なべやかん遺産|「半魚人」

なべやかん遺産|「半魚人」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「半魚人」!


絶対王者クラスのキャラ

ここ数年、ハリウッド映画に登場するヴィラン(敵)がどうも気に入らない。マーベルもDCもそうだが、かっこいいヴィランが誕生していない。ホラー映画も同様で、ホラー界のスーパースターが誕生していない気がする。ちょっとしたスタークラスはいるが、ボクサーでいうところのマイク・タイソンのようなキャラがいないのだ。

新型コロナウィルスで“おうち時間”が続いていると新作映画も観られないので昔の映画を観たり、部屋の整理をして昔買った本や懐かしい写真を発見して「これは何かに使えるぞ!」と新たなヒントが生まれている。

過去の写真や資料や映像作品を見ていると「やっぱり昔の作品には絶対王者クラスのキャラが登場するな」と独り言も飛び出す始末。年を取ると独り言が多くなると言うが、おうち時間中の片付け中の独り言率はかなり高かったので、自分が年を取った証拠かもしれない。

部屋の中から再発掘される過去の資料や写真。思い出の写真の束を見ている時、2003年に行ったアメリカ旅行の写真が出て来た。この旅での一番の思い出は、絶対王者クラスのキャラに出会った事だ。そのキャラが登場したのは古い作品なのだけど古さを一切感じさせないから凄い。だからこそ絶対王者クラス。

今回はそのキャラの話をしよう。僕が大・大・大好きなキャラ、半魚人・ギルマンが今回の主役だ。

オリジナルのギルマン。当時作られたギルマンを型取りし複製した物なのでとても貴重だ。

デザインが良いだけでは後世には残らない

『大アマゾンの半魚人』(1954)に登場したギルマン。すらっとした細身の長身で手足が長い。高身長、細身、手足長、この三要素が異星人や異生物のかっこ良さを際立たせるのだろう。

『エイリアン』(1979)に登場したビッグチャップ(最初のエイリアンの事)もこの三要素を持っているので絶対王者クラスのキャラになったのだと思う。

キャラクターを作る時「スーツアクターは誰でも構わない」ではなく、プロポーションに拘った人材選びが大切なのだと思っている。スーツアクターがスタイル抜群だとキャラクターにも反映されるという事になる。

この美しいギルマンのデザインはミリセント・パトリックさんという女性だった。ミリセントさんは優秀で『宇宙水爆戦』(1955)のメタルナミュータントのデザインもしている。メタルナミュータントもギルマン同様に大好きなキャラクターなので、この女性の創造力の素晴らしさに感服し尊敬してしまう。

デザインが良いだけでは後世に残るキャラクターにはならない。やはり造形物を作る人間の技量も大切だ。1954年、55年という、今からしたら遥か大昔だけれども造形力があるセンスの良い人がいたからこそ素晴らしいスーツを作り上げる事ができたのだ。

そして、それを際立たせるスタイル抜群のスーツアクター。これらも揃えば絶対王者が誕生する。

関連する投稿


なべやかん遺産|「価値のない物」

なべやかん遺産|「価値のない物」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「価値のない物」!


なべやかん遺産|手踊り人形

なべやかん遺産|手踊り人形

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「手踊り人形」!


なつやすみ大作戦2022|なべやかん遺産

なつやすみ大作戦2022|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「なつやすみ大作戦2022」!


林真理子さんが感服! 村西とおる「有名人の人生相談『人間だもの』」

林真理子さんが感服! 村西とおる「有名人の人生相談『人間だもの』」

「捨て身で生きよう、と思える一冊。私の心も裸にされたくなりました」(脚本家・大石静さん)。「非常にいい本ですね、ステキ」(漫画家・内田春菊さん)。そして村西とおる監督の「人生相談『人間だもの』」を愛する方がもうひとり。作家の林真理子さんです。「私はつくづく感服してしまった」。その理由とは?


なべやかん遺産|「フィギュアイベント」

なべやかん遺産|「フィギュアイベント」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「フィギュアイベント」!


最新の投稿


なべやかん遺産|「価値のない物」

なべやかん遺産|「価値のない物」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「価値のない物」!


ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

ロシアと北朝鮮の「悪の取引」|西岡力

米韓軍事演習への対抗措置として、4日間で39発のミサイル乱射した北朝鮮。その常軌を逸した行動の裏には、ロシアの影が――。


【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

【独占スクープ!】統一教会問題の「黒幕」|福田ますみ

新潮ドキュメント賞を受賞したノンフィクション作家の福田ますみ氏が、「報じられない旧統一教会問題」を徹底取材。第2回目は「統一教会問題の『黒幕』」。自らの正体と真の狙いを35年間ひた隠しにしてきた巨悪の実態。


虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

虚しき岸田政権のコピペ外交|山口敬之【WEB連載第21回】

11月13日、東アジアサミットで中国を名指しで批判した岸田首相。「岸田首相は覚醒した」「初めて毅然とした姿勢を示した」と評価する声も出たが、はたして本当にそうだろうか。岸田首相の発言を検証すると、バイデン大統領の発言と「ウリ二つ」であることがわかった――。(サムネイルは首相官邸HPより)


【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

【読書亡羊】中台統一に「タピオカ屋」まで使う習近平 川島真、小嶋華津子編『UP Plus 習近平の中国』(東京大学出版会)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!