北海道札幌市・ツキネコカフェにて

北海道札幌市・ツキネコカフェにて

瀬戸内みなみの「猫は友だち」 第8回


私がヨボヨボのおばあちゃんになっても

私は心配性なので、やってくるかどうかも分からない未来のことを、今からとても心配している。

猫のいない生活など考えられない。でも私がヨボヨボのおばあちゃんになったとき、猫は私のそばにいてくれるのだろうか。「年寄りが猫を飼うなんて」と周囲に反対されるかもしれない。自分の余命と猫の寿命とを比べて、自ら諦めてしまうかもしれない。

……えーっ、そんなのはイヤだ!!

猫の永年預かり

と悶々としている私の前に、福音のように立ち現れたあるシステムがあった。

それは「猫の永年預かり」。
 
飼い主のいない猫は世の中にあふれているのに、それを保護する団体が猫を譲渡する条件はとても厳しい。高齢者が猫を飼いたいと申し出ても、たいていは年齢を理由に断られてしまう。

猫も高齢者も、団体も

それならその高齢者に万一のことがあったときに、もう一度その団体が引き取ればいい、というのが「永年預かり」だ。

「預かり」としながらも、実質は譲渡。これなら人手やお金にいつも困っている団体も助かる。猫も自分の家ができる。

もちろん猫を飼いたい高齢者にとって、これ以上の喜びはない。三方いいとこ取りなのだ!

ツキネコカフェ

「年齢は関係ありませんよ。ちゃんと人間同士のコミュニケーションが取れるひとだと判断すれば、私は猫を渡します」

と話すのは、制度を立ち上げたNPO法人「猫と人を繋ぐツキネコ北海道」代表の吉井美穂子さんだ。

札幌市内で猫の保護施設「ツキネコカフェ」と「ニャイダーハウス」を運営している。「永年預かり」の条件はひとつ、万が一のときに「ツキネコ」に連絡が行くようにしておくこと。

私には猫が、猫には私が

「ツキネコ」からこれまで5匹の猫を「永年預かり」した久野(くの)千津子さんが生き生きと、猫との暮らしを話してくれる。

「両親と夫を見送ってひとりになり、もう私を必要としてくれるものはいないのだと感じて毎日辛かった時期がありました。
 
でも今は、毎日がとても幸せ。猫たちには私が必要なんだと思えるんです」

私の老後の安心のために……

私がこのシステムを初めて知ったのはもう4年前で、当時新聞や週刊誌でも取り上げられた。全国から保護団体も視察に来ている。

なのに「ツキネコ」以外でこの制度を運用しているところはまだ聞かない。もっと全国に広まってもいいと思うのだが。

たくさんのひとにこのシステムのことを知ってほしい。そして全国で、お年寄りと猫との幸せな出会いがもっと増えることを願ってやまない(私の老後の安心のために……!)。

(初出:月刊『ねこ新聞』2019年1月号)

※ツキネコカフェへのお問い合わせは、「猫と人を繋ぐツキネコ北海道」info@tsukineko.net

※「日本で唯一の『猫文学』新聞」、月刊『ねこ新聞』については公式サイト(http://www.nekoshinbun.com)をご覧ください。


著者略歴

瀬戸内みなみ

作家 広島県生まれ。上智大学文学部卒業。会社勤務などを経て、小説、ノンフィクションなどを手掛けている。テーマは猫と旅と日本酒。著書に『にっぽん猫島紀行』(イースト新書)。月刊『Hanada』で「わが人生に悔いなし」を連載中。



関連する投稿


偏向メディアが愛する「表現の自由」|山岡鉄秀|日本エア野党の会

偏向メディアが愛する「表現の自由」|山岡鉄秀|日本エア野党の会

【WEB限定配信!】月刊『Hanada』の大人気連載「日本エア野党の会」より、緊急レポートが到着!あいちトリエンナーレ、日墺友好150周年記念事業「Japan Unlimited」など、「表現の自由」を巡る議論が盛んに行われているが、そもそもこの問題は「表現の自由」の問題なのだろうか。「表現の自由」を人質に取った日本国へのヘイトではないのか――問題の核心に、山岡鉄秀会長が迫る!


イギリスで国際人権問題化した韓国の戦争犯罪ライダイハン|産経新聞論説委員・前ロンドン支局長 岡部伸

イギリスで国際人権問題化した韓国の戦争犯罪ライダイハン|産経新聞論説委員・前ロンドン支局長 岡部伸

1964年から73年までベトナム戦争に出兵した約32万人の韓国軍兵士たちが、12歳の少女を含む数千人のベトナム人女性を強姦し、5,000人から30,000人の混血児が生まれた――韓国が、文在寅大統領が、今もひた隠す戦争犯罪に対して国際社会が遂に怒りの声を上げ始めた。日本では報じられない歴史戦の最前線を徹底レポート!


