安倍元総理の遺志を必ず引き継ぐ!|和田政宗

安倍元総理の遺志を必ず引き継ぐ!|和田政宗

7月12日、安倍元総理が銃撃された現場である奈良県大和西大寺駅前に行き、手を合わせた。安倍元総理のことを思い返すたびに、安倍元総理の優しさと気遣いの姿がまぶたに浮かぶ。真に相手のことを考える、とても優しい方だった――。


安倍総理の周りには常に笑顔が絶えなかった

安倍晋三元総理がお亡くなりになり1週間以上が経つが、あの事件は全くの夢であり、安倍元総理は生きていていつも通り見守ってくれているとの感覚がある。心も頭の中もいまだに整理がついていない。

参院選の応援活動を終えた翌日、投開票日である10日(日)朝、私は安倍元総理のご自宅前に伺い手を合わせた。これまでのご指導に感謝の思いで合掌するとともに、突然命を奪われたことについて、ご冥福を祈るというよりただただ手を合わせるのみであった。

そして翌11日(月)、通夜に伺い焼香させていただいた。弔問の方々へ安倍元総理のご家族の方々が立礼されていたが、昭恵夫人に弔意をお伝えしたところ、ある言葉をいただき、涙が噴き出した。安倍元総理と昭恵夫人の思いが詰まった言葉に、私は号泣しながら増上寺を後にし、「安倍元総理の遺志を必ず引き継ぐ」と心から決意した。

翌日の12(火)には、安倍元総理が銃撃された現場である奈良県の大和西大寺駅前に行き、手を合わせた。安倍元総理のことを思い返すたびに、安倍元総理の優しさと気遣いの姿がまぶたに浮かぶ。真に相手のことを考える、とても優しい方だった。

安倍総理には、私が議員となって3年目あたりから近しくご指導いただくようになった。もともと昭恵夫人が東日本大震災の被災地に通い復興支援活動をしてくださっていたご縁もあるが、安倍総理の周りの方々が私のことを評価してくださり、安倍総理から面会のお声掛けがあったことから始まった。総理のお住まいである首相公邸や自宅でご指導いただく時間は有難く、心から楽しい時間だった。

安倍総理はお酒を少ししか飲まれないので、例えば夜の時間帯でもワインのグラス一杯を少し口につける程度だったが、昭恵夫人がいらっしゃらない時は、総理自ら冷蔵庫からワインやおつまみを取り出してもてなしてくださった。

「私がお出しします」と言っても、「和田さんは座っていてください」と自らでご用意され、偉大な政治家である安倍総理にそこまでしていただくことに大変恐縮したことを思い出す。会話でも、人が笑顔になるような楽しいエピソードやお話がお好きで、安倍総理の周りには常に笑顔が絶えなかった。

だからこそ、アメリカのトランプ大統領をはじめ外国の首脳からも好かれたのだと思う。

事実を無視した異常なモリカケ報道

Getty logo

私は安倍総理ご夫妻にかなり近くでご指導いただいていたことから、その苦悩も感じてきた。特に、森友問題、加計学園の獣医学部新設については、全く安倍総理も昭恵夫人も関与していないのに、さも関与しているかのような根拠なきメディアや野党の追及に対して、しっかりと事実を説明しているのになぜこうなるのかという思いがあったことと思う。

私は事実に基づきメディアに反論した。例えば森友学園の小学校設置趣意書の黒塗り部分が「安倍晋三記念小学校」だと言われてきたことに対しては開示を求め続け、財務省が開示してみれば「開成小学校」だったという、疑惑にもならないことを疑惑だと追及されてきたことを明らかにした。

あの時は安倍総理に全部罪をかぶせてしまえば良いという流れがメディアを中心にあったので、安倍総理を守らなければ本当におかしなことになってしまうという危惧から行動した。私の行動については、安倍総理ご夫妻から何かを聞いたわけではないが、周りの方々から安倍総理ご夫妻のお気持ちをお伝えいただいたこともあった。

安倍総理は一昨年、持病の悪化から総理を退任することとなったが、総理退任後半月ほどで体力は回復され、その直後には総理に近しいごく少数の仲間内で会食させていただいた。一緒に参加された方から、「安倍総理から会が終わった後にお電話があり、和田さんの成長ぶりを喜んでいましたよ」との話があり、なお一層政治家として成長していかなければならないと強く決意したことがついこの前のように感じる。

このように、まだまだご指導いただきたかった安倍元総理が凶弾に倒れた。安倍総理の無念を思うと本当に悔しくてたまらない。

関連する投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

3月6日、党改革案がいきなり示された――。自民党はすでに国民の信頼を失っており、党運動方針案に示したように「解体的出直し」をしなければ生き残れない。


災害から命を守るために憲法改正が必要だ|和田政宗

災害から命を守るために憲法改正が必要だ|和田政宗

私は、東日本大震災の津波で救えなかった命への後悔から、その後、大学院で津波避難についての修士論文をまとめた。国会議員に立候補したのも震災復興を成し遂げるという意志からであった。だが、災害などの緊急時に対応できる憲法に現行憲法はなっていない――。


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。