【偽善者列伝】浜矩子、反安倍なら何でも許されるのか|加地伸行

【偽善者列伝】浜矩子、反安倍なら何でも許されるのか|加地伸行

加地伸行「マスコミ偽造者列伝ー建前を言いつのる人々」


浜矩子、反安倍なら何でも許されるのか

マスコミ偽善者列伝 建て前を言いつのる人々

話題沸騰中! 加地伸行『マスコミ偽善者列伝 建て前を言いつのる人々』より

「どアホノミクス」の末期症状

書店に寄ると、1時間は立ち読み。今回、浜矩子「どアホノミクスの『女性活躍』に騙されるな!」(『サンデー毎日』平成29年1月8・15日合併号)には驚いた。

原稿表題中の、人を笑わせようとした「アホノミクス」は、浜某の造語らしい。それに編集部が「ど」を加えたのかもしれない。

それはともかく、「どアホノミクス」という表現には品がない。もちろん、表現の自由があるからそれは勝手。だが、品のない表現でも、巧まざるユーモアが漂ってこそ笑いを取り、みなを楽しましてくれる。しかし、「どアホノミクス」ということばには、笑いがない。下手な喧嘩を売っている姿だけ。「アベノミクス」と「アホノミクス」とを重ねた駄洒落では練度が低い。いや、あえて言えば、笑いのセンスがない。それは物事の表面しか理解できていないことを示している。

事実、浜某の所説は、安倍政権の施策に対する単純な全面否定だけであって、ではどうするのかという己れが考え出した具体的提言がない。政権の施策への建設的批判ではなく、単なる否定では、それこそいつか来た道を想い出させる。すなわち落ちぶれた旧社会党(現在の社民党)のなんでも反対路線。それは裏返せば、無能ということ。

論理性なき「戦前回帰」論

浜某は、安倍政権は「大日本帝国に立ち戻るという大方針に従っている」と明言している。これに対し、サンデー毎日の記者が大日本帝国とは大げさな比喩表現ではないかと心配気に問うているが、浜某は「微塵もそうではありません」と断言している。

その根拠はと言えば、「安倍首相が『戦後レジームから脱却する』と言っている以上、それは戦前に戻ることを意味するとしか解釈できません。戦前とはすなわち大日本帝国となる」と答えている。

老生、これほど単純な頭の構造の大学教員がいることが信じられない。「戦後レジームからの脱却」が、なぜ即戦前体制化となるのか。歴史は時間の経過に由る変化を必然的に与える。安倍首相は、現状から、戦後に加えられた悪しきものを取り除きたいと主張しているのである。あくまでも歴史的現在に立脚しているのであって、大日本帝国復帰などそれこそ〈微塵も〉企図していない。

大日本帝国──それは大日本帝国憲法(いわゆる明治憲法)に基づく体制である。

となると、天皇は「立法権ヲ行フ」・「陸海軍ヲ統帥ス」・「戦ヲ宣シ」、そして「日本臣民ハ……兵役ノ義務ヲ有ス」、また「貴族院」を作り「華族」を置くこととなる。そうなることを安倍首相が企図しているということを、実証的に論理的に説明してみよ。できるのか。できないではないか。

つまり、浜某の立場は、己れの思いこみという、単純な個人的感情表白にすぎず、そこに論理性がまったくない。

井戸端会議レベルで教授が務まるのか

そのことをなんと自分自身がはっきりと言っているのである。すなわち「なぜ安倍政権の『女性活躍推進法』はダメかというと、動機が不純だからです」と。

動機──倫理学上の「動機」という意味で浜某が使っているわけではない。ごく単純に「原因」といった意味で使っている。仮にそれがどちらの意味であろうと、動機は、本人以外、だれも明白にし確定することなどできないではないか。そんなことは、若者風に「君の名は」流に言えば、〈前前前前前世紀から〉分っている。

にもかかわらず、動機が不純と断ずる。これはもう〈論〉ではなくて〈感情〉であり、井戸端会議でのペチャクチャ噂話の域。

安倍首相の所論を確めることもなく、動機を勝手に特定しての噂話のばらまき。こんなレベルの低い者が、学生に徹底的に論理性を鍛える大学院教授を勤めることができるのが不思議である。さしたる学識も見識もない教員に限って大話をしたがるものである。

古人曰く、狂夫(独り善がりの者)の楽しみは、智者 哀しむ。愚者の笑ふ所は、賢者 察ぶ(詳しく明らかにし批判する)、と。

*史記が依った『戦国策』趙策にこの文はない。『商君書』更法篇に似た文がある。

【古典の知恵】

狂夫の楽しみは、智者〔それを〕哀しむ。
愚者の笑ふ所は、賢者〔それを〕察ぶ。
『史記』趙世家

著者略歴

加地伸行

https://hanada-plus.jp/articles/190

1936年(昭和11年)、大阪に生まれる。1960年、京都大学文学部卒業。高野山大学、名古屋大学、大阪大学、同志社大学を経て、立命館大学フェロー、大阪大学名誉教授、文学博士。専攻、中国哲学史。月刊『Hanada』で「一定不易」を連載中。

