なべやかん遺産|「ハマ―・ドローン」

なべやかん遺産|「ハマ―・ドローン」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ハマ―・ドローン」!


アイアンマンが稼ぎ出したお金

ハマー・ドローンの頭部と前面

「I am Iron Man.」

映画『アイアンマン』で劇中最後にトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)が言ったセリフだ。このセリフはロバート・ダウニーJr.のアドリブと言われているが、実に素晴らしい。このセリフこそトニー・スタークという人物の性格が良く出ている一言だ。
 
トニー・スタークという人物は、スターク・インダストリーズのCEOであり大富豪であり天才発明家であり女好きの遊び人である。

目立つことが大好きで、映画ラストの記者会見シーンで女性ジャーナリストの口から出た「スーパーヒーロー」という言葉に反応し秘密保持が出来なくなり我慢しきれなくなって「私がアイアンマンだ」と言ってしまうのだ。この言葉を聞いた瞬間に「この映画は大成功!」と殆どの人が思ったはずだ。
 
アイアンマンが牽引し「マーベル・シネマティック・ユニバース」のフェーズ1は大成功した。一発目の『アイアンマン』がこけたら今のマーベル映画は無いだろう。

『アイアンマン』大成功のおかげでフェーズ1のラスト映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は世界的大大大ヒットとなった。

そして、この映画で最も印象深く最も悲しいシーンがトニー・スタークの「I am Iron Man.」と言うシーンだ。トニー・スタークは地球を救うため自己犠牲を払う。マーベル映画最高のキャラクターが死ぬ瞬間だ。

「なんじゃこりゃ!死にたくねーよ」
 
松田優作さん演じるジーパン刑事のラストも素晴らしいが、それを超えたと思っている。(あくまでも個人の感想です)

全てを牽引して来た男の死だからね。アイアンマンが稼ぎ出したお金は一体いくらになったのだろう?1000億円くらい稼いだのでは?最初が失敗していたら全てが無かったしマーベルだって危なかったかもしれないのだから。

ディズニーがマーベルを2000億円以上で買い取ったのもアイアンマン成功のおかげだ。
 

わかれば上級レベルのマニア

日本人には馴染みのなかったアイアンマンというキャラを映画館で観た時の興奮は忘れない。そして、次の作品『アイアンマン2』までの2年間は異常に長く感じた。

待ちに待った『アイアンマン2』はオープニングからぶっ飛んでいていきなり興奮状態になった。この作品ではスターク・インダストリーズのライバル会社ハマー・インダストリーズというのが出て来るのだが、その会社が開発した量産兵器がハマー・ドローンだ。

ハマー・ドローンは陸・海・空軍・海兵隊の4仕様がある。(各8機ずつ)劇中でアイアンマンがハマー・ドローンを破壊し、最終的にハマー・ドローンは自爆してバラバラになるのだが、その破片がオークションに出る事がある。とりあえず金額的に買える範囲の物だけは落札したりしているが、全身集めるのは至難の業だろう。

今回、そんなパーツをいくつかご紹介。最初に手に入れたのは顔の前面。爆発で吹っ飛んだパーツは作りが簡素である。何の細工もしていないのでFRP素材むき出し。辛うじて塗装だけはしているといった感じだ。これを見て「ハマー・ドローンだ!!!!」と叫ぶ人はかなりのマニアだ。

関連する投稿


薄っぺらい記事|なべやかん遺産

薄っぺらい記事|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「薄っぺらい記事」!


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ワンフェス2024冬」!


なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「年末年始大作戦」!


なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「東京ミニコン2023」!


最新の投稿


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


わが日本保守党と「4つの縦糸」|小坂英二

わが日本保守党と「4つの縦糸」|小坂英二

なぜ完全無所属から日本保守党結党メンバーの地方議員となったのか――小坂英二東京都荒川区議会議員がはじめて綴った日本保守党と祖国への熱き想い。


【読書亡羊】それでもツイッターは踊る  津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

【読書亡羊】それでもツイッターは踊る 津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党事務局次長の広沢一郎氏が日本保守党の初陣となった選挙戦の舞台裏をはじめて綴る。〈あれこれ探している時間がなかったので今回は私が2011年の県議選用に買った自転車を名古屋から運びました〉