尖閣の緊張を高めているのは中国だ|太田文雄

尖閣の緊張を高めているのは中国だ|太田文雄

中国は海警法を施行し、中国の「管轄海域」で外国船に海警が武器を使用できることを明記した。中国の攻勢に対処するため自衛隊出動の要件緩和を急げ!


岸信夫防衛相は2月末、中国海警局の船が尖閣諸島周辺の日本領海侵入を繰り返していることを念頭に、外国公船の乗員が同諸島に上陸しようとする場合、自衛隊による「危害射撃」(相手に危害を加える射撃)が可能との見解を述べた。

我が国の法体系では、自衛隊の平時の海上警備行動と有事の際の防衛出動との間のいわゆるグレーゾーン事態における規定がないことから、中国は近年その弱点を突く戦略を取ってきた。その第一が2013年の海上法執行機関の海警への統合であり、第二に、2018年にその海警を行政機関である国務院から党中央軍事委員会の指揮下に移管した。そして第三として今年2月、海警法を施行し、中国の「管轄海域」で外国船に海警が武器を使用できることを明記した。

日本は冒険主義でない

中国は2016年の国際仲裁裁判で南シナ海の支配を国際法上認められないと裁定されたにもかかわらず、そのほぼ全域を実効支配し、ベトナムやフィリピンの船に対する実力行使を行っている。従って、海警法を制定して武器使用を明記したのは、東シナ海とりわけ尖閣諸島の実効支配を企図したものと考えられる。

海警法が施行された2月1カ月間に、海警の船が尖閣諸島周辺の日本領海に侵入したのは6日間、延べ14隻だった。1月は3日間、延べ6隻、昨年12月は3日間、延べ8隻だったから、日数も隻数も倍増した。にもかかわらず、海上保安庁は縄張り意識からか、警察権で対応できるとして自衛隊の役割拡大に賛成していない。

2015年の平和安全法制整備の際、自衛隊がグレーゾーン事態に対処する領域警備法の制定を含めなかった理由として、当時の安倍晋三首相は「日本側が事態をミリタリーのレベルにエスカレートさせたとの口実を与える恐れ」があるため、と国会で述べた。その背景には、無人島である尖閣をめぐる日中間の紛争に巻き込まれたくないという同盟国・米国の意向があったものと推測する。米海軍大学の学術誌ネーバルウォーカレッジ・レビュー2020年秋季号に載った論文「グレーゾーン紛争時代の同盟のジレンマを改善する―日米同盟から学ぶ教訓」は、尖閣防衛に関する部分で、日本の「冒険主義」に米国が引きずられる恐れを指摘している。

自衛隊に「領域警備」任務を

中国の攻勢に対処するには、法的には警察権の強化と、自衛隊出動の要件緩和という二つのアプローチがある。前者が今回の危害射撃の容認であったとすれば、後者は自衛隊への領域警備任務の付与であろう。

中国が仕掛ける法律、世論、心理の三戦に対し、我が国も三戦で国際社会に訴える必要がある。(2021.03.08 国家基本問題研究所「今週の直言」より転載)

関連する投稿


台湾有事で日本は何をする|田久保忠衛

台湾有事で日本は何をする|田久保忠衛

台湾有事が実際に起きた際、同盟国軍が血を流している時に、自衛隊だけは後方支援に徹するのか。そして、中国によるウイグル人抑圧を虐殺と断じて怒った米国の隣で、法律がないことを理由に知らぬ顔をする国でいいのか。北朝鮮との間で拉致問題という人道案件を抱える日本は、どのような顔をして米国に助力を要請するのだろうか。


対米交渉続行が中国の本音|田久保忠衛

対米交渉続行が中国の本音|田久保忠衛

冒頭から激しい応酬があった米中外交トップ会談。会談のやり取りから感情の部分を除去すると中国側の意外な本音が見えてくる。


同性婚訴訟の地裁判決について|髙池勝彦

同性婚訴訟の地裁判決について|髙池勝彦

原告が敗訴した「同性婚訴訟」。だが、マスコミは、同性婚を認めないのは憲法違反であると裁判所が判断したと一斉に報道し、原告勝訴であるかのような印象を与へた。


「クアッドの精神」で対中抑止を|湯浅博

「クアッドの精神」で対中抑止を|湯浅博

クアッドの構成国だけで世界の防衛費の半分を占め、人口と国内総生産(GDP)も3分の1に上る。四つの民主主義国を結ぶ「ダイヤモンド型の結束」が対中パワーバランスを可能にする。


異様だった中国外相の記者会見|矢板明夫

異様だった中国外相の記者会見|矢板明夫

王毅・国務委員兼外相が全人代の記者会見で習近平国家主席に公然と忠誠心を誓う光景は異様に感じられた。王毅氏の発言は、これからの中国の外交がますます強硬になる可能性を示唆したともいえる。


最新の投稿


世界に示した日本人の雄々しさ|安倍晋三

世界に示した日本人の雄々しさ|安倍晋三

平成23年(2011年)3月11日は、いまを生きる私たちにとって忘れ得ぬ日となりました――安倍晋三前総理が初めて綴った東日本大震災と日本論。


ジョンソン英首相は中国を許さない|岡部伸

ジョンソン英首相は中国を許さない|岡部伸

脱中国に舵を切り、関係諸国と「中国包囲網」を形成する英国のジョンソン首相。自由貿易協定、ウイグル人権制裁、北京五輪ボイコット――日本は英国と手を携えて自由主義国の気概を示せ。今こそ「新・日英同盟」を!


台湾有事で日本は何をする|田久保忠衛

台湾有事で日本は何をする|田久保忠衛

台湾有事が実際に起きた際、同盟国軍が血を流している時に、自衛隊だけは後方支援に徹するのか。そして、中国によるウイグル人抑圧を虐殺と断じて怒った米国の隣で、法律がないことを理由に知らぬ顔をする国でいいのか。北朝鮮との間で拉致問題という人道案件を抱える日本は、どのような顔をして米国に助力を要請するのだろうか。


習近平の頭脳狩り「千人計画」とは何か?|佐々木類

習近平の頭脳狩り「千人計画」とは何か?|佐々木類

知的財産を頭脳ごと盗み出す習近平による「千人計画」の全貌。対象者は学者だけでなくメディア関係者にも及ぶ。日本は今、野放し状態で中国などの草刈り場となっている!


なべやかん遺産|「歯」

なべやかん遺産|「歯」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「歯」!