関連する投稿


「実子誘拐ビジネス」の闇 ハーグ条約を“殺した”人権派弁護士たち|池田良子

「実子誘拐ビジネス」の闇 ハーグ条約を“殺した”人権派弁護士たち|池田良子

「実子誘拐」告発キャンペーン第2弾!なぜ日本は「子どもの拉致国家」と呼ばれているのか。その裏には、ハーグ条約を“殺した”人権派弁護士たちの暗闘があった――。なぜ人権派は共同養育に反対するのか。子どもの権利をどう考えているのか。海外のケースだけではない。国内でも「実子誘拐」は日常的に行われているのだ。実名告発!誰も触れられなかった禁断の扉がついに開かれる!


山本太郎ファクトチェック|坂井広志

山本太郎ファクトチェック|坂井広志

「空気を読めるから、空気を読まない」。“歩く風評被害”と呼ばれる山本太郎がついに、東京都知事選に立候補。“おもしろい”選挙戦になることは間違いないが、“おもしろい”で本当にいいのだろうか。空気に流されないために、山本太郎の過去の言説をファクトチェック!彼は民主主義の救世主か、それとも……。“ファンタジー・ヤマモトタロウ”の正体とは?


感染爆発回避した日本人の力|櫻井よしこ

感染爆発回避した日本人の力|櫻井よしこ

命令権の発動なしにここまで達成したのは、日本でなければできない立派なことだ。ただウイルスとの闘いはこれからも恐らく長く続くだろう。第2波、第3波の襲来を現体制で乗り切れるのか。わが国の危機対応体制はこのままでよいのか。


三種の武漢ウイルス 「集団免疫」という起死回生|山口敬之

三種の武漢ウイルス 「集団免疫」という起死回生|山口敬之

「安倍政権は死因までも誤魔化しているのだ」。安倍政権のコロナ対応は失敗だったのか。日本はウイルスの抑え込みに最も成功した国であるにもかかわらず、なぜ、支持率は急落したのか。安倍政権の一連の対応を振り返りながら、“集団免疫獲得”の実像に迫る!L型の流入の有無こそが、日米伊の分水嶺となった――。


致死率と死亡率を混同 危機煽るワイドショー|藤原かずえ

致死率と死亡率を混同 危機煽るワイドショー|藤原かずえ

日本は世界の主要国に比べて死亡率が極めて低い。にもかかわらず、日本国民の日本政府への評価が低いのはなぜなのか。ひとつの理由が、常識的な安倍政権のリスク管理をワイドショーがヒステリックに罵倒し、情報弱者をミスリードしたことにある――。新型コロナをめぐる日本政府の一連の対応を、データとロジックで読み解く!日本モデルは成功したのか、それとも――。


最新の投稿


世界一の要注意人物・習近平の思考回路|石平

世界一の要注意人物・習近平の思考回路|石平

毛沢東以来の、共産党政権最大の独裁者・習近平はいったいどのような思考回路をしているのか? 私はこう断言する!「習近平には、長期的な視点に立って自国の国益を考える余裕もなければその能力もない」と。


空自出身議員が重大証言!ブルーインパルス妨害工作の「真犯人」|渡辺康平

空自出身議員が重大証言!ブルーインパルス妨害工作の「真犯人」|渡辺康平

新型コロナウイルス感染症と戦う医療従事者に感謝と敬意を表すため、都心上空を飛行したブルーインパルス。それを政権批判に利用するメディアや文化人たち。繰り返される組織的な妨害活動など知られざるブルーインパルス苦難の歴史を航空自衛隊出身の議員が初めて告発。


日本でも進む習近平の『目に見えぬ侵略』|クライブ・ハミルトン

日本でも進む習近平の『目に見えぬ侵略』|クライブ・ハミルトン

菅総理に伝えたい習近平の手口。中国の報復を恐れ出版停止が相次いだ禁断の書『目に見えぬ侵略』の著者が緊急警告!中国人による多額の献金、中国のエージェントと化した国会議員――オーストラリアで行われたことは日本でも確実に進行中だ!日本よ、目を醒ませ!


「反原発・親共産」の野党再編|梅澤昇平

「反原発・親共産」の野党再編|梅澤昇平

立憲民主党と国民民主党と野合によって「帰ってきた民主党」が誕生。このあとに来るのは、共産党、社民党などとの国政における選挙協力だ。日本を破滅させる「新・立憲民主党」に国民の支持は到底集まらない。今こそ国民民主党の残留組が日本維新の会と提携するなど新たな改憲勢力を形成すべき時だ!


花田編集長の今日もねこびより|花田紀凱

花田編集長の今日もねこびより|花田紀凱

ねこ好きにはたまらない、新連載がスタート!花田家のねこをほぼ毎日、紹介いたします。第10回は、「階段の手すりでくつろぐKIKI」です。