なべやかん遺産|「ノアの神」

なべやかん遺産|「ノアの神」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ノアの神」!


私はノアの神の信仰者

あなたは神を信じますか?
 
いきなりセンシティブな文から始めてしまったが、「神を信じますか?」という質問を親しくない人からされたり、不快な宗教勧誘を受けた場合に用意している返答がある。
「私はノアの神の信仰者です」
 
この返答を聞き、ほとんどの人の顔が「?」になる。逆に「あなたもそうですか!!」と言われたら仲良く話してしまうかもしれない。ノアの神とは一体?
 
説明しよう、ノアの神とは『ウルトラマン』第7話「バラージの青い石」に登場したウルトラマンに似た像の事。5000年前、バラージ王国(架空の国)に磁力怪獣アントラーが出現。アントラーからバラージ大国を救ったのがノアの神である。
 
つまり「ノアの神の信仰者」というのは「ウルトラマンの信仰者」という事だ。これを説明すると大抵の人はあきれ返ってそれ以上何も聞かなくなる。
 
58年前にデザインされ作られたヒーローが今でも人気があり、数いるヒーローの中でもトップランクに君臨している事自体が神がかっている。初代ウルトラマンのシンプルすぎる美しさは現代のウルトラマンとえらい違いだ。まあそれも仕方がない。初代を超えられないから色々とデザインを足していくしかないからね。
 
日本の巨大ヒーローを牽引し続けている初代ウルトラマンは美しい。美しいからこそ多くのファンがいて多くのグッズが求められる。
 
今回は多くのファンが作った初代ウルトラマン関連マスクをご紹介しよう。
 

現存しないAタイプ

でもその前に初代ウルトラマンのマスクに関しちゃんと説明しておかないと。初代ウルトラマンのマスクはA、B、Cの3タイプある。マスクは全て違った原型。AタイプとBタイプは似ているが原型は違う。
 
BタイプとCタイプはFRP素材だが、Aタイプだけはラテックス製(ゴム)だ。撮影で使われたマスクは現存していないが、当時作られたCタイプの型から抜かれたオリジナルモールドマスクは2つ存在する。
 

Aタイプのマスク。オリジナルはラテックスなので表面が粗い。それが表現されている。

関連する投稿


なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴジラ×コング 新たなる帝国」!


薄っぺらい記事|なべやかん遺産

薄っぺらい記事|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「薄っぺらい記事」!


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ワンフェス2024冬」!


なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「年末年始大作戦」!


最新の投稿


【読書亡羊】初めて投票した時のことを覚えていますか? マイケル・ブルーター、サラ・ハリソン著『投票の政治心理学』(みすず書房)

【読書亡羊】初めて投票した時のことを覚えていますか? マイケル・ブルーター、サラ・ハリソン著『投票の政治心理学』(みすず書房)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】暴力を正当化し国民を分断する病的な番組|藤原かずえ

【今週のサンモニ】暴力を正当化し国民を分断する病的な番組|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


正常脳を切除、禁忌の処置で死亡!京都第一赤十字病院医療事故隠蔽事件 「12人死亡」の新事実|長谷川学

正常脳を切除、禁忌の処置で死亡!京都第一赤十字病院医療事故隠蔽事件 「12人死亡」の新事実|長谷川学

正常脳を切除、禁忌の処置で死亡――なぜ耳を疑う医療事故が相次いで起きているのか。その実態から浮かびあがってきた驚くべき杜撰さと隠蔽体質。ジャーナリストの長谷川学氏が執念の取材で事件の真相を暴く。いま「白い巨塔」で何が起きているのか。


トランプ前大統領暗殺未遂と政治家の命を軽視する日本のマスメディア|和田政宗

トランプ前大統領暗殺未遂と政治家の命を軽視する日本のマスメディア|和田政宗

7月13日、トランプ前大統領の暗殺未遂事件が起きた。一昨年の安倍晋三元総理暗殺事件のときもそうだったが、政治家の命を軽視するような発言が日本社会において相次いでいる――。


【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

【今週のサンモニ】テロよりもトランプを警戒する「サンモニ」|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。