9・11と中国共産党|田村秀男

9・11と中国共産党|田村秀男

20年前の9月といえば、すぐに思い浮かぶのは9・11だ。 しかし、時を同じくして、日本も大きな帰路に立っていた。 9・11の前日に起こっていた米国と中国の動きとは――。


中国を経済膨張に導くレールに

思えば、20年前の9月は日本にとっても運命の月だった。同月11日の米中枢同時テロ後、間もなく、米国は対中強硬路線を全面転換し、こともあろうに共産党独裁の強権が経済を支配する中国を自由貿易クラブである世界貿易機関(WTO)への仲間入りを認めた。

しかも米国は中国人民元の対ドル固定制を受け入れ、モノとカネで中国を経済膨張に導くレールを提供し、日本はひたすら中国市場にどっぷりと浸かっていく。
 
2001年1月に発足したブッシュ(子)政権は、のっけから中国を「戦略的競争相手国」とみなし、「戦略的パートナー」と呼んだクリントン前政権の親中路線を断ち切った。日本では同年四月に小泉純一郎政権が発足していた。
 
拙論の当時の米国取材メモを紹介しよう。ホワイトハウス高官は、「小泉改革を全面的に支援する。中国の脅威に備え日本経済を強くしたいからだ」と意気込む。
 
米軍の電子偵察機が中国の海南島周辺で中国軍戦闘機と空中衝突した「海南島事件」が四月一日に起き、米中関係緊迫の最中だった。別のホワイトハウス筋は、「江沢民主席は、しきりにブッシュ大統領と連絡をとりたがるのだが、大統領はそのつど受話器を取り上げるなと拒絶している」と言っていた。
 
ほどなく政権内の中国市場重視派が巻き返し、ドラマは急転回し始める。オニール財務長官は2001年9月10日、北京の人民大会堂で江沢民国家主席、項懐誠財政相(いずれも当時)と会談した。「9・11」前日だ。米議会では、米ドルにペッグ(釘付け)している人民元相場に対する反発が渦巻いている。
 
項財政相は、「人民元は変動するとしてもちょっとだけにしたい」と陳情。オニール長官は内心、「しょせん中国はまだ統制経済だ。市場資本主義の力にまかせると中国は崩壊してしまう」と考えた。オニール長官と江沢民主席は口をそろえた。
「辛抱しましょう、そして一緒にやりましょう」と(以上は、オニール長官の回想記『忠誠の代償』原書から)。
 

脱中国で日本再興に踏み出せ

中国が人民元の小幅切り上げと小刻みな管理変動に踏み切ったのは2005年7月だが、北京は六月末にオニール氏後任のスノー財務長官に事前に知らせて根回しした。

長官はグリーンスパン連邦準備制度理事会(FRB)議長とともに米議会の対中強硬派議員たちに会い、人民元改革案を受け入れさせた。
 
国際貿易で中国の地位を圧倒的に高めたのは無論、WTO加盟である。ブッシュ政権はクリントン前政権が行った中国のWTO加盟交渉を中断させていたが、「9・11」を機に態度を軟化させた。

対テロ対策で中国との協調を迫られたからだ。九月十七日にはWTOの中国作業部会の合意文書が採択され、十一月のWTO閣僚会議で加盟が正式承認された。
 
9・11はニューヨーク金融市場をも大きく変えた。当時、情報技術(IT)バブル崩壊の後遺症に苦しんでいた市場がテロ攻撃の追い討ちを食らった。FRBのグリーンスパン議長とブッシュ政権は、米経済を牽引するのは住宅市場と見込んで住宅関連の金融の拡大策をとった。

そこで低所得者向けを含めた住宅ローンが活気づき、住宅ローン証券化商品が爆発的に増加。価格が上昇する住宅を担保にした借金を元手に家計消費を刺激していく。
 
中国は米国のおかげで、カネ(人民元)とモノ(貿易)両面でグローバル市場に深く食い込むことに成功した。2001年以降、米市場向けを中心に輸出を拡大させ、二桁台の高度成長軌道に乗せた。
 
2008年9月に米国でリーマンショックが起きると、中国は米国債の購入拡大を米国に約束する代わりに、人民元の対ドル・ペッグ制を復活、対米を中心に輸出を回復させ、経済を二桁成長軌道に回帰させた。

まさに焼け太りである。2020年、中国は武漢発の新型コロナウイルス禍を世界に伝播させたが、いち早く輸出増でプラス経済成長に戻した。 
 
日本企業は、マイナス成長の国内を見限ってカネと技術を中国市場に投入、中国産業の底上げに大きく貢献してきた。
 メディアは、9・11というと対岸の火事であるかのごとく、国際テロやアフガニスタンでの「米国史上最長の戦争」にもっぱら目を向けるが、実は日本の国力衰退と中国の脅威増長が同時進行する空白の20年間だった。国家危機の意識にさえ目覚めれば、脱中国による日本再興に踏み出せるのだ。

(初出:月刊『Hanada』2021年11月号)

関連する投稿


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【橋下徹研究⑤】独断で日本を一帯一路に引きずり込んだ橋下徹|山口敬之【永田町インサイド WEB第5回】

【橋下徹研究⑤】独断で日本を一帯一路に引きずり込んだ橋下徹|山口敬之【永田町インサイド WEB第5回】

「中国の電力産業が、西側先進国に作った初めての発電所であり、一番最初に利益を生み出したプロジェクトも大阪です」「我々が黒船ではなく、紅船であることを示しています」と上海電力日本株式会社の刁旭(ちょう・きょく)社長。上海電力を咲洲メガソーラーにステルス参入させた「橋下徹スキーム」が、日本進出を狙う上海電力にとってどれだけ大きな恩恵をもたらしたのか。


【読書亡羊】実は「投票用紙が一番安全」!? 不正選挙を防止せよ! 土屋大洋・川口貴久編著『ハックされる民主主義』(千倉書房)、山田敏弘『プーチンと習近平 独裁者のサイバー戦争』(文春新書)

【読書亡羊】実は「投票用紙が一番安全」!? 不正選挙を防止せよ! 土屋大洋・川口貴久編著『ハックされる民主主義』(千倉書房)、山田敏弘『プーチンと習近平 独裁者のサイバー戦争』(文春新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


驳斥中国驻日本大使孔铉佑的各式谎言|樱井良子

驳斥中国驻日本大使孔铉佑的各式谎言|樱井良子

孔铉佑大使在中国驻日使馆的官方网站上用日文发表了一篇充满谎言的文章,而日本政府及外务省竟然允许这样荒谬的事情依然存在。对此我们不禁要问:“孔大使,您怎能如此堂而皇之地信口雌黄?”要知道对于“谎言重复百次就会成为真理”这样的事情,我们是绝不允许发生的。


バイデン氏が増幅するインドの安保上の試練|ブラーマ チェラニー

バイデン氏が増幅するインドの安保上の試練|ブラーマ チェラニー

バイデン氏のアジア政策は、インドの安全保障上の試練をただでさえ増幅している。米露新冷戦の到来で、インドの中立がもっと試練にさらされることは確かだ。


最新の投稿


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?