【リニア】川勝知事の“妨害”が止まらない!|小林一哉

【リニア】川勝知事の“妨害”が止まらない!|小林一哉

とどまるところを知らない川勝知事のリニア妨害。 今度、川勝知事が難癖をつけ始めたのは――。


激しい批判も馬耳東風

『すごいぞ!リニア』をもっとPRすべきだ(JR東海提供)

リニア南アルプストンネル静岡工区の着工を認めない川勝平太知事の妨害はとどまることを知らない。
今度は、JR東海のリニアトンネル工事に不可欠である最大規模の残土置き場「燕沢(つばくろさわ)」について、「計画地を見直せ」という言い掛かりだ。

「県境付近の湧水の全量戻し」、「山梨県の調査ボーリングをやめろ」の無理難題に続いて、残土置き場に計画変更を迫っている。

許可権限を握る川勝知事が何らかの懸念を持ち出して難くせをつければ、事業者のJR東海はすべての懸念にひとつずつ回答していかなければならない。

JR東海の十分な説明があったとしても、静岡県が納得しないことは目に見えている。いくら懇切丁寧な説明だとしても、意図的な質問を続ける限り、議論は終わらない。

川勝知事の求めてきた「県境付近の全量戻し」が、田代ダム案によってようやく解決に向かうと同時に、「燕沢の残土置き場をやめろ」をリニア妨害の新たな材料として出してきたかっこうだ。

このように、リニア妨害の新たな材料をつくり出そうと思えば、際限がない。JR東海は、川勝知事になす術もない状態である。

リニア計画の早期実現を進めたい政府や有力な政治家に期待できるのか? はっきりと言って、これは非常に難しい。国家的プロジェクトと言っても、JR東海だけの民間主導の事業だけに政府もなかなか手が出せないのだろう。

また川勝知事への厳しい批判をウエブメディアやSNSなどが続けていても、川勝知事には馬耳東風であり、表面的には何らのダメージも与えていない。

最良の方法は、より多くの世論を味方につけることだが、リニア計画の推進に期待する若い人たちの声はほとんど聞かれない。国民のほとんどはリニア計画に関心を持っていないようにさえ見える。

“御用学者”たちが一斉に批判

JR東海は一体、どうすればいいのか?

今回の焦点となった燕沢の残土置き場は、トンネル工事で発生する約370万立方メートルの大半、約360万立方メートルを安全な盛り土の構造物として処理する計画である。

JR東海は2017年1月に安全性、安定性を重視した上で、燕沢付近を中心とする残土置き場計画を発表した。

2018年夏から、静岡県が設置した県地質構造・水資源専門部会で燕沢の残土置き場計画についても議論してきたが、これまで燕沢が残土置き場にふさわしくないなどの意見は一切、なかった。

昨年8月、川勝知事がJR東海提案した取水抑制案に関わる田代ダムを視察した際、まず、燕沢付近で残土置き場計画の説明を受けた。

そこで川勝知事は「ここは深層崩壊が起きる危険性の高い場所である。深層崩壊について検討されておらず、残土置き場にふさわしくない」などと燕沢を頭から否定してしまった。もともとは田代ダムの視察を目的にしていたから、新聞、テレビは燕沢付近での知事発言などを取り上げなかった。

しかし、この視察以後も、定例会見の度に、川勝知事は「リニアの発生土は370万立方メートルである。熱海土石流で多くの方が犠牲になられたが、その60倍を上回る発生土だ。これを燕沢に積み上げるというのだ。

燕沢は、国交省の深層崩壊の最も頻度の高い場所に指定されている。燕沢を発生土の置き場にするのは、いまの最大の課題」などと燕沢の残土置き場を否定する発言を繰り返してきた。

田代ダム案のJR東海、東京電力RPの協議が始まり、近いうちに決着が見込まれる時期になって、昨年来の「燕沢の残土置き場」を新たな問題にしたのだ。

県地質構造・水資源専門部会が2023年8月3日に開かれ、燕沢の残土置き場に関する課題がテーマとなった。

静岡県の“御用学者”たちが一斉に、燕沢の位置選定に問題があるなど何の根拠もない理由を挙げて、「燕沢の残土置き場をやめろ」を求めたのだ。

関連する投稿


【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

【川勝劇場終幕】川勝平太とは何者だったのか|小林一哉

川勝知事が辞任し、突如、終幕を迎えた川勝劇場。 知事の功績ゼロの川勝氏が、静岡に残した「負の遺産」――。


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。


マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

マスコミが報じない川勝知事が暴言失言を恐れない理由|小林一哉

「磐田は浜松より文化が高かった」 また暴言をした川勝知事。しかし、撤回もせず、悪びれる様子もない。なぜ、川勝知事は強気でいられるのか――。


川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

川勝知事の「真っ赤な嘘」ゴールポストを動かした決定的証拠|小林一哉

山梨県選出の中谷真一議員が静岡県がゴールポストを動かしていると批判すると、川勝知事はすぐにさま「ゴールポストを動かしたことは一度もない」と反論。 しかし、静岡県の資料を見てみると……。


川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

川勝知事、リニア妨害シナリオ|小林一哉

静岡県のリニア問題責任者を務める副知事による記者会見は、デタラメだらけだった。この記者会見の本当の目的とは――。


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)