9・11と中国共産党|田村秀男

9・11と中国共産党|田村秀男

20年前の9月といえば、すぐに思い浮かぶのは9・11だ。 しかし、時を同じくして、日本も大きな帰路に立っていた。 9・11の前日に起こっていた米国と中国の動きとは――。


中国を経済膨張に導くレールに

思えば、20年前の9月は日本にとっても運命の月だった。同月11日の米中枢同時テロ後、間もなく、米国は対中強硬路線を全面転換し、こともあろうに共産党独裁の強権が経済を支配する中国を自由貿易クラブである世界貿易機関(WTO)への仲間入りを認めた。

しかも米国は中国人民元の対ドル固定制を受け入れ、モノとカネで中国を経済膨張に導くレールを提供し、日本はひたすら中国市場にどっぷりと浸かっていく。
 
2001年1月に発足したブッシュ(子)政権は、のっけから中国を「戦略的競争相手国」とみなし、「戦略的パートナー」と呼んだクリントン前政権の親中路線を断ち切った。日本では同年四月に小泉純一郎政権が発足していた。
 
拙論の当時の米国取材メモを紹介しよう。ホワイトハウス高官は、「小泉改革を全面的に支援する。中国の脅威に備え日本経済を強くしたいからだ」と意気込む。
 
米軍の電子偵察機が中国の海南島周辺で中国軍戦闘機と空中衝突した「海南島事件」が四月一日に起き、米中関係緊迫の最中だった。別のホワイトハウス筋は、「江沢民主席は、しきりにブッシュ大統領と連絡をとりたがるのだが、大統領はそのつど受話器を取り上げるなと拒絶している」と言っていた。
 
ほどなく政権内の中国市場重視派が巻き返し、ドラマは急転回し始める。オニール財務長官は2001年9月10日、北京の人民大会堂で江沢民国家主席、項懐誠財政相(いずれも当時)と会談した。「9・11」前日だ。米議会では、米ドルにペッグ(釘付け)している人民元相場に対する反発が渦巻いている。
 
項財政相は、「人民元は変動するとしてもちょっとだけにしたい」と陳情。オニール長官は内心、「しょせん中国はまだ統制経済だ。市場資本主義の力にまかせると中国は崩壊してしまう」と考えた。オニール長官と江沢民主席は口をそろえた。
「辛抱しましょう、そして一緒にやりましょう」と(以上は、オニール長官の回想記『忠誠の代償』原書から)。
 

脱中国で日本再興に踏み出せ

中国が人民元の小幅切り上げと小刻みな管理変動に踏み切ったのは2005年7月だが、北京は六月末にオニール氏後任のスノー財務長官に事前に知らせて根回しした。

長官はグリーンスパン連邦準備制度理事会(FRB)議長とともに米議会の対中強硬派議員たちに会い、人民元改革案を受け入れさせた。
 
国際貿易で中国の地位を圧倒的に高めたのは無論、WTO加盟である。ブッシュ政権はクリントン前政権が行った中国のWTO加盟交渉を中断させていたが、「9・11」を機に態度を軟化させた。

対テロ対策で中国との協調を迫られたからだ。九月十七日にはWTOの中国作業部会の合意文書が採択され、十一月のWTO閣僚会議で加盟が正式承認された。
 
9・11はニューヨーク金融市場をも大きく変えた。当時、情報技術(IT)バブル崩壊の後遺症に苦しんでいた市場がテロ攻撃の追い討ちを食らった。FRBのグリーンスパン議長とブッシュ政権は、米経済を牽引するのは住宅市場と見込んで住宅関連の金融の拡大策をとった。

そこで低所得者向けを含めた住宅ローンが活気づき、住宅ローン証券化商品が爆発的に増加。価格が上昇する住宅を担保にした借金を元手に家計消費を刺激していく。
 
中国は米国のおかげで、カネ(人民元)とモノ(貿易)両面でグローバル市場に深く食い込むことに成功した。2001年以降、米市場向けを中心に輸出を拡大させ、二桁台の高度成長軌道に乗せた。
 
2008年9月に米国でリーマンショックが起きると、中国は米国債の購入拡大を米国に約束する代わりに、人民元の対ドル・ペッグ制を復活、対米を中心に輸出を回復させ、経済を二桁成長軌道に回帰させた。

