月刊『Hanada』2020年5月初夏号

月刊『Hanada』2020年5月初夏号

5月号も永久保存版!なぜ早期に、安倍首相は中国全土からの入国禁止をしなかったのか。コロナ・ショックで日本経済はどうなるのか。イタリアの失敗の本質、習近平の宣伝戦、テレビ報道の欺瞞、コロナ後の世界など「武漢肺炎」をあらゆる角度から徹底分析!テレビ報道ではわからない、わからなかった情報や秘話が満載。「『実子誘拐ビジネス』の闇!人権派弁護士らのあくどい手口」(告発スクープ!)、「教科書検定問題徹底追及第2弾!」など注目記事が盛りだくさん。5月号は伝説の号に、きっと、なる!


月刊『Hanada』2020年5月初夏号

【総力超大特集200ページ!武漢肺炎、日本は負けない! 】

□エドワード・ルトワック 世界最強の戦略家が大分析! 新型コロナウイルスが暴いた真実
□櫻井よしこ×上念司×門田隆将 武漢肺炎大闘論130分
□スティーブン・バノン(元米大統領首席戦略官)  中国共産党は人類にとって危険だ
□小川栄太郎 安倍総理の決断が感染爆発を止めた

□佐藤正久 早期終息へ緊急事態宣言を
□田村秀男 消費税5%以下をただちに断行せよ!
□デービッド・アトキンソン コロナショックは日本経済大転換のチャンス
□木村盛世 私たちが今、考え、備えるべきこと

□松川るい 習近平の宣伝戦略にこう対抗せよ
□山口敬之 安倍首相、大決断の舞台裏【首相官邸ドキュメント】
□福島香織 習近平のプロパガンダ「米軍が武漢にウイルスを持ち込んだ」
□宮崎紀秀 静寂の北京 仁義なき日常生活【現地ドキュメント】

□室谷克実 「悪いのは新天地教会だ」 文在寅の責任転換
□長谷川幸洋 国際社会は習近平の制圧作戦は第二の“文革"
□堤堯×久保絋之 国際社会は習近平に損害賠償を請求しろ! (蒟蒻問答)
□藤原かずえ 詭弁・逆ギレ 玉川徹は何様だ!

□金美齢 「指示待ち」日本人、甘えの構造
□八幡和郎 感染症と日本人知られざる闘いの歴史
□酒井亨 親日国・台湾に学べ「武漢肺炎」防護策

□青山繁晴 現在(いま)しかできない(澄哲録片片)
□佐藤優 新型コロナウイルスをめぐる危機(猫はなんでも知っている)

□有本香 習近平の「説教強盗」を断罪せよ(香論乙駁)
□山岡鉄秀 武漢肺炎で覚醒せよ、ニッポン! (日本エア野党の会)
□山際澄夫 「ない」ことを「ある」という国(左折禁止!)
□門田隆将 最長政権に無視された自民党(現場をゆく)

【特集 韓国政界、大混乱】

□西岡力 新型コロナウイルスでかき消された、文在寅の重大疑惑
□李栄薫 『反日種族主義』 李栄薫教授、憂国の大演説!「共産主義コレラ」に感染した文在寅
□重村智計 異端のキリスト教会で感染拡大したが、「赦し」はない韓国(朝鮮半島通信)

【教科書検定問題徹底追及第2弾!】

□藤岡信勝×高池勝彦×皿木喜久 「つくる会」教科書の不合格 今回の検定は「不正かつ違法」

【告発スクープ!】

□牧野のぞみ 「実子誘拐ビジネス」の闇! 人権派弁護士らのあくどい手口

【秘話公開】

□西川清史(前文藝春秋社副社長) 『週刊文春』グラビア 35年の汗と涙

【わが人生に悔いなし】

□瀬戸内みなみ 田崎真也(日本ソムリエ協会会長) 美しく食べて楽しく飲むために

【新連載 私のらくらく健康法】

□第四回 高田明(ジャパネットたかた創業者) 過去や未来に捉われず、今を生きる (取材・文/笹井恵里子)

【新連載 暮らしの救急箱】

□笹井恵里子 第四回 高齢者が長く眠る必要はない

【新連載 ボケない食事】

□白澤卓二 第四回 三丁目の夕日を眺めながら赤ワインを二杯飲みなさい

【グラビア特集】

□マスク美人

【大反響連載!】

□平川祐弘 一比較研究者(コンパラティスト)の自伝 平川家の人々
□西村眞 日本人、最期のことば・永井荷風
□高田文夫 月刊Takada

□加地伸行 一定不易
□九段靖之介 永田町コンフィデンシャル
□蛭゛芸子 電脳三面記事
□河村真木 世界の雑誌から
□堤堯の今月この一冊
□向井透史 早稲田古本劇場
□みうらじゅん シンボルズ
□岡康道 すべてはいつか、笑うため。
□高野ひろし イカの筋肉
□秋山登の今月この一本+セレクション
□なべおさみ エンドロールはまだ早い
□小林詔司 コバヤシ鍼灸院
□村西とおる 人生相談「人間だもの」
□爆笑問題 日本原論

□編集部から、編集長から

関連する投稿


「2020年7月号」新聞広告大公開!

