なべやかん遺産|「歪んだ怪獣ソフビ」

なべやかん遺産|「歪んだ怪獣ソフビ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「歪んだ怪獣ソフビ」!


珍味の味わい

子供の頃、とても神経質だった。机に物を置いた時、机の端と置いた物が水平になるようにしないと気持ちが悪かった。

几帳面といえばそうなのかもしれないが、部屋の片付けとかはやらないので散らかっている。左右対称に関しても、神経質なくらい敏感だった。散髪に行っても、鏡に映る自分の髪の盛り上がりが左右少しでも違うと、それを美容師さんに注文を付けていたので、常に苦笑いされていた。

おそらく「面倒臭いな、このクソガキ」と思っていたのだろう。

 怪獣ソフビを集めだした頃も、ソフビを正面から見て左右非対称の物が好きになれず、造形的に体が歪んでいるものなんてもってのほか、コレクションとして欲しいと思わなかった。
 
怪獣ソフビが増えていき棚に陳列する時も、全ての怪獣を正面に向け足先を揃え一直線に並べた。さらに数が増えていくと尻尾が長い怪獣もあるので真正面だと棚の奥に尻尾がぶつかってしまうため斜めに飾るようになった。
 
この時から、今までと違う角度から怪獣達を眺めるようになる。数がとてつもなく増えていくと尻尾を各々の隙間に通さないと置ききれなくなり、様々な角度で飾らざるを得なくなった。

その結果、様々な角度から怪獣ソフビを眺める事になり、怪獣ソフビの味がより理解出来るようになっていった。

これは怪獣に限った事でなく、様々な事に関し視野が広がっていったという事だろう。
 
マルサン(ウルトラセブン時期は社名がマルザン)の怪獣&宇宙人ソフビの中には左右非対称のものがある。左右非対称のデザインではなく、単に体が歪んでいるもので、おそらく原型師の癖だろう。

コレクションを始めた頃は、そういったソフビが好きになれずコレクションに加える事はなかった。マルザンのウルトラセブンの怪獣&宇宙人にはそういったものが多かったので、セブン関連のマルザンソフビは若い頃は手に入れたいとは思わなかった。

時が経ち、カラスミや豆腐ようなどの珍味の味がわかるようになった頃、歪みのあるソフビ達の味もわかるようになっていった。歪みは造形師の癖であるが、そこから来る温かみのあるデフォルメ感と躍動感を感じられる。

それはやはり様々な角度からソフビ人形達を眺めてきた影響だろう。 
 

マルザンのミクラス。骨盤の歪みが特徴的。

マルザンのエレキング。今にも動きそうな躍動感がある。

それでは左右の歪みのある怪獣ソフビ達をご紹介しよう。ミクラスは一見左右対称感はあるが、骨盤の歪みや肩の高さのズレもある。

ミクラスと劇中で戦ったエレキングはもっと左右非対称だ。昔はこの歪みが凄く嫌だったのだけれど、ちゃんと見ると、今からこちらに向かって来そうな足の構え、戦う姿勢が感じられ凄く恰好が良い。

最新の投稿


Jアノンに認定された保守言論人|山岡鉄秀

Jアノンに認定された保守言論人|山岡鉄秀

トランプ支持者を一括りに「陰謀論者」と決めつけ、危険な「カルト集団」と見なして排除しようとすることは、実に危険で馬鹿げた行為だ。敵とみなす人々を一緒くたにし、レッテル貼りして糾弾するやり方は「ネーム・コーリング」という伝統的なプロパガンダの手法である。「デマはどのように拡散されたのか」のリサーチを行い、「Jアノン認定」も行った、コーネル大学のモア・ナアマン教授にその真意を問う!


韓国国防白書の驚くべき「親中反日」|西岡力

韓国国防白書の驚くべき「親中反日」|西岡力

北朝鮮は敵でない、中国は戦略的協力同伴者と定める一方で、「韓国軍にとって協力への障害があるのは、世界で日本だけ」―日本を敵国認定した韓国国防白書。文政権下の韓国が今どこへ向かおうとしているのが一目瞭然だ。


英空母とクアッドの共同訓練を提案する|太田文雄

英空母とクアッドの共同訓練を提案する|太田文雄

英空母部隊の東アジア来航時、これにドイツ海軍のみならずフランス海軍も加わったら、英仏独というNATO主要海軍国が揃い踏みすることになり、クアッド(日米豪印4カ国)との共同訓練で中国に対しては強烈なメッセージを発することができる。


あなたたちは北京五輪をボイコットしますか|花田紀凱

あなたたちは北京五輪をボイコットしますか|花田紀凱

《沈黙は賛同であると言われ、強く反省しています。私はいかなる性差別にも反対します》と世界陸上銅メダルの為末大。ならば、問う。「森発言」のどこが「女性差別」にあたるのか。《沈黙は賛同》であるならば、中国が行うウイグルでの「ジェノサイド」にこそ声を上げるべきだ。


『Hanada』編集部オススメ、4月号の「これはウマイ!」

『Hanada』編集部オススメ、4月号の「これはウマイ!」

グルメ通販記事「月刊『Hanada』おすすめ これはウマイ!」、編集部が厳選した今月のオススメはこちら! ぜひ「これはウマイ!」と舌つづみを打ってください。