【今週のサンモニ】忘年会騒動は番組の「貴重なネタ」|藤原かずえ

【今週のサンモニ】忘年会騒動は番組の「貴重なネタ」|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。今週も相変わらずやらかしてくれる番組です。


サミットの成果を忘年会騒動が打ち消す?

今週のサンモニのトップニュースは首相公邸の忘年会騒動でした。

これは国民生活には何の影響も与えない報道価値が皆無の事案ですが、G7サミットを見事にオーガナイズしてリーダーシップを発揮した岸田内閣の支持率が上昇傾向を示す中、政権批判を目的化している番組にとっては貴重なネタであったと言えます。

アナ:まずは政治についてお伝えします。岸田総理の秘書官を務める長男が月曜日更迭に追い込まれました。きっかけは総理公邸での忘年会。永田町に波紋が広がっています。(中略)

総理秘書官を務める翔太郎氏の進退について事実上更迭を決断した岸田総理。ところが、木曜日に週刊誌が報じたのは同じ忘年会で撮影された集合写真。真ん中にはスウェット姿でリラックスした岸田総理が写っていたのです。

翌朝、問題がなかったか問われると「不適切な行為はない」と述べましたが、バツの悪い事態となったのです。地元広島でのG7の追い風を打ち消しかねない状況です。

公邸の公的スペースにおいて「親族が階段で寝そべる行為」は、特別な地位を利用して稀少性がある公的施設を社会通念から大きく逸脱した形で使用したものと言えます。このような行為に社会が不快を感じるのは無理もなく、【不快原理】に従ってこの行為を批判することには一定の合理性があります。

しかしながら、国家公務員宿舎として法的に貸与されている公邸の私的スペースにおける「親族の会食」や「リヴィングでの集合写真の撮影」を批判することは不合理です。民主主義国家において、国民の一員である首相は、国民から私権を制限される存在ではなく、一般国民と同一の私権を持ちます。他者に危害を与えない限り、この私権は尊重されなければなりません。

そもそも年末年始の老夫婦宅に十数人の親族が集合することは、日本社会では極ありふれた慣習的行動であり、他者からとやかく非難される筋合いのものではありません。これをあたかも問題であるかのように報じることはむしろ公人に対する人権侵害と言えます。

また、「G7サミット広島ビジョン」という世界平和に関わる政治的成果を「公邸における親族の集合写真」という日本国民の生活にも影響しないネタを同等に取り扱って「打ち消しかねない」などと相対化していることは極めて異常です。

このような常軌を逸した価値判断は健全なジャーナリズムとは程遠く、偏向した反政府プロパガンダと捉えるのが蓋然的です。

岸田首相と長男・翔太郎氏

関連する投稿


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【今週のサンモニ】『サンモニ』コロナ報道を振り返ってみましょう|藤原かずえ

【今週のサンモニ】『サンモニ』コロナ報道を振り返ってみましょう|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【今週のサンモニ】中共に空想的平和主義は無力だとおわかりですか?|藤原かずえ

【今週のサンモニ】中共に空想的平和主義は無力だとおわかりですか?|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

【今週のサンモニ】黒川敦彦氏は『サンデーモーニング』の申し子|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


最新の投稿


憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

憲法改正の国会発議はいつでもできる、岸田総理ご決断を!|和田政宗

すでに衆院の憲法審査会では4党1会派の計5会派が、いま行うべき憲法改正の内容について一致している。現在いつでも具体的な条文作業に入れる状況であり、岸田総理が決断すれば一気に進む。


【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

【今週のサンモニ】加藤登紀子が暴いた「サンモニ」のダブスタと不寛容|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

【読書亡羊】世界には「反移民で親LGBT」「愛国的環境保護派」が存在する  中井遼『ナショナリズムと政治意識』(光文社新書)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

【今週のサンモニ】少子化を促進させた『サンモニ』報道|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

6月10日施行の改正入管法で一体、何が変わるのか?|和田政宗

不法滞在者や不法就労者をなくす私の取り組みに対し、SNSをはじめ様々な妨害があった――。だが、改正入管法施行の6月10日以降、誰が正しいことを言っているのか明らかになっていくであろう。(写真提供/時事)