バイデン政権の基本姿勢と実行力への疑問|島田洋一

バイデン政権の基本姿勢と実行力への疑問|島田洋一

左翼イデオロギーに迎合しつつ、様々な政治的思惑から腰が定まらず、ともすれば言葉と行動の乖離が目立つバイデン米政権。対中政策も矛盾と弱さに満ちている。


3月10日、北京において、中国が仲介する形で、イランとサウジアラビアが外交関係回復で合意した。これは、左翼イデオロギーに迎合しつつ、様々な政治的思惑から腰が定まらず、ともすれば言葉と行動の乖離が目立つバイデン米政権の「弱さ」を象徴する事例ではないか。

バイデン政権は、脱炭素原理主義の立場から石油産業を敵視し、サウジアラビアなど産油国との関係を悪化させた。しかし、ガソリン価格高騰に国内の不満が高まるや、一転してサウジに増産を求めたが無視され、政権の信頼性を一段と傷つけた。一方、トランプ前政権が離脱したイラン核合意への復帰を試みたが失敗し、サウジやイスラエルの不信を買うだけに終わった。サウジが取りあえず中国の仲介に乗ったのは、バイデン政権への失望と軽蔑の表れだろう。

「弱さ」に満ちた対中政策

バイデン政権の対中政策も矛盾と弱さに満ちている。「安全保障上最大の脅威」と位置付ける気候変動対策のためには中国と協力関係を保つことが不可欠、というのがホワイトハウスの立場だが、国防総省や共和党は中国共産党こそが最大の脅威との立場を取る。正しいのは後者だろう。

国防エスタブリッシュメントや議会からの圧力を受け、バイデン政権は戦略物資・テクノロジーの対中輸出規制強化を打ち出したが、厳格に執行されているのか疑問符が付く。

2月28日、下院外交委員会で、輸出管理を担当する商務省産業安全保障局(BIS)局長を招いた公聴会が開かれた。議員から、例えば中国最大の通信機器企業ファーウェイ(華為技術)に対する戦略物資の輸出許可基準はどうなっているのかとの質問が出たが、局長は「検討中」(underassessment)と答え、共和党を中心に議員らの怒りを買った。

マッコール外交委員長(共和党)は、自分の認識では、商務省の規制リストに明記されている物資についてすらほとんど規制は実行されていないと「深い懸念」を示した。その上で、3月7日、委員長名でBIS局長に対し、①ファーウェイに対する新規輸出許可を止めているのか②いつ「検討」は終わるのか③新基準が作られれば過去の基準で出された輸出許可は無効化されるのか―など6項目にわたる公開質問を発した。

相次ぐ起訴取り下げ

トランプ前政権は、ナノテクノロジーなど戦略分野の最新研究成果を中国に流していたとされる中国系その他の大学教授らを少なからず起訴したが、バイデン政権になって司法省が次々に起訴を取り下げている。

リベラル派が支配する大学の世界では、「トランプのレイシズム(人種差別)」が中国系教員を狙い撃ちにしたとして、当該教員をかばう立場を取るのが普通である。任用管理責任を問われては困るとの思惑もあるのだろう。

教員、学生を含め大学を重要な支持基盤とするバイデン政権が、大学当局に迎合して起訴取り下げに走ったのではないかとの疑念も付きまとう。

中国により厳しい姿勢を取る野党共和党が多数を占める下院で、事実の究明と法執行強化の動きが強まることを期待したい。(2023.03.13国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


広島サミット成功と浮かれていいのか|田久保忠衛

広島サミット成功と浮かれていいのか|田久保忠衛

お祭り騒ぎや日本式のおもてなしではどうにも片付かない冷厳な現実が待ち受けている。己を知らない国に救いはない。


ビジョンだけで国防や軍縮は達成できない|太田文雄

ビジョンだけで国防や軍縮は達成できない|太田文雄

願望の表明や、宣言、メッセージの発出は、戦略ではない。中国を核軍縮のテーブルに着かせるには、まず日米の側が同等の戦域核を持ち、戦力を均衡させることから始める必要がある。


【読書亡羊】必読、対中国「政治戦」の教科書を見逃すな!  ケリー・K・ガーシャネック著、鬼塚隆志監修、壁村正照訳『中国の政治戦 -「戦わずして勝とう」とする国への対抗戦略』(五月書房新社)

【読書亡羊】必読、対中国「政治戦」の教科書を見逃すな! ケリー・K・ガーシャネック著、鬼塚隆志監修、壁村正照訳『中国の政治戦 -「戦わずして勝とう」とする国への対抗戦略』(五月書房新社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


林外相に問う!  エマニュエル大使の「LGBT関連発言」は内政干渉ではないのか|和田政宗

林外相に問う! エマニュエル大使の「LGBT関連発言」は内政干渉ではないのか|和田政宗

我が国における法整備は、我が国の国民や国民から信託を受けた国会議員が決めることであり、外国から何かを言われて進めるものではない!(サムネイルは「アメリカ大使館・領事館 US Embassy Tokyo & Consulates in Japan」チャンネルより)


「人道支援てこに拉致被害者救出」方針を米は理解|西岡力

「人道支援てこに拉致被害者救出」方針を米は理解|西岡力

家族会と救う会は2月に新運動方針を決めた。日本政府認定の拉致被害者だけでなく全拉致被害者の一括帰国という「時間的制約のある人道問題」と、北朝鮮の食糧難という人道問題を共に解決しようと金正恩政権に呼び掛けたものだ。


最新の投稿


原子力規制委の抜本的改革が必須|奈良林直

原子力規制委の抜本的改革が必須|奈良林直

柏崎刈羽原発で東電の社長を厳しく追及し、社員のやる気をなくさせているのが現在の原子力規制委の山中伸介委員長。電力事業者の取り組みがうまくいかないのは、規制委の采配が下手だからだ。我が国でも米国のように、規制委の抜本的改革が必要である。


広島サミット成功と浮かれていいのか|田久保忠衛

広島サミット成功と浮かれていいのか|田久保忠衛

お祭り騒ぎや日本式のおもてなしではどうにも片付かない冷厳な現実が待ち受けている。己を知らない国に救いはない。


動くか拉致問題、北が協議提案に即反応|西岡力

動くか拉致問題、北が協議提案に即反応|西岡力

水面下での秘密協議がすでに始まっているか、近く始まる可能性が高い。ただし、そこで、合同調査委員会設置案など「全拉致被害者の即時一括帰国」ではないごまかしの提案が出てくる危険性がある。推移を注意深く見守るべき時だ。


ビジョンだけで国防や軍縮は達成できない|太田文雄

ビジョンだけで国防や軍縮は達成できない|太田文雄

願望の表明や、宣言、メッセージの発出は、戦略ではない。中国を核軍縮のテーブルに着かせるには、まず日米の側が同等の戦域核を持ち、戦力を均衡させることから始める必要がある。


【今週のサンモニ】忘年会騒動は番組の「貴重なネタ」|藤原かずえ

【今週のサンモニ】忘年会騒動は番組の「貴重なネタ」|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今週も相変わらずやらかしてくれる番組です。