北海道札幌市・ツキネコカフェにて

北海道札幌市・ツキネコカフェにて

瀬戸内みなみの「猫は友だち」 第8回


私がヨボヨボのおばあちゃんになっても

私は心配性なので、やってくるかどうかも分からない未来のことを、今からとても心配している。

猫のいない生活など考えられない。でも私がヨボヨボのおばあちゃんになったとき、猫は私のそばにいてくれるのだろうか。「年寄りが猫を飼うなんて」と周囲に反対されるかもしれない。自分の余命と猫の寿命とを比べて、自ら諦めてしまうかもしれない。

……えーっ、そんなのはイヤだ!!

猫の永年預かり

と悶々としている私の前に、福音のように立ち現れたあるシステムがあった。

それは「猫の永年預かり」。
 
飼い主のいない猫は世の中にあふれているのに、それを保護する団体が猫を譲渡する条件はとても厳しい。高齢者が猫を飼いたいと申し出ても、たいていは年齢を理由に断られてしまう。

猫も高齢者も、団体も

それならその高齢者に万一のことがあったときに、もう一度その団体が引き取ればいい、というのが「永年預かり」だ。

「預かり」としながらも、実質は譲渡。これなら人手やお金にいつも困っている団体も助かる。猫も自分の家ができる。

もちろん猫を飼いたい高齢者にとって、これ以上の喜びはない。三方いいとこ取りなのだ!

ツキネコカフェ

「年齢は関係ありませんよ。ちゃんと人間同士のコミュニケーションが取れるひとだと判断すれば、私は猫を渡します」

と話すのは、制度を立ち上げたNPO法人「猫と人を繋ぐツキネコ北海道」代表の吉井美穂子さんだ。

札幌市内で猫の保護施設「ツキネコカフェ」と「ニャイダーハウス」を運営している。「永年預かり」の条件はひとつ、万が一のときに「ツキネコ」に連絡が行くようにしておくこと。

私には猫が、猫には私が

「ツキネコ」からこれまで5匹の猫を「永年預かり」した久野(くの)千津子さんが生き生きと、猫との暮らしを話してくれる。

「両親と夫を見送ってひとりになり、もう私を必要としてくれるものはいないのだと感じて毎日辛かった時期がありました。
 
でも今は、毎日がとても幸せ。猫たちには私が必要なんだと思えるんです」

私の老後の安心のために……

私がこのシステムを初めて知ったのはもう4年前で、当時新聞や週刊誌でも取り上げられた。全国から保護団体も視察に来ている。

なのに「ツキネコ」以外でこの制度を運用しているところはまだ聞かない。もっと全国に広まってもいいと思うのだが。

たくさんのひとにこのシステムのことを知ってほしい。そして全国で、お年寄りと猫との幸せな出会いがもっと増えることを願ってやまない(私の老後の安心のために……!)。

(初出:月刊『ねこ新聞』2019年1月号)

※ツキネコカフェへのお問い合わせは、「猫と人を繋ぐツキネコ北海道」info@tsukineko.net

※「日本で唯一の『猫文学』新聞」、月刊『ねこ新聞』については公式サイト(http://www.nekoshinbun.com)をご覧ください。


著者略歴

瀬戸内みなみ

作家 広島県生まれ。上智大学文学部卒業。会社勤務などを経て、小説、ノンフィクションなどを手掛けている。テーマは猫と旅と日本酒。著書に『にっぽん猫島紀行』(イースト新書)。月刊『Hanada』で「わが人生に悔いなし」を連載中。



最新の投稿


「2019年11月号」新聞広告大公開!

「2019年11月号」新聞広告大公開!

2号続けて完売御礼!大増刷出来!自暴自棄、自失、自爆の文在寅!


月刊『Hanada』2019年11月号

月刊『Hanada』2019年11月号

10月号に続いて11月号も完売御礼!大増刷出来!


北海道札幌市・ツキネコカフェにて

北海道札幌市・ツキネコカフェにて

瀬戸内みなみの「猫は友だち」 第8回


イギリスで国際人権問題化した韓国の戦争犯罪ライダイハン|産経新聞論説委員・前ロンドン支局長 岡部伸

イギリスで国際人権問題化した韓国の戦争犯罪ライダイハン|産経新聞論説委員・前ロンドン支局長 岡部伸

1964年から73年までベトナム戦争に出兵した約32万人の韓国軍兵士たちが、12歳の少女を含む数千人のベトナム人女性を強姦し、5,000人から30,000人の混血児が生まれた――韓国が、文在寅大統領が、今もひた隠す戦争犯罪に対して国際社会が遂に怒りの声を上げ始めた。日本では報じられない歴史戦の最前線を徹底レポート!


「表現の不自由展」はヘイトそのものだ |門田隆将

「表現の不自由展」はヘイトそのものだ |門田隆将

「表現の不自由展」初の実体験レポート!月刊『Hanada』2019年10月号(完売御礼!)に掲載され、大反響を呼んだ門田隆将氏のルポを特別に全文公開!本日の午後、「表現の不自由展・その後」が再開されましたが、門田隆将氏のルポは8月3日、つまりは中止になる前日の模様を描いた希少な体験記です。