MENU

カメラマン・佐藤英明の「野良猫放浪記」

寒い冬、野良猫たちの越冬模様

2019.2@木更津

まだ寒い2月に木更津、かずさのあたりの公園へ。捨て猫や野良猫の多い地域で、周辺の公園はやけにだだっ広い。

この寒い時期の野良猫はどうしているのだろう。どこで寝ているのだろう……。

探していると、いたいた!

この寒い中、積まれた枯れ草に体を押し付けるようにして暖をとって寝ている猫もいる。


また公園の一角にある隠れ家らしい所にいる猫、ベンチの上や、公園にある動物の形の遊具で遊んでいる猫も。中には、公園の主のようにふるまうかっこいい猫もいて、私たちの目を楽しませてくれる。


ここらは近所のお年寄りの散歩コースになっているらしく、それぞれの猫に餌をあげていている姿も見られ、猫の方も自分の縄張りをそれぞれが守っているよう。猫同士も穏やかに暮らしているようだ。

 

タグ

バックナンバー

著者略歴

  1. 佐藤英明

    神奈川県警で警察官として勤務の後、カメラマンを目指し六本木でアシスタントとして修業し、独立。『エンマ』『週刊文春』や映画宣伝カメラマンとして撮影を担当し、現在に至る。月刊『Hanada』では佐藤優さんの連載「猫は何でも知っている」の猫写真を担当するほか、対談写真を撮影。

閉じる