【今週のサンモニ】サンモニならではの否定とデマ|藤原かずえ

【今週のサンモニ】サンモニならではの否定とデマ|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


いつものように番組は、番組の論調に100%合致するシニカルな発言だけを街の声として紹介しました。

そもそも34年前のバブル崩壊時の状況を知る由もない30代の公務員が「またバブルみたいに弾けちゃうんじゃないかな」と経験論で語っているのは、無理やり感満点です(笑)。

おそらく、これらの回答には【黙従バイアス acquiescence bias】という認知バイアスが作用していることが考えられます。一般に、アンケートの被験者は、質問に含まれた暗示を肯定的にとらえて回答する傾向があります。

例えば、街角でインタヴューを受ける人は、テレビのレポーターの質問から「求めている回答内容」を察知し、その論調に合った回答をしてしまうのです。多くの場合、編集映像の街角インタヴューは、番組がどのような意見を結論とするかの伏線と言えます。今回もそうでした。

「歪んだ株高」

アナウンサー:日本銀行の植田総裁は…
日本銀行・植田和男総裁:日本経済はデフレではなくインフレの状態にある。雇用賃金が増加する中で物価も緩やかに上昇する好循環が強まっていくと考えています。
アナウンサー:デフレからの脱却を目指してきた中で、それが実現し、今後賃金も上昇していくと自信を見せました。ところが…
会社員(20代):まだちょっと信じられない。数値だけじゃなくて、実生活でも体感できるようなことがあれば嬉しい。
公務員(30代):30ちょっと生きてますけど、すごく景気が良かったことがないので、景気が良くなると言われても
アナウンサー:歴史的な株高の中で、生活が潤う実感は拡がっていません。

さすがは『サンデーモーニング』、しっかりと植田総裁の前向きな声を、街の後ろ向きな声を使って否定しています。まるで、日本の景気が良くなって人々の生活が潤うことに警戒感を持っているかのようです(笑)。

ちなみにサンモニの番組視聴者は、岸田首相や植田総裁のような権力者の意見よりも、番組が紹介するような庶民の声を信じます。なぜなら、番組視聴者は、【格言に訴える論証 appeal to aphorism】によって紹介される「権力者は必ず腐敗する」という格言を常日頃擦り込まれているのと、【彼がそう言っている論証 ipse dixit / he, himself, said it】によって紹介される「口コミ」を信じるよう教育されているからです。

さて、この話題にコメントを発したのは、我らが寺島実郎氏です。

寺島実郎氏:整理しておくと、「歪んだ株高」だということをしっかり見抜かなければいけない。

関連する投稿


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【今週のサンモニ】さようなら、関口宏さん!|藤原かずえ

【今週のサンモニ】さようなら、関口宏さん!|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【今週のサンモニ】怒りを煽りながら禅問答を繰り返す|藤原かずえ

【今週のサンモニ】怒りを煽りながら禅問答を繰り返す|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【今週のサンモニ】思考停止に繰り返される「多様性・反戦アピール」|藤原かずえ

【今週のサンモニ】思考停止に繰り返される「多様性・反戦アピール」|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【今週のサンモニ】陰謀論にしても雑過ぎる佐高信|藤原かずえ

【今週のサンモニ】陰謀論にしても雑過ぎる佐高信|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今週は久々の登場の佐高信氏が相変わらずだったようです。


最新の投稿


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。