「表現の不自由展」はヘイトそのものだ |門田隆将

「表現の不自由展」はヘイトそのものだ |門田隆将

「表現の不自由展」初の実体験レポート!月刊『Hanada』2019年10月号(完売御礼!)に掲載され、大反響を呼んだ門田隆将氏のルポを特別に全文公開!本日の午後、「表現の不自由展・その後」が再開されましたが、門田隆将氏のルポは8月3日、つまりは中止になる前日の模様を描いた希少な体験記です。


朴槿恵はこうして「殺された」米国人博士が暴いた朴槿恵弾劾の真相|タラ・オ(Tara O)博士

朴槿恵はこうして「殺された」米国人博士が暴いた朴槿恵弾劾の真相|タラ・オ(Tara O)博士

「驚いたことに、朴槿恵大統領弾劾訴追案の国会成立まで、直接的な捜査はもちろん証拠を収集する努力さえなかった。 法典にもない『国政壟断』という罪に問われ、その国政壟断の『スモーキングガン(動かぬ証拠)』はJTBCのタブレットPC報道だった。」


GSOMIA파기 문재인의 본성(GSOMIA破棄 文在寅の正体)

GSOMIA파기 문재인의 본성(GSOMIA破棄 文在寅の正体)

변희재(邊熙宰)


最新の投稿


金正恩最大のタブー「母は在日朝鮮人」|李英和

金正恩最大のタブー「母は在日朝鮮人」|李英和

「重大な実験」を繰り返すなど挑発行動を活発化させる北朝鮮。実は国内で今もなお金正恩委員長の神格化作業が足踏みを続けていることはあまり知られていない。なぜなのか? そこには金正恩の生母にまつわる「不都合な真実」という決して乗り越えられない絶壁がある。国家機密にまで指定された金正恩体制の「アキレス腱」にして最大のタブー!その真実に迫る。  


『ルトワックの日本改造』訳者解説|奥山真司 

『ルトワックの日本改造』訳者解説|奥山真司 

最強の戦略家、最新書き下ろし! 最新情報に基づく、日本人のための戦略的思考。『日本4・0』の続きとして、この難局を切り抜けるのに必要な「柔軟かつ反応的(リアクティブ)」な戦略の要諦を徹底指南。長期かつ全体的な視野で、具体的なプランを次々と提示し、日本に本気の改革を迫る。本書に掲載されている訳者・奥山真司氏の解説を、『Hanada』プラスで特別公開!


黙殺され続けるLGBT当事者たちの本音|福田ますみ

黙殺され続けるLGBT当事者たちの本音|福田ますみ

雑誌『新潮45』の廃刊が一つのきっかけとなり議論が巻き起こったLGBT問題。メディアでは一部の活動家の声があたかも「LGBT当事者の声」であるかのように取り上げられ、野党議員も政権批判の道具、パフォーマンス材料としてそれに群がった。ところが騒ぎが静まると、まるで「用済み」と言わんばかりにメディアも野党もLGBTについては何ら関心を示さず今日に至る。 『新潮45』廃刊騒動とはいったい何だったのかー―。報じられなかった真の当事者たちの声をベストセラー『でっちあげ』、『モンスターマザー』(ともに新潮社)の著者であるノンフィクション作家の福田ますみ氏が追った。


「2020年1月号」新聞広告大公開!

「2020年1月号」新聞広告大公開!

「違い」がわかるみなさまへ。広告がおもしろければ、雑誌もおもしろい!雑誌がおもしろければ、広告もおもしろい!あなたが読みたい記事が、そこにはある!


月刊『Hanada』2020年1月門松号

月刊『Hanada』2020年1月門松号

右でも左でもない。大手マスコミが報じない「ファクト」が1月号も満載!文在寅の「反日種族主義」(総力大特集)、万年野党へのブーメラン(総力特集)、朝日新聞からの抗議の手紙への反論(上念司)、魂を揺さぶる憂国の大演説(百田尚樹)、「伊藤詩織事件」(小川榮太郎)、香港と中国の深層、首里城焼失の「真犯人」、黙殺された公開質問状(河村市長)、高橋純子をつまらせろ!(桑原総)、永久保存版の「グラビア特集」などすべて必読!爆笑問題をはじめ豪華連載陣も魅力のひとつ。