【読書亡羊】前代未聞! 北朝鮮アニメの全貌が明らかになるまさかの一冊  大江・留・丈二『北朝鮮アニメ大全――朝鮮民主主義人民共和国漫画映画史』(合同会社パブリブ)

【読書亡羊】前代未聞! 北朝鮮アニメの全貌が明らかになるまさかの一冊 大江・留・丈二『北朝鮮アニメ大全――朝鮮民主主義人民共和国漫画映画史』(合同会社パブリブ)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


独自の進化を遂げた「共アニ」

北朝鮮アニメ、と言われて想像するのは、多くが「将軍様がお助けくださった」とか「米帝野郎をやっつけた」というような、プロパガンダと子供への刷り込みを目的としたいかにもな作品ではないだろうか。

確かにそうしたアニメもあった。だが大江・留・丈二『北朝鮮アニメ大全――朝鮮民主主義人民共和国漫画映画史』(合同会社パブリブ)を読んで驚いたのは、歴史ものや、数は少ないもののロボットが出てくる作品があったり、海外との共同制作作品があったりと意外なほどに多様な作品が作られていることだ。

本書は「閉ざされた国家」で「世界で最も自由のない国」でもある北朝鮮で制作・放映されてきたアニメを紹介する、まさにデータブック。あらすじや展開はもちろん、声優陣を含む制作過程や、トップからの指導方針の変遷なども詳細に解説されており、北朝鮮の芸術政策史を知ることもできる。

単に国民(特に子供)に思想を刷り込もうという目的だけでなく、外貨獲得の一手段でもあったために、政治が制作にコミットし続けた結果、政策方針が国家の方針とぴったり一致することになった北朝鮮アニメ。まさに独自の進化を遂げたガラパゴス文化と言えるだろう。

筆者の大江氏はこうした北朝鮮アニメの独自の進化を「世界最強のポリコレアニメ(ただし政治的正しさの基準は北朝鮮)」と述べる。  

本書はそんな「共アニ(共和国アニメ)」を余すところなくオールカラーで取り上げる、類書の刊行不可能な、とんでもない一冊だ。

北朝鮮アニメ大全: 朝鮮民主主義人民共和国漫画映画史

少年が米軍の軍用犬と素手で…

北朝鮮の「アニメ」には、セル画だけでなく、紙切(紙人形を動かして撮影するもの)や人形劇も含まれる。本書はそうした製作法ごとに、年代に沿って共アニを紹介。

1960年代は抗日・反米がテーマの作品も作られたが、1972年に金正日が「アニメで抗日闘争や朝鮮戦争を扱わないように」と現地指導したことで、作品の方向性が変わっていったという。

方向性が変わる前の1966年に作成された反米アニメ「時限爆弾」はyoutubeでも視聴可能だというが、「朝鮮戦争で親を失った少年が米軍の軍用犬と素手で格闘」という驚きの展開だ。米兵を「米軍野郎(ミグンノム)」と罵り子供が立ち向かうという筋書きは、まさに多くの人が想像する「北朝鮮アニメ」だろう。

人形劇アニメでも「日帝野郎と勇敢に戦った児童団員」が主人公の作品があったり、紙切アニメでも子供たちが凶悪な日帝野郎を打倒すべくビラをまいたりする作品が紹介されているが、今やレアな作風になったということになる。

個別の作品紹介の面白さは上げたらきりがないので、ぜひ本書を読んでほしい。アニメ制作の裏側を解説するコラムなど充実の内容で、ついつい読みふけってしまう。

関連する投稿


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


【読書亡羊】原爆スパイの評伝を今読むべき3つの理由  アン・ハーゲドン『スリーパー・エージェント――潜伏工作員』(作品社)

【読書亡羊】原爆スパイの評伝を今読むべき3つの理由  アン・ハーゲドン『スリーパー・エージェント――潜伏工作員』(作品社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】「条文削除」を訴えるなら、海保法25条より憲法9条第2項 奥島高弘『知られざる海上保安庁』

【読書亡羊】「条文削除」を訴えるなら、海保法25条より憲法9条第2項 奥島高弘『知られざる海上保安庁』

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

【スクープ!】自衛隊と神戸市が交わした驚きの文書を発見! 自衛隊を縛る「昭和の亡霊」とは……|小笠原理恵

阪神地区で唯一の海上自衛隊の拠点、阪神基地隊。神戸市や阪神沿岸部を守る拠点であり、ミサイル防衛の観点からもなくてはならない基地である。しかし、この阪神基地隊の存在意義を覆すような驚くべき文書が神戸市で見つかった――。


最新の投稿


【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

昨今の政治状況が多くの日本人の心に危機感を抱かせ、「保守」の気持ちが高まっている。いま行動しなければ日本は失われた50年になってしまう。日本を豊かに、強くするため――縁の下の力持ち、日本保守党事務局次長、広沢一郎氏がはじめて綴った秘話。


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!