「2020年7月号」新聞広告大公開!

7月号の新聞広告は、産経、読売、日経ともに伏字なし!7月号は地方紙に広告を掲載していないため、久しぶりに武漢ウイルス含めNGゼロに。伏字ファンの方には申し訳ないのですが……これが本来のカタチです。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年7月青葉号

月刊『Hanada』2020年7月青葉号

緊急事態宣言が全面解除されたとはいえ、「第二波」をどう乗り切るか、経済をどう立て直すか、コロナ終息までの道のりはまだまだ険しい。野党は「コロナ」より「ケンサツ」に夢中だが、本当にそれでいいのか。米中情報戦争、日本を殺す「専門家会議」、どうなる世界経済、ゼロリスク扇動者、『武漢日記』、「コウモリ女」、「75億人の肉」、コロナ後の世界、香港“民主化の女神”、金正恩死亡説、検察庁法改正、尖閣諸島、消費減税、「実子誘拐」など、あらゆる問題をあらゆる角度で徹底検証!悪意ある“キャンペーン”に釣られない方たちに捧ぐ!


「2020年6月号」新聞広告大公開!

「2020年6月号」新聞広告大公開!

自粛なのか、思想なのか、安全運転なのか。6月号の新聞広告もかなりおもしろい展開に!「武漢ウイルス」NGもあれば、まさかの言葉に●●が…。あなたの新聞はどのタイプ? 新聞社のスタンスがまるわかり、全5パターンを特別公開!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2020年6月雨蛙号

月刊『Hanada』2020年6月雨蛙号

日本は「ダメ」な国。そのようなイメージで報道するマスコミが多いが、果たして本当にそうなのだろうか。「緊急事態列島、日本人の底力」と題して、安倍官邸の知られざる舞台裏から世界の現地レポートまで、あらゆる角度で徹底検証!「実子誘拐ビジネスの闇」(スクープ第2弾!)、「追悼 志村けん」(高田文夫)、「金正恩 北朝鮮の深層」(西岡力)、「ざんねんな石破茂」(阿比留瑠比)、「令和2年、桜咲く」(グラビア特集)など、6月号も永久保存版!危機ばかりを煽るメディアにうんざりしている方たちに捧ぐ!


「2020年5月号」新聞広告大公開!

「2020年5月号」新聞広告大公開!

完売続出の5月号。今回の新聞広告もかなりおもしろい展開に…。「武漢肺炎」「武漢ウイルス」がOKなところもあれば、NGなところも。なかには「親日国・台湾」がNGな新聞社も。あなたの新聞はどのタイプでしょうか。新聞社のスタンスがまるわかり、全5パターンを特別公開!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


最新の投稿


ポスト・コロナの世界と日本の国防|山際澄夫【左折禁止!】

ポスト・コロナの世界と日本の国防|山際澄夫【左折禁止!】

「日本政府の肝っ玉はネズミより小さい」(李登輝)。日本政府はどこまで中国に遠慮すれば気がすむのか。米国の圧倒的な軍事力と経済力に日本はいつまで依存するのか。「米中関係の守護者」であるヘンリー・キッシンジャーの論考から、ポスト・コロナの世界を読み解く!日本にとってポスト・コロナの世界新秩序は、自由も法の支配もない大国が覇権を握る暗い時代かもしれない――。


【周庭インタビュー】中国の香港大弾圧はとまらない|聞き手・福島香織

【周庭インタビュー】中国の香港大弾圧はとまらない|聞き手・福島香織

中国の全国人民代表大会(全人代)は5月28日、香港での反中活動を取り締まる国家安全法制の導入を決めて閉幕した。香港では、中国の統制が強化されて「一国二制度」が崩壊しかねないとして懸念の声が広がり、今後抗議活動が激しくなることが予想される。『Hanada』2020年7月号では、”民主化の女神”周庭氏に独占インタビューを行い、新型コロナ感染拡大の中で闘う香港の人々について話を聞いた。聞き手はジャーナリストの福島香織さん。今回はそこから一部を抜粋して掲載。日本から香港にもっとエールを!


なべやかん遺産|「半魚人」

なべやかん遺産|「半魚人」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「半魚人」!


トバク、トバクと正義漢面するな| 花田紀凱

トバク、トバクと正義漢面するな| 花田紀凱

昨日「Yahoo!ニュース個人」で公開した記事が、まさかの非公開に…。というわけで、編集長が記した「幻の記事」を特別公開!この記事のどこに問題があるのか。表現の自由とは何なのか。あたかも大罪のようにトバク、トバクと非難する正義面した芸能人に物申す!


日本国民が直面する「中国の夢」という危機/『目に見えぬ侵略』解説|山岡鉄秀

日本国民が直面する「中国の夢」という危機/『目に見えぬ侵略』解説|山岡鉄秀

中国共産党の海外工作ネットワークの本格研究本『目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画』。オーストラリアで中国が侵略を進めていっていたが、本書の刊行が強烈な「ウェイクアップ」となり、オーストラリアを変え、アメリカにも大きな影響を与えた――本書の監訳者・山岡鉄秀氏が解説を特別公開!