岸田政権は円安で日本を再生させる意志を示せ|田村秀男

岸田政権は円安で日本を再生させる意志を示せ|田村秀男

岸田文雄政権に今求められるのは、円安を日本再生の好機にする強固な意志と戦略である。問題なのは、企業が増える収益を設備投資や賃上げなど国内経済に配分するのに腰が引けていることだ。


円安がぶり返されるたびに「悪い円安」論が盛り上がる。それに押された鈴木俊一財務相は、円買い・ドル売りの市場介入を匂わせるのが関の山だ。岸田文雄政権に今求められるのは、円安を日本再生の好機にする強固な意志と戦略である。

企業の弱い設備投資・賃上げ意欲

9月8日時点の円の対ドル相場は143円台で、1月末に比べた下落率は26%である。他通貨の対ドル下落率は中国の人民元9.1%、韓国ウォン16%、ユーロ13%で、円安幅は大きい。だが、米国の利上げが続く中、世界で唯一マイナス金利政策を堅持する日本の円が安くなるのは当然の帰結である。

考えても見よ。日本は1990年代初めのバブル崩壊後の円高のために、国内市場が萎縮し、企業は国外に脱出する悪循環に陥った。円安はその流れを逆転させる最有力手段である。日本のカネと技術を引き込んで国力を膨張させてきた中国への投資と生産を企業はやめて、国内に帰ってくる。以前の円高のために国際競争力を失った半導体産業は韓国勢を巻き返せる。

2012年末に始まったアベノミクスは円高を是正した。国内総生産(GDP)に占める輸出の比率は同年末で14%弱だったが、上昇を続け、最近では20%を超えている。他通貨に比べて安くなる円は、日本国内での生産を一段と有利にする。

問題なのは、企業が増える収益を設備投資や賃上げなど国内経済に配分するのに腰が引けていることだ。

財務省所管の法人企業統計によれば、今年4〜6月期を円安傾向が始まった前年同期(2021年4〜6月期)と比べてみると、企業の利益剰余金は49兆円、12カ月合計の経常利益は16兆円それぞれ増えた。対照的に設備投資(12カ月計)は4兆円増にとどまり、従業員給与・賞与・福利厚生費合計は950億円減った。GDPは4〜6月の年率換算で547兆円、前年同期比5.95兆円増に過ぎない。

利益剰余金増加分49兆円のうち20兆円でも設備投資や賃上げに回せば、産業界も家計も活気づくだろう。ちなみに2020年度の新型コロナウイルス対策の国民一人当たり10万円の給付総額は12兆8800億円である。

必要なのは財政主導のデフレ脱却

今、岸田政権が取り組むべき政策は財政主導による脱デフレであり、産業界がカネを実物経済に投入する気にさせることだ。日本の消費者物価上昇率は2%台だが、国内で生産されるモノとサービスの総合物価指数であるGDPデフレーターはマイナス続きで、日本はデフレ不況期に舞い戻っている。デフレ圧力の下では、企業はコスト増を価格に転嫁できず、設備投資や賃上げをためらうのだ。(2022.09.12国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


「ニュー岸田」の誕生か? 財務省に抗い速やかに減税を!|和田政宗

「ニュー岸田」の誕生か? 財務省に抗い速やかに減税を!|和田政宗

「岸田内閣は負担増内閣」「国民生活の実態を分かってない」との声が届いたのか、岸田文雄総理が新たな経済対策を打ち出した――。実現か失望か、岸田政権としてまさにここが正念場である。(サムネイルは首相官邸HPより)


インボイス反対派を完全論破!|デービッド・アトキンソン

インボイス反対派を完全論破!|デービッド・アトキンソン

10月から開始されるインボイス制度。反対論が喧しいが、なぜ、子供からお年寄りまで払っている消費税を、売上1000万円以下の事業者というだけで、免除されるのか。 まったく道理が通らない!


中国の金融危機でリーマン級災厄の恐れ|田村秀男

中国の金融危機でリーマン級災厄の恐れ|田村秀男

国内金融規模をドル換算すると、2022年に38兆ドルの中国は米国の21兆ドルを圧倒する。そんな「金融超大国」の波乱は米国をはじめ世界に及ぶ。


「LGBT法案」退席、私は何を守ろうとしたのか|和田政宗

「LGBT法案」退席、私は何を守ろうとしたのか|和田政宗

「LGBT法案」成立を受けた自民党の支持者離れは甚大である。今すぐ、岩盤支持層の支持を取り戻す手を打たなければ、その支持は2度と戻ってこないかもしれない――。


米シンクタンクが安倍元首相を「日本の歴史上最も偉大な首相、世界のリーダー」と大激賞!|岡部伸

米シンクタンクが安倍元首相を「日本の歴史上最も偉大な首相、世界のリーダー」と大激賞!|岡部伸

米シンクタンク「ボストン・グローバル・フォーラム」が、安倍晋三元首相を追悼する国際会議を開催、会議を主宰するマイケル・デュカキス元米マサチューセッツ州知事は「世界を平和と安定に導くリーダーシップを発揮した安倍氏を失ったことは大変残念だ」と悼んだ。


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴジラ×コング 新たなる帝国」!