まさに焼け太りである。2020年、中国は武漢発の新型コロナウイルス禍を世界に伝播させたが、いち早く輸出増でプラス経済成長に戻した。 
 
日本企業は、マイナス成長の国内を見限ってカネと技術を中国市場に投入、中国産業の底上げに大きく貢献してきた。
 メディアは、9・11というと対岸の火事であるかのごとく、国際テロやアフガニスタンでの「米国史上最長の戦争」にもっぱら目を向けるが、実は日本の国力衰退と中国の脅威増長が同時進行する空白の20年間だった。国家危機の意識にさえ目覚めれば、脱中国による日本再興に踏み出せるのだ。

(初出:月刊『Hanada』2021年11月号)

関連する投稿


「2021年11月号」新聞広告大公開!

「2021年11月号」新聞広告大公開!

「小石河連合」はなぜ不発に終わったのか。自民党総裁選、アフガニスタン、新型コロナなどマスメディアが作り上げた「虚像」を斬る!広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!いま読みたい記事が、ここにはある!


月刊『Hanada』2021年11月秋冷号

月刊『Hanada』2021年11月秋冷号

「高市早苗独占手記」をはじめ、総力大特集「安倍・高市は本気だ!」、総力特集 「アフガン崩壊は日本の危機!」、特集「ありがとう、菅総理!」、岸信夫防衛大臣インタビュー(聞き手・有本香)、「台湾・尖閣徹底大討論」、特別対談「横尾忠則×みうらじゅん」など11月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


9・11で米国が失ったもの|久保弾(ジャーナリスト)

9・11で米国が失ったもの|久保弾(ジャーナリスト)

9・11から20年。その20年の間、「テロとの戦い」で米国は何を得て、何を失ったのか――。


中国国家ぐるみの犯罪 JAXA攻撃とレンタルサーバー|山崎文明

中国国家ぐるみの犯罪 JAXA攻撃とレンタルサーバー|山崎文明

日本および朝鮮半島を担当するハッキング集団「中国61419部隊」の女性軍人が依頼したのは「レンタルサーバーの契約」だった。レンタルサーバー無法国家・日本で今、中国の工作・情報窃取がかつてないほど深刻化している。これは決して他人事ではない!


アフガンの鉱物資源を狙う中国|奈良林直

アフガンの鉱物資源を狙う中国|奈良林直

バイデン政権はアフガニスタンからの撤退を正当化する理由として、戦略的に重要な中国との抗争に米軍の資源を集中できると説明してきた。拙速な米軍撤退が逆に中国を利する結果を招くとすれば、これ以上の皮肉はない。


最新の投稿


「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

菅総理はなぜ退陣しなければならなかったのか。「総花的でぼんやりしている」との厳しい声に岸田内閣はどう向き合えばいいのか。そして、なぜ、矢野財務次官は月刊誌で「このままでは国家財政は破綻する」と政府批判を展開したのか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が事の本質に迫る!


歩く風評被害 山本太郎の「放射脳」|坂井広志

歩く風評被害 山本太郎の「放射脳」|坂井広志

「水に流す」という言葉があるが、「水に流せない」こともある。2011年、「高濃度汚染地域・東京から山本太郎です。超高濃度汚染地域、福島・東北にお住まいの皆さん、こんにちは」「避難してください。未来はないです。子供たちを無理心中に引き込まないでください。大人として、子供のためにも疎開してください」と発言した山本太郎を再び、国会議員にしてもいいのか。


【読書亡羊】「もどかしい系議員」と呼びたい 小川淳也・中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)

【読書亡羊】「もどかしい系議員」と呼びたい 小川淳也・中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


やり直せるのはいいことだけど……|電脳三面記事

やり直せるのはいいことだけど……|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。もう忘れられた感がありますが、某メンタリストのやらかしたことを覚えていますか? 失敗してもやり直せるのはいいことですが、加害者だけがやり直せるのはいかがなものでしょうか。


自衛隊は便利屋でいいのか|岩田清文

自衛隊は便利屋でいいのか|岩田清文

新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターは新たな延長期間に入り、対象年齢もが引き下げられ16歳と17歳への接種が始まった。自衛隊が運営しているだけに、接種会場はシステマティックで、見事な運営がされているという。だが、その一方で「近頃、何でもかんでも自衛隊、これでいいのか?」という危惧の声も聞かれる。自衛隊元最高幹部の問題提起!(初出:月刊『Hanada』2021年9月号)