なべやかん遺産|「東映不思議コメディシリーズ②」

なべやかん遺産|「東映不思議コメディシリーズ②」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は前回に引き続き「東映不思議コメディーシリーズ②」!


大女優になると確信していたが……

前回予告した東映不思議コメディーシリーズの美少女シリーズを、もう一度熱く語りたいと思う。
1981年から1993年までの12年間、日曜の朝を華やかにしてくれたシリーズで、ロボットものから始まり、生物、美少女とバトンを渡されていった。ロボットも生物も大好きだったが、年頃の男子には美少女の方が興味深いのは当然。

自分も一般的な男子の一人であったので美少女シリーズに萌え萌えだった。
 
芸能界に入り多くの仕事をやって来たが、こういった夢のある作品に参加した事は無いので、もしもこのシリーズが復活するなら是非出演したい。
 
このシリーズには“ワハハ本舗枠”というのがあり、多くのワハハの芸人さんが出演している。それが実に羨ましい。でも、あくまでも羨ましいのはそれだけ。それ以外のワハハには何一つ羨ましくないが。(笑)
 
シリーズ9作目『魔法少女ちゅうかなぱいぱい!』(1989)が放送開始されると、自分のテンションはMaxになった。主題歌のカセットを買い、車の運転中はエンドレスで聞いていた。
 
カセットというのが時代を感じさせるね。原宿のキデイランドで魔法ステッキなどのグッズを買いに行った時もカセットで主題歌を聞きながらだった。
 
ぱいぱいを演じた小沢なつきさんは、とても可愛かった。アイドルとしても女優としても次々と良い仕事をこなしていき、ぱいぱい後には大化けし大女優になると確信していた。しかし、その予想は見事に外れる。      
 
毎週放送を楽しみにしていた『魔法少女ちゅうかなぱいぱい!』が突然放送終了になる事が知らされた時は愕然とした。
 
この当時は今のようにインターネット情報が簡単に入って来る時代ではなかったので、情報は現場のスタッフさんから直に聞くしかなく、生の声は確かな情報だった。

一年の予定の番組が早期終了、これはただ事ではない。理由をスタッフさんに聞くと「小沢さんがマネージャーと駆け落ちしちゃったんだよ」と言ったので物凄くショックだった。
 
数週間後、スタッフさんが言った通りになり番組が終了した。小沢なつきロスは強大だ。

小沢なつきさんのその後

『魔法少女ちゅうかなぱいぱい!』終了後に始まったのは『魔法少女ちゅうかないぱねま!』で、主役のいぱねまは島崎和歌子さんが演じた。数年後、島崎さんと一緒に番組をやっていた時にこの時の話を聞くと「どこにチャンスが転がっているかわからないわよね」と言って笑っていたからね。
 
数年経ち頭の中から小沢なつきさんの事が薄れて行った頃、またショックな事が起こった。芸能界を引退したと思っていた小沢なつきさんが突然ヘアヌード写真集を出して復活。ぱいぱいのぱいぱいが何故か大きくなっていて、それもショックだった。

その後、脱ぎのシーンがあるビデオシネマなどで主役の座に返り咲いたが、それも長くは続かなかった。またもや芸能界から消えてしまい二度と小沢なつきさんを見る事は無いのかと思っていたら、数年後、AVの世界で復帰。ぱいぱい時代の輝きとは違い影が見えてしまったので、それが悲しかった。
 

ぱいぱいの衣装。本物の衣装は存在感が違う。

関連する投稿


なべやかん遺産|「東映不思議コメディーシリーズ」

なべやかん遺産|「東映不思議コメディーシリーズ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「東映不思議コメディーシリーズ」!


なべやかん遺産|「ゴジラvs.コング」

なべやかん遺産|「ゴジラvs.コング」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴジラvs.コング」!


なべやかん遺産|立て看板

なべやかん遺産|立て看板

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「立て看板」!


なべやかん遺産|「ゴモラ」

なべやかん遺産|「ゴモラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴモラ」!


なべやかん遺産|「許せないゴジラ」

なべやかん遺産|「許せないゴジラ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「許せないゴジラ」!


最新の投稿


「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

「岸田ショック」はなぜ起きたのか|和田政宗

菅総理はなぜ退陣しなければならなかったのか。「総花的でぼんやりしている」との厳しい声に岸田内閣はどう向き合えばいいのか。そして、なぜ、矢野財務次官は月刊誌で「このままでは国家財政は破綻する」と政府批判を展開したのか。「本音」で語れる政治家、和田政宗参議院議員が事の本質に迫る!


歩く風評被害 山本太郎の「放射脳」|坂井広志

歩く風評被害 山本太郎の「放射脳」|坂井広志

「水に流す」という言葉があるが、「水に流せない」こともある。2011年、「高濃度汚染地域・東京から山本太郎です。超高濃度汚染地域、福島・東北にお住まいの皆さん、こんにちは」「避難してください。未来はないです。子供たちを無理心中に引き込まないでください。大人として、子供のためにも疎開してください」と発言した山本太郎を再び、国会議員にしてもいいのか。


【読書亡羊】「もどかしい系議員」と呼びたい 小川淳也・中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)

【読書亡羊】「もどかしい系議員」と呼びたい 小川淳也・中原一歩『本当に君は総理大臣になれないのか』(講談社現代新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


やり直せるのはいいことだけど……|電脳三面記事

やり直せるのはいいことだけど……|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。もう忘れられた感がありますが、某メンタリストのやらかしたことを覚えていますか? 失敗してもやり直せるのはいいことですが、加害者だけがやり直せるのはいかがなものでしょうか。


自衛隊は便利屋でいいのか|岩田清文

自衛隊は便利屋でいいのか|岩田清文

新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センターは新たな延長期間に入り、対象年齢もが引き下げられ16歳と17歳への接種が始まった。自衛隊が運営しているだけに、接種会場はシステマティックで、見事な運営がされているという。だが、その一方で「近頃、何でもかんでも自衛隊、これでいいのか?」という危惧の声も聞かれる。自衛隊元最高幹部の問題提起!(初出:月刊『Hanada』2021年9月号)