大阪自民、大惨敗! 誰も言わない「敗戦」の内幕|長尾たかし

大阪自民、大惨敗! 誰も言わない「敗戦」の内幕|長尾たかし

大阪自民はなぜ大惨敗したのか。取ってはならぬ手法に手を染め、保守の魂を捨て、勝利の女神だけでなく、古くから自民党を支持する保守層から見放され、自民票は完全に維新に流れた――。(サムネイルは谷口真由美氏Twitterより)


大阪自民は公明党に勝利してはならぬ?

統一地方選挙が終りました。 自民党全体としては大勢に影響なく順当な結果でしたが、自民党大阪府連合会(以下、大阪自民)は事前調査どおりの大惨敗、奈良県知事選挙は禍根を残す選挙結果となりました。 内部から関わった者の視線から振り返ってみたいと思います。

大阪自民は取ってはならぬ手法に手を染め、保守の魂を捨て、勝利の女神だけでなく、古くから自民党を支持する保守層から見放され、自民票は完全に維新に流れました。

大阪府議会では、維新は46議席から55議席へ増やし、 公明党も苦戦が予想されましたが、15議席から14議席へと1議席の減少。 自民党は16議席からなんと7議席へと大幅議席減。大阪市議会では、維新は40議席から46議席へと躍進、公明党は18議席を維持、そして、自民党は14議席から11議席に落としました。

大阪自民大惨敗の原因を一言で言えば、「自滅」です。

公明党に気を使い、公明党候補と戦うこととなる一部の陣営が、大阪府連の決定等により、勝利に向けてあらゆる手段を尽くすことを許されず、無所属で戦う、出馬を断念するなどの事象が今回も発生したのです。どうも、大阪自民候補は公明党候補に勝利してはならぬようです。

たとえば私の本拠地八尾市においては2議席目を争う、公明党候補者との一騎打ち。公明党本部が公認を出しているにもかかわらず、府連は我が陣営の自民党候補者には公認を認めず、無所属での戦いを強いられ、公明党を利する決定を受けたのです。

八尾市の定数は前回3。維新、公明、自民の当選順位で議席を分けましたが、公明と自民との票差はわずか13票。今回は定数が2に減り、我が陣営は13票差をひっくり返し当選できる勝機にあったのです。推薦は出たものの、選挙中の表記は無所属です。 自民党候補者は出馬していない、そう思った有権者が大半だったでしょう。

選挙中、自民党の候補者だと繰り返し伝えても、それは行き届きません。 選挙公報とはそれほどまでに影響力が大きいのです。 投票所に行って初めて候補者の名前を眺める方々からすれば、なんで自民党は出ていないのかということになるのです。 公認がもらえなかったことは本当に痛手でした。

岸田総裁をはじめ、党役員などの推薦の表記すら叶わなかったのですから、 当然、自民党役員による応援演説等もありません。演説中の候補者と写真を撮ってマイクは握らず、次の場所に移動した役員が一人だけいたようです。

もちろん、それだけが陣営大惨敗の理由ではありません。一義的には候補者を支える私たち自身の責任は免れず、候補者には本当に申し訳なく思っています。

また、今回も他の選挙区では出馬すら叶わなかった自民党予定候補者もいたのではないかと推測しています。公明が議席を取るか、自民が議席を取るか、これは有権者の投票という選挙で決めるのが民主主義の原理原則であるはずです。

しかし、いくつかの選挙区においては、自民党筋が予定候補者に圧力をかけるなどして出馬を断念させたのではという疑いを持っています。

造反行為があったならば万死に値する!

現在、私は自民党のあらゆる役職を降り、一党員の立場に過ぎませんので、今回の事の経緯を確認できる立場にありません。ただ、過去には同様のことを役員として目の当たりにしております。

過去に、自民党公認として活動していた予定候補者に対し、選挙直前になって公認から推薦への格下げ通知が出される、出馬を取りやめさせられるなど、この後処理を実際に私が対応した経験があるのです。うち一人の予定候補者は、それまでの半年間の活動に300万円程を必要経費として使っていました。

決して裕福な家庭ではないにもかかわらず、政治に対する純粋な一途な気持ちを持って、必死に活動費を捻出し、歯を食いしばりながら活動していたことを私はよく知っています。

私の選挙区外の予定候補者でしたので私が関わる立場にはないのですが、某参議院議員の紹介で、私の衆議院選挙を手伝ってくれたご縁もあり、私としては恩義があります。

当時の府連会長に対し、事実上府連として出馬を取り止めさせたのだから、府連としても活動費の補填等、何らかの責任を取る必要があるのではないかと一緒に直談判しました。

けんもほろろでしたが、その数カ月後、本人から私に、多少の金額を補填してもらったという報告がありました。ちなみにその選挙区は今もなお、自民党候補者が立つことはなく、維新と公明党で定数2の議席を両党で分けあっております。

当時これらを決定した方々はおそらく、公明党から「別の支援」をもらおうという魂胆だったのでしょうか。今回については推測でしかありませんが、これらのことは遡ること数回の統一地方選挙において行われてきたことです。地方選挙で「闘う政治家」の生き様をかけた取り組みを踏みにじってでも、確保したかった何かがあったのでしょう。

今回、定数最後の1議席を公明党と争った陣営は我が陣営の他に3陣営(こちらは全て公認)ありましたが、全て惜敗しています。我々の上部組織として陣頭指揮をとる立場にあるものによる敵前逃亡、造反行為があったとするならば、これは万死に値します。

関連する投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

硫黄島をはじめ多くのご英霊の力で、今の日本がある|和田政宗

先の大戦有数の大激戦である硫黄島の戦いで、日米両軍合わせて2万9千人が亡くなった。今回の訪問で、硫黄島で戦った方々がどのような状況で、どのような思いで戦ったのかを、まざまざと知ることができた。


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

いきなり示された自民党改革案 このままでは承服できない!|和田政宗

3月6日、党改革案がいきなり示された――。自民党はすでに国民の信頼を失っており、党運動方針案に示したように「解体的出直し」をしなければ生き残れない。


災害から命を守るために憲法改正が必要だ|和田政宗

災害から命を守るために憲法改正が必要だ|和田政宗

私は、東日本大震災の津波で救えなかった命への後悔から、その後、大学院で津波避難についての修士論文をまとめた。国会議員に立候補したのも震災復興を成し遂げるという意志からであった。だが、災害などの緊急時に対応できる憲法に現行憲法はなっていない――。


最新の投稿


改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

改正入管法で、不法滞在者を大幅に減らす!|和田政宗

参院法務委員会筆頭理事として、改正入管法の早期施行を法務省に働きかけてきた。しかしながら、改正入管法成立前から私に対する事実無根の攻撃が始まった――。


【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

【今週のサンモニ】新生「サンモニ」はやっぱりいつも通り|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


なべやかん遺産|「終活」

なべやかん遺産|「終活」

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「終活」!


【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点  園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

【読書亡羊】トランプとバイデンの意外な共通点 園田耕司『覇権国家アメリカ「対中強硬」の深淵』(朝日新聞出版)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする時事書評!


川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

川勝知事の辞意表明…リニアの命運を決める戦いが始まる|小林一哉

急転直下、辞意を表明した川勝知事。しかし、本当の戦いはここからだ――。