【読書亡羊】「SNSを駆使する情報弱者」に日本を滅ぼされないために必要なこと ウィル・ソマー『Qアノンの正体』(河出書房新社)

【読書亡羊】「SNSを駆使する情報弱者」に日本を滅ぼされないために必要なこと ウィル・ソマー『Qアノンの正体』(河出書房新社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


「トランプ第二章」でも彼らが暗躍

トランプのアメリカ・第二章が始まるのか。大統領選まで一年を切った現在、座組が再びトランプvsバイデンになりそうな様相を呈している。

世界を揺るがせた2020年1月6日の米議会突入事件については、ジャーナリズムだけでなく裁判をも通じて、実態解明も進んでいるが、そうした事実もトランプ候補の勢いを削ぐことにはつながらないようだ。

トランプ氏を「闇の政府(ディープステート)と戦う光の戦士」に位置付ける支持者で、現実からかけ離れた世界観、認知を形成している人たちが「Qアノン」だ。今回取り上げるウィル・ソマー著、西川美樹訳『Qアノンの正体――陰謀論が世界を揺るがす』(河出書房新社)は、そうした人々の実像に迫っている。

筆者は「Qアノンの天敵」と呼ばれるジャーナリスト。国際政治を専攻する大学在学中から右派系・陰謀論系メディアの取材を中心に活動を始め、現在はワシントン・ポストの記者だ。

本書によれば、アメリカを覆う陰謀論の影はネットを介して広がり、ネットを飛び出して現実社会に影響を及ぼす。急に「敵である」とさらされて一斉にネットで攻撃されて生活を脅かされる人もいれば、命を奪われるものもいる。トランプ支持の声を見れば分かるように、政治への影響は言うまでもない。

Qアノンの正体――陰謀論が世界を揺るがす

人間にとって最も惨めなこと

ありとあらゆる現実社会への影響を様々な角度から、当事者や周囲の人々の取材を通じて迫っている。アメリカのあまりの惨状に言葉を失うが、より恐ろしいのはあちこちで「日本社会との類似点」を見つけてしまうことだろう。

例えば第3章〈Qの神官たち〉を読むと、日本のSNS(特にツイッター=X)で起きていること、そのものと言っていい。

ある業界の有名人が、Qの伝道師的な力、つまりSNS上で数字を持っている匿名の人物に突如「敵である」と名指しされ、陰謀論の信奉者であるQアノンの集中砲火を浴びることになる。脅迫、嫌がらせから始まって、自宅を突き止められるのではないかと恐れて引っ越しを余儀なくされるなど、私生活も破壊される。

名指しされた側に、思い当たる節はない。だが、匿名だった「伝道師」の正体が分かって動機が判明する。伝道師は攻撃を受けている有名人が活躍する業界で挫折を経験した人間だったのだ。つまり、やっかみ、嫉妬である。

もちろん、なぜ対象を名指ししたのか、あるいはなぜ「こいつが次のターゲットだ」とほのめかしたのか、真の動機は数の力に恃んで他者を攻撃させようと考える本人にしかわからない。

本書のケースも、伝道師本人が「やっかみでした」と白状したわけではない。伝道師の正体を知った被害者がそう分析したに過ぎない。伝道師本人に聞けば当然、「攻撃されてしかるべき理由があるからだ」と答えるだろう。

一方、どこかで号砲を鳴らされた側が対処するためには、送り付けられる罵詈雑言の嵐に対する資源(法知識、協力者など)と同時に、粘り強さ(精神力)が必要だと本書は書く。

関連する投稿


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】安全保障はSFの世界に近づきつつある  長島純『新・宇宙戦争』(PHP新書)

【読書亡羊】安全保障はSFの世界に近づきつつある  長島純『新・宇宙戦争』(PHP新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】「台湾認識」のアップデートはお済みですか?  野嶋剛『台湾の本音』(光文社新書)

【読書亡羊】「台湾認識」のアップデートはお済みですか? 野嶋剛『台湾の本音』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする2024年最初の時事書評!


【読書亡羊】「ガチの事態」が起きたからこそやってきた「専門家の時代」  川島真・鈴木絢女・小泉悠編著、池内恵監修『ユーラシアの自画像』(PHP)

【読書亡羊】「ガチの事態」が起きたからこそやってきた「専門家の時代」 川島真・鈴木絢女・小泉悠編著、池内恵監修『ユーラシアの自画像』(PHP)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする2023年最後の時事書評!


【読書亡羊】「助平ジジイ」は誉め言葉!? ヨーロッパ王侯貴族のニックネーム  佐藤賢一『王の綽名』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】「助平ジジイ」は誉め言葉!? ヨーロッパ王侯貴族のニックネーム 佐藤賢一『王の綽名』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


最新の投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今回はいつも何を言っているのかピンとくることのない寺島実郎氏のコメントに、逐一突っ込みを入れてみました。


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった