月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

「菅首相、衆院選目標『私は欲張り』」(時事)、「首相、憲法改正『挑戦したい』」(共同)、「首相改憲に意欲『コロナに打ち勝った後に挑戦』」(産経新聞)、「菅首相 衆院解散時期 “コロナを収束させていく中で”」(NHK)など、菅義偉総理が国民の疑問と不安にすべて答えた「独占インタビュー」が早くも各メディアで話題に!総力大特集「中国共産党100年の大罪」、橋本聖子会長「五輪、無観客 決断の舞台裏」、「激突大討論!稲田朋美×小川榮太郎」、「朝日新聞崩壊の全真実」など9月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


□佐藤優【猫はなんでも知っている】 ▶今後の政局は公明党と共産党の対決だ
□室谷克実【隣国のかたち】 ▶戦勝報告の韓数字
□重村智計【朝鮮半島通信】▶韓国大統領選挙の悪知恵に乗せられるな

□【私のらくらく健康法】佐藤弘道▶オリンピックに刺激を受けて(取材・文/笹井恵里子)
□笹井恵里子【暮らしの救急箱】▶アイスクリームは健康にいい
□白澤卓二【ボケない食事】▶フラボノイドの力
□小林詔司【コバヤシ鍼灸院】▶原因不明の五十肩

□平川祐弘【一比較研究者の自伝】▶日本の政治と世界の政治(上)
□深谷隆司【一言九鼎】▶編集長も涙した満州引き揚げ体験(上)
□高田文夫【月刊Takada】▶東京漫才七十年史

□加地伸行【一定不易】
□石平【知己知彼】▶ 中国共産党「百年の秘密兵器」
□山際澄夫【左折禁止!】▶緊急事態宣言下の東京五輪

□九段靖之介【永田町コンフィデンシャル】▶毎朝のひそかな楽しみ
□田村秀男【常識の経済学】▶ コロナ格差は日本の国家危機だ!
□門田隆将【現場をゆく】▶ 世界に恥を晒した「無観客五輪」の報い

□有本香【香論乙駁】▶「リベラル老人会」が日本を滅ぼす
□久保弾 【世界の常識を疑え】▶ ベゾスは地球上の嫌われ者?

□新田哲史【ファクトチェック最前線】▶横浜市長選のカオス
□蛭゛芸子【電脳三面記事】▶令和リモコン陣地取り合戦
□河村真木【世界の雑誌から】▶第121回

□堤堯の今月この一冊▶石平『中国共産党 暗黒の百年史』
□西川清史の今月この一冊▶長谷川克『ツバメのひみつ』
□谷口智彦の今月この一冊▶小野圭司『日本 戦争経済史』
□向井透史【早稲田古本劇場】▶店、開く

□秋山登の今月この一本+セレクション▶『キネマの神様』+6本
□なべおさみ【エンドロールはまだ早い】▶クリント・イーストウッド(下)

□みうらじゅん【シンボルズ】▶革製品
□高野ひろし【イカの筋肉】▶第445号
□爆笑問題【日本原論】▶もはや緊急ではない緊急事態

□読者から
□編集部から、編集長から

※休載
□西村眞【日本人、最期のことば】
□村西とおる【人生相談「人間だもの」】

石平『中国共産党 暗黒の百年史』

関連する投稿


光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

安倍晋三元総理はなぜ死ななければならなかったのだろうか。なぜテロに斃れなければならなかったのか。なぜ日本の警察と公安の弛緩しきった警備体制の犠牲にならなければならなかったのか。櫻井よしこ氏が綴った慟哭の30枚。


与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

与党にはびこる〝中国共産党代理人〟|長尾たかし

欧米各国が中国による人権侵害を事実認定して、政府や議会において対応すべく法整備が整っているのに、なぜ日本だけは一歩も前に進めないのでしょうか。永田町、霞が関の広範囲にわたって、中国共産党の呪いがかけられているとしか思えません――。


「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

「ピークパワーの罠」に向かう中国|湯浅博

問題は、国力のピークを迎えた新興大国が一転、迫り来る衰退を恐れると、他国に攻撃的になるという「ピークパワーの罠」が現実味を帯びてくることである。


日本人よ、雄々しく立ち上がれ|櫻井よしこ

日本人よ、雄々しく立ち上がれ|櫻井よしこ

わが国は現在も中国に国土売却を続けている。エネルギーの源である電力網にさえ中国資本の参加を許している。


「異次元の少子化対策」増税ではなく国債で!|和田政宗

「異次元の少子化対策」増税ではなく国債で!|和田政宗

岸田総理は「異次元の少子化対策」を年頭会見で打ち出したが、自民党税制調査会幹部が「将来の消費税も含め、地に足をつけた議論をしなければならない」とテレビ番組で述べたことから、不満の声が国民から上がっている――。


最新の投稿


「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

「緑なき島」、高額報酬、天下り、はぐらかし続けるNHK|和田政宗

1月31日に行われた自民党総務部会(NHK予算審議)は大紛糾となった――。NHKは国民の受信料から成り立っている組織である。「経営改革」と言いながら、自らの報酬に手をつけない経営陣がこの世のどこにいるだろうか。


『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

『デンジャー・ゾーン』「日本語版へのまえがき」を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作の「日本語版まえがき」を特別公開!


話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

話題書『デンジャー・ゾーン』の序章の一部を特別公開!

早まる台湾有事を警告した2022年8月刊の話題の書『デンジャー・ゾーン 迫る中国との衝突』の第一人者による邦訳が完成。ピーター・ナヴァロ『米中もし戦わば』やマイケル・ピルズベリー『China2049』、グレアム・アリソン『米中開戦前夜』を越える衝撃作から、中国による台湾攻撃のシミュレーションを一部公開!


光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

光に満ちた悲劇、安倍晋三とヤマトタケル|櫻井よしこ

安倍晋三元総理はなぜ死ななければならなかったのだろうか。なぜテロに斃れなければならなかったのか。なぜ日本の警察と公安の弛緩しきった警備体制の犠牲にならなければならなかったのか。櫻井よしこ氏が綴った慟哭の30枚。


両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

両親が覚悟の独占告白!国政を動かす「小川さゆり」の真実|福田ますみ

メディアが連日報じる元宗教二世・「小川さゆり氏」の壮絶な体験。日本外国特派員協会でも涙ながらの会見を行い、与野党のヒアリングに応じるなど、その発言は国政にも大きな影響を及ぼしている。だが、彼女の発言は果たして本当なのか? なぜ一切検証されないのか? 「このままではいけない」と彼女の両親が決意の告白を行った。当事者の声を追ったノンフィクション作家・福田ますみ氏渾身のルポ。