【読書亡羊】1200万人のアメリカ人が「トカゲ人間」を信じている マーク・カランスキー『大きな嘘とだまされたい人たち』(あすなろ書房)

【読書亡羊】1200万人のアメリカ人が「トカゲ人間」を信じている マーク・カランスキー『大きな嘘とだまされたい人たち』(あすなろ書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


トカゲ人間から米大統選不正選挙まで

「トカゲ人間陰謀論からイラク大量破壊兵器の嘘、アポロ計画やらせ映像論から米大統領選陰謀論まで、古今東西の陰謀論を俎上に載せる、情報リテラシーの教科書が発売された!」

こう紹介すると、どれかの説の信奉者の中には「あんな荒唐無稽なものと一緒にしないでくれ」と怒る向きもあるかもしれない。しかし根拠なき陰謀論という意味では、トカゲ人間陰謀論も、米大統領選陰謀論もほとんど変わらない。むしろ、同じ俎上に載せたことにこそ意味がある。

それが今回ご紹介する、マーク・カランスキー著、橋本恵訳『大きな嘘とだまされたい人たち』(あすなろ書房)だ。

ジャーナリスト出身でベストセラー作家でもあり、子供向けの教養書も手掛けてきたというカランスキー。本書もヤングアダルト向けの本で、大判で平易な言葉で書かれている(訳もとても読みやすい)。
だからこそ、十代の青少年はもちろん、陰謀論に知らず知らずのうちに取り込まれている(可能性のある)大人たちも、我が身を振り返るために読むことをお勧めしたい。「え、これも陰謀論、政府がついた嘘だったのか」と驚く記述に行き当たるかもしれない。

特にトランプ前大統領についての記述は多い。トランプごひいき筋からすれば、大統領選再出馬をアナウンスしている今、こうした本が出版され、広く読まれることを面白くは思わないだろう。「おなじみリベラル派の、トランプ批判のフェイクニュースだろう」と。

だが在任中の4年間でトランプがついた嘘が3万573件、と具体的な数値を挙げられると、そうも言っていられなくなる。しかもそのうち503件は、再選を目指した2020年の大統領選の投票日前日についたものだという。

大統領退任以降のウソはおそらく誰もカウントしていないが、こうも具体的な数字をあげられれば、「フェイクニュースだ」とも言っていられない。トランプに関しては、むしろ「正しいことを言った数」を数える方が楽な状態であるというありさまだ。

大きな嘘とだまされたい人たち

陰謀論が我が子殺しに発展

冒頭に挙げた「トカゲ人間陰謀論」について、知らない人は全く知らないと思うが、いわゆる陰謀論業界ではかなり知られた話でもある。

トカゲ人間は爬虫類型宇宙人とか、レプティリアンとしても知られるが、アメリカで「トカゲ型宇宙人が人間に化けて社会に紛れ込んでいる」と信じている人は、本書によればなんと1200万人(人口の4%)も存在するという。

その判断基準は目の色や耳の形、肌の質感など「違和感」なのだが、つまるところ「支配層にいる、トカゲっぽい質感の人物」はトカゲ人間だと見なされやすい。

あまりに荒唐無稽だと思われるだろうが、単なる笑い話と思うなかれ。2021年には、陰謀論を信じ込んだうえ「妻がトカゲ人間で、自分の子供たちはその血を受け継いだトカゲと人間の混血児である」という妄想に駆られたQアノン信者が、自分の子供2人を殺害する事件まで起きている。
https://forbesjapan.com/articles/detail/42820

トカゲ人間だけではない。さすがの本書でも指摘はなかったが、日本でもゴムマスク人間説はひそかに広まっている。ゴムマスク人間説とは、「今表に出ているのはある人物のゴムマスクを被った別人で、既に本人は死亡しているか幽閉されている」というものだ。

見かけた中で筆者(梶原)が最も驚いたのは「首脳会談に出席しているのは、バイデンのゴムマスクをかぶったトランプである」という説である。半ば本気でこうした説を信じている人が、日本社会に相当数存在するようなのだ。

ちなみにバイデン大統領はトカゲ人間説、ゴムマスク人間説、ペドフィリア説のすべてに名前が挙がっており、陰謀論の交通渋滞状態にある。

関連する投稿


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】本当は怖いモディ首相の「寝てない自慢」と「熱い胸板自慢」  湊一樹『「モディ化」するインド』(中公選書)

【読書亡羊】本当は怖いモディ首相の「寝てない自慢」と「熱い胸板自慢」 湊一樹『「モディ化」するインド』(中公選書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】それでもツイッターは踊る  津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

【読書亡羊】それでもツイッターは踊る 津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】あなたは本当に「ジャーナリスト」を名乗れますか?  ビル・コバッチ、トム・ローゼンスティール著、澤康臣訳『ジャーナリストの条件』(新潮社)

【読書亡羊】あなたは本当に「ジャーナリスト」を名乗れますか? ビル・コバッチ、トム・ローゼンスティール著、澤康臣訳『ジャーナリストの条件』(新潮社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)