なべやかん遺産|手踊り人形

なべやかん遺産|手踊り人形

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「手踊り人形」!


出会うのが難しい「会心の一撃」

コロナ禍になりコレクション収集速度が遅くなっている。この二年、物の増加が極端に減り、良いものが手に入らない状態が続き、もがき苦しんでいる状態だ。たまに良い物が出るのだが、信じられない価格になり手が出せない。

自分が集めている分野(怪獣ソフビ、キャラクターグッズ、映画プロップ、など)は今が価格のピークなような気もしている。それくらい高い。
 
そんなストレスの多いコロナ禍コレクション事情が続いてしまっている。それでもコレクションは増え続け、去年今年は“会心の一撃”的なコレクションにまだ出会えてないが、40年コレクターを続けていると仕方がない。そう簡単には“会心の一撃”的なグッズには出会えないのも理解している。
 
専門店、アンティークショー、フリーマーケット、リサイクルショップ、ヤフーオークション、海外のサイト、どれかを毎日必ず見てまわっているが、素敵な出会いなど殆どない。それは恋愛と同じで、毎日街を歩き多くの人を見ていても究極の理想のタイプの人に出会えないのと同じ。
 
無意識のうちに多くの人間を見ているのと同じで、多くのコレクターアイテムを見ている事になる。さらに、コレクターの家でコレクションを見せてもらったりもするので、それこそとんでもない数のグッズを見てお勉強しているというわけだ。
 
毎日数多くの物を見てきたのに、未だに初めて見るお宝があるのが驚きだ!珍品に出会え、所有出来た時は本当に気持ちが良い。まさに“会心の一撃”だ。
 
でもね~、麻薬みたいなもので、その効き目は一生続かない。一時だけ(麻薬、やってませんよ)。
 
欲しいという強い気持ち、そしてそれが手に入りました、までがピークでその後は気持ちが徐々に下がって行く。これは手元にある事で安心感みたいなものなのかな?
 
とにかくテンションが落ちる。コレクションに加わる事で物凄いレアな物でも見慣れてしまうってのもあるだろう。だけどそれは他ではお目にかかれない、出くわした事がないグッズだったりする。そういった激レアものの中から今回は手踊り人形をご紹介しよう。

とてつもない金額だった、ゴジラの手踊り

緑成形色のカネゴンはかなり珍しいと思う。

他色のカネゴン手踊り。

関連する投稿


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ワンフェス2024冬」!


なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「年末年始大作戦」!


なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「東京ミニコン2023」!


なべやかん遺産|エクシストコレクション

なべやかん遺産|エクシストコレクション

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「エクシストコレクション」!


最新の投稿


【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは  『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

【読書亡羊】出会い系アプリの利用データが中国の諜報活動を有利にする理由とは 『トラフィッキング・データ――デジタル主権をめぐる米中の攻防』(日本経済新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

【今週のサンモニ】岸田総理訪米を巡るアクロバティックな論点逃避|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

わが日本保守党|広沢一郎(日本保守党事務局次長)

昨今の政治状況が多くの日本人の心に危機感を抱かせ、「保守」の気持ちが高まっている。いま行動しなければ日本は失われた50年になってしまう。日本を豊かに、強くするため――縁の下の力持ち、日本保守党事務局次長、広沢一郎氏がはじめて綴った秘話。


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。