米国はミャンマー政策で失敗を重ねるな|ブラーマ チェラニー

米国はミャンマー政策で失敗を重ねるな|ブラーマ チェラニー

ミャンマーの軍部は、中国に不信感を持っている。中国がミャンマーの政府と軍部に影響力を及ぼすため、反乱勢力を支援してきたと信じているためだ。実のところ、ミャンマー軍首脳はスー・チー氏が習近平国家主席と過度に親密になってきたことを懸念していた。


Getty logo

独立を達成して以来、少数民族の反乱に悩まされてきた多民族国家ミャンマーで、唯一機能した国家機関が軍であった。しかし、10年前に軍部が段階的な民主化プロセスを開始した後も、欧米は軍部との関係構築に注力しなかった。欧米はアウン・サン・スー・チー氏だけに政治投資をし、スー・チー氏を事実上の聖人に祭り上げた後、イスラム教徒少数民族ロヒンギャの窮状をめぐり、スー・チー氏の指導力に失望を表明した。

今月のクーデターは米国のミャンマー政策の最大の弱みを浮き彫りにした。それは軍部との関係を構築しなかったことである。それどころか米国は軍部に背を向け、ロヒンギャの国外脱出を「民族浄化」であると決め付け、2019年11月にはミン・アウン・フライン国軍総司令官らに制裁を発動した。

制裁強化は最悪の選択

米国の間違いは、ミャンマーの軍部との関係構築拒否と軍首脳への制裁発動によって、民主化や二国間関係に影響を及ぼさずに軍部の内政への影響力を弱められると考えたことである。米国は軍部の全面支援が民主化継続のカギであり、さもなければミャンマーは軍政に戻るという単純な事実が分からなかった。

米国は軍部の民主化支援に動機を与えようとする代わりに、その逆を行った。米国の制裁は軍首脳が民主化方針を堅持する動機をなくした。そうした「アメがなく、ムチだけ」の対応は、軍首脳が選挙で選ばれた政府から権力を奪うのを促した。米国は重大な計算違いのせいで、新しい軍事政権への影響力をほとんど持たない。

今日、米国の政策にとって最悪の選択は、4分の1世紀近くに及んだ米国主導の厳しい制裁で気乗り薄のミャンマーを中国の腕の中へ追いやった2012年以前の状況へ回帰することである。それは米国のミャンマー政策失敗に輪をかけるだけだ。米国の提唱でミャンマーが国際的に孤立すれば、中国の習近平独裁政権はミャンマーで中国の利益を強力に推進する戦略的恩恵を受けることになる。

日印の意見を聞け

最新の投稿


多くの中国人はなぜ契約を破り平気で嘘をつくのか|石平

多くの中国人はなぜ契約を破り平気で嘘をつくのか|石平

「一族中心主義」と並んで、実は多くの中国人を動かすのにもう一つの伝統の行動原理がある。それは「実利中心主義」である。日本人と同じ価値観で中国人に接すると必ずや手痛い目にあう!


Jアノンに認定された保守言論人|山岡鉄秀

Jアノンに認定された保守言論人|山岡鉄秀

トランプ支持者を一括りに「陰謀論者」と決めつけ、危険な「カルト集団」と見なして排除しようとすることは、実に危険で馬鹿げた行為だ。敵とみなす人々を一緒くたにし、レッテル貼りして糾弾するやり方は「ネーム・コーリング」という伝統的なプロパガンダの手法である。「デマはどのように拡散されたのか」のリサーチを行い、「Jアノン認定」も行った、コーネル大学のモア・ナアマン教授にその真意を問う!


韓国国防白書の驚くべき「親中反日」|西岡力

韓国国防白書の驚くべき「親中反日」|西岡力

北朝鮮は敵でない、中国は戦略的協力同伴者と定める一方で、「韓国軍にとって協力への障害があるのは、世界で日本だけ」―日本を敵国認定した韓国国防白書。文政権下の韓国が今どこへ向かおうとしているのが一目瞭然だ。


英空母とクアッドの共同訓練を提案する|太田文雄

英空母とクアッドの共同訓練を提案する|太田文雄

英空母部隊の東アジア来航時、これにドイツ海軍のみならずフランス海軍も加わったら、英仏独というNATO主要海軍国が揃い踏みすることになり、クアッド(日米豪印4カ国)との共同訓練で中国に対しては強烈なメッセージを発することができる。


あなたたちは北京五輪をボイコットしますか|花田紀凱

あなたたちは北京五輪をボイコットしますか|花田紀凱

《沈黙は賛同であると言われ、強く反省しています。私はいかなる性差別にも反対します》と世界陸上銅メダルの為末大。ならば、問う。「森発言」のどこが「女性差別」にあたるのか。《沈黙は賛同》であるならば、中国が行うウイグルでの「ジェノサイド」にこそ声を上げるべきだ。