なべやかん遺産|「歪んだ怪獣ソフビ」

なべやかん遺産|「歪んだ怪獣ソフビ」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「歪んだ怪獣ソフビ」!


珍味の味わい

子供の頃、とても神経質だった。机に物を置いた時、机の端と置いた物が水平になるようにしないと気持ちが悪かった。

几帳面といえばそうなのかもしれないが、部屋の片付けとかはやらないので散らかっている。左右対称に関しても、神経質なくらい敏感だった。散髪に行っても、鏡に映る自分の髪の盛り上がりが左右少しでも違うと、それを美容師さんに注文を付けていたので、常に苦笑いされていた。

おそらく「面倒臭いな、このクソガキ」と思っていたのだろう。

 怪獣ソフビを集めだした頃も、ソフビを正面から見て左右非対称の物が好きになれず、造形的に体が歪んでいるものなんてもってのほか、コレクションとして欲しいと思わなかった。
 
怪獣ソフビが増えていき棚に陳列する時も、全ての怪獣を正面に向け足先を揃え一直線に並べた。さらに数が増えていくと尻尾が長い怪獣もあるので真正面だと棚の奥に尻尾がぶつかってしまうため斜めに飾るようになった。
 
この時から、今までと違う角度から怪獣達を眺めるようになる。数がとてつもなく増えていくと尻尾を各々の隙間に通さないと置ききれなくなり、様々な角度で飾らざるを得なくなった。

その結果、様々な角度から怪獣ソフビを眺める事になり、怪獣ソフビの味がより理解出来るようになっていった。

これは怪獣に限った事でなく、様々な事に関し視野が広がっていったという事だろう。
 
マルサン(ウルトラセブン時期は社名がマルザン)の怪獣&宇宙人ソフビの中には左右非対称のものがある。左右非対称のデザインではなく、単に体が歪んでいるもので、おそらく原型師の癖だろう。

コレクションを始めた頃は、そういったソフビが好きになれずコレクションに加える事はなかった。マルザンのウルトラセブンの怪獣&宇宙人にはそういったものが多かったので、セブン関連のマルザンソフビは若い頃は手に入れたいとは思わなかった。

時が経ち、カラスミや豆腐ようなどの珍味の味がわかるようになった頃、歪みのあるソフビ達の味もわかるようになっていった。歪みは造形師の癖であるが、そこから来る温かみのあるデフォルメ感と躍動感を感じられる。

それはやはり様々な角度からソフビ人形達を眺めてきた影響だろう。 
 

マルザンのミクラス。骨盤の歪みが特徴的。

マルザンのエレキング。今にも動きそうな躍動感がある。

それでは左右の歪みのある怪獣ソフビ達をご紹介しよう。ミクラスは一見左右対称感はあるが、骨盤の歪みや肩の高さのズレもある。

ミクラスと劇中で戦ったエレキングはもっと左右非対称だ。昔はこの歪みが凄く嫌だったのだけれど、ちゃんと見ると、今からこちらに向かって来そうな足の構え、戦う姿勢が感じられ凄く恰好が良い。

関連する投稿


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ワンフェス2024冬」!


なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「年末年始大作戦」!


なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「東京ミニコン2023」!


なべやかん遺産|エクシストコレクション

なべやかん遺産|エクシストコレクション

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「エクシストコレクション」!


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。