月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

月刊『Hanada』2021年9月五輪熱中号

「菅首相、衆院選目標『私は欲張り』」(時事)、「首相、憲法改正『挑戦したい』」(共同)、「首相改憲に意欲『コロナに打ち勝った後に挑戦』」(産経新聞)、「菅首相 衆院解散時期 “コロナを収束させていく中で”」(NHK)など、菅義偉総理が国民の疑問と不安にすべて答えた「独占インタビュー」が早くも各メディアで話題に!総力大特集「中国共産党100年の大罪」、橋本聖子会長「五輪、無観客 決断の舞台裏」、「激突大討論!稲田朋美×小川榮太郎」、「朝日新聞崩壊の全真実」など9月号も読みどころが満載!読みたいニュース、知りたいニュースがここにある!


□佐藤優【猫はなんでも知っている】 ▶今後の政局は公明党と共産党の対決だ
□室谷克実【隣国のかたち】 ▶戦勝報告の韓数字
□重村智計【朝鮮半島通信】▶韓国大統領選挙の悪知恵に乗せられるな

□【私のらくらく健康法】佐藤弘道▶オリンピックに刺激を受けて(取材・文/笹井恵里子)
□笹井恵里子【暮らしの救急箱】▶アイスクリームは健康にいい
□白澤卓二【ボケない食事】▶フラボノイドの力
□小林詔司【コバヤシ鍼灸院】▶原因不明の五十肩

□平川祐弘【一比較研究者の自伝】▶日本の政治と世界の政治(上)
□深谷隆司【一言九鼎】▶編集長も涙した満州引き揚げ体験(上)
□高田文夫【月刊Takada】▶東京漫才七十年史

□加地伸行【一定不易】
□石平【知己知彼】▶ 中国共産党「百年の秘密兵器」
□山際澄夫【左折禁止!】▶緊急事態宣言下の東京五輪

□九段靖之介【永田町コンフィデンシャル】▶毎朝のひそかな楽しみ
□田村秀男【常識の経済学】▶ コロナ格差は日本の国家危機だ!
□門田隆将【現場をゆく】▶ 世界に恥を晒した「無観客五輪」の報い

□有本香【香論乙駁】▶「リベラル老人会」が日本を滅ぼす
□久保弾 【世界の常識を疑え】▶ ベゾスは地球上の嫌われ者?

□新田哲史【ファクトチェック最前線】▶横浜市長選のカオス
□蛭゛芸子【電脳三面記事】▶令和リモコン陣地取り合戦
□河村真木【世界の雑誌から】▶第121回

□堤堯の今月この一冊▶石平『中国共産党 暗黒の百年史』
□西川清史の今月この一冊▶長谷川克『ツバメのひみつ』
□谷口智彦の今月この一冊▶小野圭司『日本 戦争経済史』
□向井透史【早稲田古本劇場】▶店、開く

□秋山登の今月この一本+セレクション▶『キネマの神様』+6本
□なべおさみ【エンドロールはまだ早い】▶クリント・イーストウッド(下)

□みうらじゅん【シンボルズ】▶革製品
□高野ひろし【イカの筋肉】▶第445号
□爆笑問題【日本原論】▶もはや緊急ではない緊急事態

□読者から
□編集部から、編集長から

※休載
□西村眞【日本人、最期のことば】
□村西とおる【人生相談「人間だもの」】

石平『中国共産党 暗黒の百年史』

関連する投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


台湾総統選 頼清徳氏の勝利と序章でしかない中国の世論工作|和田政宗

台湾総統選 頼清徳氏の勝利と序章でしかない中国の世論工作|和田政宗

中国は民進党政権を継続させないよう様々な世論工作活動を行った。結果は頼清徳氏の勝利、中国の世論工作は逆効果であったと言える。しかし、中国は今回の工作結果を分析し、必ず次に繋げてくる――。


中国で逮捕された邦人の救出に全力を尽くせ|矢板明夫

中国で逮捕された邦人の救出に全力を尽くせ|矢板明夫

数カ月もすると、拘束される人は精神状態がおかしくなり、外に出て太陽の光を浴びるため、すべてのでっち上げられた罪を自白する人もいる。中国当局のやり方が深刻な人権侵害であることは言うまでもない。


日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日中首脳会談が約1年ぶりに開催された。岸田総理は日本の排他的経済水域(EEZ)内に設置されたブイの即時撤去等を求めたが、中国は「ゼロ回答」であった。聞く耳を持たない中国とどう向き合っていけばいいのか。(サムネイルは首相官邸HPより)


ミツカン「種馬事件」、再び、敗訴|西牟田靖

ミツカン「種馬事件」、再び、敗訴|西牟田靖

2013年、中埜大輔さんは、ミツカンの創業家出身のオーナー経営者である中埜和英会長の次女、聖子さんと結婚、翌年には男の子が誕生した。だが、彼の人生は義父母によって破壊された。生後4日目の子供を義父母の養子に差し出すよう強要されたのに始まり、別居の命令、離婚の強要、親子引き離し(実子誘拐)を目的とした日本への配転、告発報道の取材に応じたことを理由に即日解雇――。まるで中埜一族に「種馬」のように使われ、放り出されたのだ。


最新の投稿


トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

トランスジェンダー予備自衛官の本音|小笠原理恵

バイデン大統領は2021年1月25日、トランスジェンダーの米軍入隊を原則禁止したトランプ前大統領の方針を撤廃する大統領令に署名した。米軍では大統領が変わるごとにLGBTの扱いが激変――。だが、自衛隊ではお互いに理解を深めつつ共存している。その一例をご紹介しよう。


【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

【今週のサンモニ】住民関係をズタズタにする『サンモニ』・反原発活動家|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

【読書亡羊】「K兵器」こと韓国製武器はなぜ売れるのか 伊藤弘太郎『韓国の国防政策』(勁草書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

【今週のサンモニ】寺島実郎氏の「禅問答」に徹底的に付き合ってみた|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今回はいつも何を言っているのかピンとくることのない寺島実郎氏のコメントに、逐一突っ込みを入れてみました。


被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

被災地支援会議より新年会を優先…川勝知事の「知事失格」言行録|小林一哉

新年早々、リニア妨害宣言した川勝知事。 しかし、知事失格の言動はこれだけではなかった