なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴジラ×コング 新たなる帝国」!


ゴジラ映画の鑑賞マナー

キングコング大集合!

映画『ゴジラ×コング 新たなる帝国』を観た。日本や海外のゴジラファンの間では『ゴジラ-1.0』の大盛り上がりが収まりきらない中で劇場公開となった。

『ゴジラ-1.0』は第96回アカデミー賞で邦画・アジア映画史上初の視覚効果賞受賞という快挙を成し遂げたので、このゴジラ旋風が追い風になるのか、はたまた作品内容次第では逆風になるので不安とワクワクが入り乱れた気持ちで劇場に向かった。
 
劇場鑑賞日はもちろん初日。よっぽどの予定がない限り初日に観る事にしている。これはゴジラに対する自分なりの最低限のマナーだ。

劇場に着くや否や売店に並び今回の劇場公開記念ソフビや通常版を買う。最近はゴジラ・ストアでも買えるし劇場限定じゃないのが不満。

でも、劇場限定にすると転売ヤーが買い占めちゃうしな。転売ヤー本当に迷惑。劇場公開記念ソフビだが、売り切れると再販があるからありがたみがない。やっぱりプレミア感が欲しいよね? 

でもそうなると転売ヤーが買い占めちゃうから本当に迷惑。(二度目)
 
売店でパンフレット、通常版ゴジラとコング、劇場公開記念ソフビのゴジラを買う。(二種類あるが公開日は一種類のみ販売)

まさか劇場売店で一万円以上の買い物をする羽目になるとは…。こういった行動をしてしまう事自体、舞い上がっている証拠だ。

初代ウルトラマンよりでかい!

『ゴジラ×コング 新たなる帝国』の物語は前作『ゴジラvsコング』の続編で、ゴジラは怪獣王として怪獣達から地上を守っていて、コングは故郷である地球の地下空洞で暮らしている。

独りぼっちのコングは仲間達を探す日々。それと同時に地下空洞から電波信号が感知され、主人公チーム(怪獣調査を行う研究機関)が調査開始。地下空洞から電波を送っていたのはイーウィス族で結晶体ピラミッドを利用し地上の怪獣へSOS信号を発信していた。

コングは地下空洞で遂に同族と巡り合うも襲撃を受ける。その時、小猿のスーコを捕まえ、同族達を奴隷にしている支配猿のスカーキングの元へ案内させる。スーコだが、子猿だと思っていたら身長45メートルもありやがる!!

小さいイメージだったけど初代ウルトラマンよりでかい!!!

スカーキングの命令でシーモ(新怪獣)はコングと戦う。シーモアは冷気を操る能力を持ち、地球を氷河期にした過去を持つ。右手を凍らされダメージをおうコング。一方地上では危機を察したゴジラが様々な核保管施設から放射能を吸収しエネルギーを蓄えていた。

地上に逃れ、ゴジラに危機を伝えに現れたコングに対し、熱線を吐くゴジラ。(せっかく蓄えたのに!)
戸惑いながらもコングとゴジラの対決になるが、ここはお約束シーンだ。

かつての『東映まんが祭り』でもそうだった。『マジンガーZ対デビルマン』や戦隊シリーズ映画でも最初はヒーロー同士がお互い敵だと思って戦ったりする。

今回はまさにそんなセオリー通りの展開だ。戦うゴジラとコングを宥めて共に戦う事を諭すのはイービィス族のもとから飛び出したモスラだった。モスラの説得シーンはゴジラ好きにはお馴染みだ。

『三大怪獣 地球最大の決戦』(1964)でキングギドラから地球を守る為に共に戦えとゴジラとラドンを説得したモスラを思い出す。でもこの時は幼虫だったが。

ゴジラとタッグを組んだコングはモナークの獣医トラッパーが開発した解剖メカ型激震性サンダー・グローブを右腕に装着しスカーキングと戦う。おおよそこんなストーリーだ。

関連する投稿


薄っぺらい記事|なべやかん遺産

薄っぺらい記事|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「薄っぺらい記事」!


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

なべやかん遺産|「ワンフェス2024冬」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ワンフェス2024冬」!


なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

なべやかん遺産|「年末年始大作戦」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「年末年始大作戦」!


なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

なべやかん遺産|「東京ミニコン2023」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「東京ミニコン2023」!


最新の投稿


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)


なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

なべやかん遺産|「ゴジラ×コング 新たなる帝国」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「ゴジラ×コング 新たなる帝国」!


【今週のサンモニ】『サンモニ』コロナ報道を振り返ってみましょう|藤原かずえ

【今週のサンモニ】『サンモニ』コロナ報道を振り返ってみましょう|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。