なべやかん遺産|「大魔神」

なべやかん遺産|「大魔神」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し!


「怖くないですか?」

「コレクションルームに古い人形が沢山ありますが、怖くないですか?」
「不気味な物が沢山ありますが、変な事が起こったりしませんか?」

 そんな質問をされたことが、これまで何度あっただろう? 北海道岩見沢市にある萬念寺の髪の毛が伸びるお菊人形をイメージしての質問なのか、たんにアンティークの怪獣ソフビが並んでいるから恐怖を感じるのか、その辺は全くわからないがそういった質問は取材の度にされているような気がする。

子供が大切に遊んでいた玩具、それに魂が宿るなんてお話はあちこちで聞くが、そういったことで恐怖する人にはこう言ってやる。
「彼らが大切にしていた玩具を、より一層大切にして保存しあげているのだから感謝されていると思う。逆恨みは許さない」

これで多くの質問者は納得してくれる。がしかし、怪奇現象が起こったこともある。
ショーケース内のどこを探しても見つからない怪獣ソフビがあった。見つからないので仕方なくヤフオクで同じ物を落札し、その怪獣が届いたのでコレクションルームに持って行くと、一番目立つ場所に探していた怪獣ソフビがあったりする。
 
ある時は、何となく気になる怪獣を見つめていた。しばらく見ていると、怪獣の首がクルッと一回転。この時の自分のリアクションはどうだったかと言うと、いたって冷静で「ふーん、そう来ましたか」的な感じで怖がったりビックリしたりもしなかった。

①高山さんが晩年に彫刻した大魔神ヘッド。

円谷監督は最強の抑止力

わが家には映画で使った妖怪やゾンビや悪魔など様々な物がある。一応、怪奇現象が起こったもの、悪のパワー漲るキャラクターを陳列している場所には、それなりの予防をしている。それはどんな対策かと言うと、そいつらより強い物を近くに置くことにしているのだ。

例えば、ウルトラマンに登場した怪獣であれば、その横にウルトラマンのフィギュアを置く。彼らはウルトラマンにはかなわない。東宝怪獣であれば、横にゴジラを置く。「ゴジラ最強。お前らが絶対に勝てない相手だからな」と口に出して言ってから置くようにしている。これが彼らには抑止力になるのだ。

仮にウルトラマンやゴジラが悪さをしたらどうするか? その時は円谷英二フィギュアを置こうと思っている。

「お前達の生みの親だからな!」

円谷監督は最強の抑止力になるだろう。

妖怪、ゾンビ、悪魔、彼ら対策もちゃんと考えている。彼らに勝てるのは、やはり神しかいない。よって、そこに置かれるのは大魔神となる。つまり、わがコレクションルームは大魔神が守っていると言っても過言ではないのだ!

②撮影当時高山良策さんが彫刻した大魔神。

ブルース・リーと戦った日本人

大魔神というと“球界の大魔神”という言葉を耳にした人も多いのではないだろうか? 横浜大洋ホエールズから大リーグのマリナーズに行った佐々木主浩さんは大魔神の愛称で呼ばれていた。

確かに大魔神に顔は似ているが、自分は常に「球界の大魔神は大魔神の中にいる」と言っている。
「大魔神の中にいる」とはどういうことか説明しよう。

大魔神のスーツアクターを務めたのは橋本力さん。その橋本力さんは、大毎オリオンズ所属の元プロ野球選手。目力のある大魔神、それこそが橋本力さんなのだ。

橋本力さんの顔を拝みたい人はブルース・リーの映画『ドラゴン怒りの鉄拳』を見ると良いだろう。橋本力さんは大魔神のスーツアクターだけでなく、ブルース・リーと戦った貴重な日本人でもあるのだ!

