に言論活動中。著書に、国連の欺瞞と朝日の英字新聞など英語宣伝戦の陥穽を追及した『日本よ、もう謝るな!』(飛鳥新社)など。

関連する投稿


「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

「全家腐」から見た中国的道徳心の異質性(上)|石平

中国が、共産党幹部による腐敗が酷い「腐敗大国」であることはよく知られている。だがその「腐敗」には中国ならではのある特徴がある。日本人の想像を超えた「腐敗大国」の実態。


“新冷戦”で「命」が守れない日本人|門田隆将

“新冷戦”で「命」が守れない日本人|門田隆将

ウイルスと共に世界を侵略し、民主主義の本家・米大統領選まで破壊した中国。2021年も、中国の覇権主義は止まらないだろう。このままでは日本が滅びかねない――日本が生き残るための唯一の道とは。


元旦早々、読売の渡邉恒雄主筆に問いたい| 花田紀凱

元旦早々、読売の渡邉恒雄主筆に問いたい| 花田紀凱

新聞はもう終わってしまったのか。朝日新聞ではなく、毎日新聞でもなく、「元旦の読売の1面はなんだ!」と花田編集長が読売新聞に大激怒!読売新聞オンラインには「独自」の文言も……。『週刊新潮』の焼き直しを「独自」と呼ぶ、恥知らずな読売新聞に物申す!


背筋が凍りついた中国による『目に見えぬ侵略』|石平

背筋が凍りついた中国による『目に見えぬ侵略』|石平

『目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画』(飛鳥新社刊)を読むのは、私にとっては近年に滅多にない、強烈な読書体験であった。


日本は民主主義の守護者の役割を担え/『見えない手』日本語版前書き

日本は民主主義の守護者の役割を担え/『見えない手』日本語版前書き

6万部突破のベストセラー『目に見えぬ侵略』の第二弾『『見えない手 中国共産党は世界をどう作り変えるか』が発売! アメリカ、イギリス、EU各国での中国の影響力工作を実名で暴露、前作以上の衝撃があります。さらに日本についても特別加筆があり、必読の書です。その日本語版前書きを特別公開! 「言論の自由と報道の自由は中国共産党にとって最大の敵であり、我々はこれを最優先事項として守らなければならない」(本文より)


最新の投稿


月刊『Hanada』2021年3月残雪号

月刊『Hanada』2021年3月残雪号

本当の悪者は誰なのか。菅総理か、トランプ前大統領か、習近平独裁の中国か、“コロナ脳”に感染したマスコミか、アホでマヌケな野党か――。288ページの大ボリュームで、日本を分断する「病」に迫る!韓国慰安婦判決の真相、NHK捏造疑惑、爆笑問題をはじめとする豪華連載陣、グラビア特集「ありがとう嵐、また会う日まで」など3月号も永久保存版!


空しく響いた「団結」の呼び掛け|田久保忠衛

空しく響いた「団結」の呼び掛け|田久保忠衛

バイデン米大統領の就任演説にはいささかうんざりした。トランプ前大統領に票を投じた7400万人の神経を逆なでし、非民主主義的行動を挑発し、対立を呼び戻さないだろうか。米国は南北戦争以来の深刻な対立を秘めながら前進しようとしている。


北朝鮮党大会、金与正氏降格の背景|西岡力

北朝鮮党大会、金与正氏降格の背景|西岡力

政治局員候補から外れ、党の第1副部長からただの副部長に降格された金与正氏。与正氏は、金正恩氏の総書記就任は時期尚早と反対したとされる――いま北朝鮮で何が起きているのか。「日朝首脳会談を検討」との情報も!


バイデン政権を「身体検査」する!|島田洋一

バイデン政権を「身体検査」する!|島田洋一

どの色に染まるか分からない「カメレオン左翼」カマラ・ハリス副大統領を筆頭に、警戒すべきジョン・ケリーや党官僚タイプのアントニー・ブリンケンなどバイデン政権の閣僚をいち早く「身体検査」することで見えてきた新政権の実像。


バイデン一族の異常な「習近平愛」|石平

バイデン一族の異常な「習近平愛」|石平

バイデン大統領の習近平に対する「偏愛ぶり」は異常だ!オバマ政権時代、副大統領としての8年間に中国とどう付き合ってきたのか――事あるごとに習近平との蜜月ぶりをアピールするばかりか、遂には習近平の暴挙を容認し同盟国日本と国際社会を裏切ってきた。断言する、バイデンは「罪人」である!