【読書亡羊】「台湾認識」のアップデートはお済みですか?  野嶋剛『台湾の本音』(光文社新書)

【読書亡羊】「台湾認識」のアップデートはお済みですか? 野嶋剛『台湾の本音』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする2024年最初の時事書評!


争点は対中関係だけではない

台湾総統選は、民進党の頼清徳氏の勝利で幕を閉じた。選挙を経るごとに日本での関心も高まっていて、今回の選挙でも報道各社がリアルタイムに近い形で開票速報を報じていたのが印象的だった。

その理由は第一に台中関係であり、その背景にある米中対立の高まりだが、台湾の有権者にとっての争点はもちろんそれだけではなく、民進党政権の総合的な評価であり、外交・安全保障だけでなく経済政策や民進党議員に関するスキャンダルへの査定という面も大きな要素になっていたようだ。同時に選挙が行われた立法院では民進党が過半数を割ったのも、そうした査定の結果といえる。

台湾の選挙はダイナミックで、有権者は政治に対してかなり厳しい目を持っているとも言われる。「民進党びいきだから、常に民進党に入れる」という惰性的な投票行動ではなく、改心を促すためにあえて対立陣営に投票するというようなことも珍しくないという。

事程左様に、親しみのある隣国・台湾であっても、知っているつもりで知らないことは山のようにある。特に保守派にとっては身近な台湾だが、はたして台湾をどの程度知っているのか、その認識は実態に即しているのか。

そんなことを確認できるのが、野嶋剛『台湾の本音――〝隣国〟を基礎から理解する』(光文社新書)だ。

野嶋氏は中国・香港・台湾に留学し、朝日新聞入社後には台北支局長を務めたこともある、現在はフリーのジャーナリスト。「朝日新聞」が引っ掛かる読者もおられるかもしれないが、そこはご安心頂きたい。台湾独立派の重鎮中の重鎮、金美齢さんが「朝日新聞で唯一信頼できる記者」と太鼓判を押す人物なのだ。

そんな野嶋氏が「そこからですか」の基本のキから、優しい語り口で台湾を紐解くのが本書である。

台湾の本音――〝隣国〟を基礎から理解する

なぜ国民党は中国共産党と親しいのか

基本のキゆえに、台湾に詳しい人であれば言わずもがなの内容と思える部分も少なくないかも知れない。しかしそんな中にも、「え、そうだったの?」と情報が更新される記述に出会うはずだ。

例えば1958年、中国が台湾の金門島を砲撃した「第二次台湾海峡危機」が、「戦後初めて世界が核戦争に近づいた事態」と捉える見方もあるという。差し迫った核戦争の危機と言えば1962年のキューバ危機が真っ先に浮かぶが、実はアメリカはソ連への核攻撃よりも前に「台湾が攻撃されたら、中国本土を核攻撃する」計画を持っていたという。

また、いまいち理解しきれていなかったのが、台湾における国民党の立ち位置だった。「かつては共産党と骨肉の争いを経て台湾に渡り、大陸反抗まで画策していた国民党が、なぜ今、対中融和的(中国共産党に接近)なのか」という点だ。

端的に言えば、これは「第三次国共合作」ゆえだという。国共合作とは、敵同士だった国民党と共産党かつて軍閥打倒、日本打倒のために手を組んだことを指す。その三度目の「合作」が、国民党の連戦党首を中国政府が北京に招いた2005年の出来事だというのだ。

なぜそんなことが可能になったのか。「共産党も国民党も、目的のためには手段を選ばないという姿勢ゆえか」と思ってしまいそうになるが、実はそこには日本人が勘違いしている構図があるという。

野嶋氏は〈国民党は反共=反共産主義ではあるけれども、反中=反中国ではありません〉と述べる。ここだけ読めば「え? だって共産主義と現在の中国は一体のものでしょ?」と思うのだが、そのあたりの国民党・共産党の論理がどのようなものかは、ぜひ本書でご確認いただきたい。

関連する投稿


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】本当は怖いモディ首相の「寝てない自慢」と「熱い胸板自慢」  湊一樹『「モディ化」するインド』(中公選書)

【読書亡羊】本当は怖いモディ首相の「寝てない自慢」と「熱い胸板自慢」 湊一樹『「モディ化」するインド』(中公選書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

中国、頼清徳新総統に早くも圧力! 中国が描く台湾侵略シナリオ|和田政宗

頼清徳新総統の演説は極めて温和で理知的な内容であったが、5月23日、中国による台湾周辺海域全域での軍事演習開始により、事態は一気に緊迫し始めた――。


【読書亡羊】それでもツイッターは踊る  津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

【読書亡羊】それでもツイッターは踊る 津田正太郎『ネットはなぜいつも揉めているのか』(ちくまプリマー新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【読書亡羊】あなたは本当に「ジャーナリスト」を名乗れますか?  ビル・コバッチ、トム・ローゼンスティール著、澤康臣訳『ジャーナリストの条件』(新潮社)

【読書亡羊】あなたは本当に「ジャーナリスト」を名乗れますか? ビル・コバッチ、トム・ローゼンスティール著、澤康臣訳『ジャーナリストの条件』(新潮社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)