③大魔神ソフビ。鞘のあるナシで価値が違う。

大魔神ソフビは鞘が命

コレクションルームを守る大魔神コレクションを紹介しよう。まずは、大魔神頭部(写真①)。当時撮影用大魔神を作った高山良策さんが、晩年に作った頭部である。

撮影用のオリジナルではないが、高山さんが作った物は全て価値がある。高山さんは怪獣特撮ファンにとって神のような存在。
高山さんが作った怪獣のぬいぐるみは素晴らしいものが多く、今でもそれらを超えるぬいぐるみは劇中に登場していない。

大魔神胸像(写真②)は、映画撮影当時、高山さんがスタッフに配った物だ。写真では見えないが、腕の付け根に高山さんのサインが刻印されている。一日中眺めていても飽きることのない造形物だ。

当時、マルサン商店から大魔神のソフビ人形(写真③)が発売された。腰に取り付けられている刀の鞘が取れやすく、鞘がちゃんと付いているものは値段が高い。大魔神ソフビは鞘が命。

④プラモデルのレプリカ。当時物が欲しい

マルサンからは大魔神のプラモデルも発売されているが、自分の持っているものはレプリカ品(写真④)で、これがマルサンのオリジナル品だったら高級品になる。

マルサンは六七年に会社名をマルザンに改名し六八年に倒産。その時、倉庫には大魔神のプラモデルが山積みになっていたらしい。タイムマシーンがあれば、倉庫ごと買い取りたい。
 
大量処分の影響か、それともただ単に売れなかったのかはわからないが、大魔神プラモデル箱入り未組み立てはオークションにも専門ショップにも滅多に出てこない。出てこないということは高額商品なので、当時の在庫を今売れば東京の世田谷区に一軒家が買えるくらい稼げるだろう。

大魔神は今日もわがコレクションルームを守っている。一番ご利益がありそうな胸像は、エクソシストのリーガンやヘル・レイザーと一緒に置いている。

大魔神は神としてもコレクターアイテムとしても偉大な存在なのだ。

(撮影/佐藤英明)

コレクションルームを守っている大魔神。この目に睨まれたら魔物達もおとなしくなる。

なべやかん

https://hanada-plus.jp/articles/304

昭和45年8月22日生まれ。たけし軍団初の2世タレントとして、91年デビュー。趣味の特撮キャラ収集では、30年以上前から専門誌やイベントで資料提供している。主催のお笑いライブは、個人主催では最長記録である。

最新の投稿


ポスト・コロナの世界と日本の国防|山際澄夫【左折禁止!】

ポスト・コロナの世界と日本の国防|山際澄夫【左折禁止!】

「日本政府の肝っ玉はネズミより小さい」(李登輝)。日本政府はどこまで中国に遠慮すれば気がすむのか。米国の圧倒的な軍事力と経済力に日本はいつまで依存するのか。「米中関係の守護者」であるヘンリー・キッシンジャーの論考から、ポスト・コロナの世界を読み解く!日本にとってポスト・コロナの世界新秩序は、自由も法の支配もない大国が覇権を握る暗い時代かもしれない――。


【周庭インタビュー】中国の香港大弾圧はとまらない|聞き手・福島香織

【周庭インタビュー】中国の香港大弾圧はとまらない|聞き手・福島香織

中国の全国人民代表大会(全人代)は5月28日、香港での反中活動を取り締まる国家安全法制の導入を決めて閉幕した。香港では、中国の統制が強化されて「一国二制度」が崩壊しかねないとして懸念の声が広がり、今後抗議活動が激しくなることが予想される。『Hanada』2020年7月号では、”民主化の女神”周庭氏に独占インタビューを行い、新型コロナ感染拡大の中で闘う香港の人々について話を聞いた。聞き手はジャーナリストの福島香織さん。今回はそこから一部を抜粋して掲載。日本から香港にもっとエールを!


なべやかん遺産|「半魚人」

なべやかん遺産|「半魚人」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「半魚人」!


トバク、トバクと正義漢面するな| 花田紀凱

トバク、トバクと正義漢面するな| 花田紀凱

昨日「Yahoo!ニュース個人」で公開した記事が、まさかの非公開に…。というわけで、編集長が記した「幻の記事」を特別公開!この記事のどこに問題があるのか。表現の自由とは何なのか。あたかも大罪のようにトバク、トバクと非難する正義面した芸能人に物申す!


日本国民が直面する「中国の夢」という危機/『目に見えぬ侵略』解説|山岡鉄秀

日本国民が直面する「中国の夢」という危機/『目に見えぬ侵略』解説|山岡鉄秀

中国共産党の海外工作ネットワークの本格研究本『目に見えぬ侵略 中国のオーストラリア支配計画』。オーストラリアで中国が侵略を進めていっていたが、本書の刊行が強烈な「ウェイクアップ」となり、オーストラリアを変え、アメリカにも大きな影響を与えた――本書の監訳者・山岡鉄秀氏が解説を特別公開!