世界はかけがえのない人を失った|花田紀凱

世界はかけがえのない人を失った|花田紀凱

安倍総理が兇弾に斃れたあの日から、安倍総理について思わない日はない。 同時に、いわれなき批判を浴びせ続けた朝日新聞をはじめとする無責任なメディアに腹が立つ。花田編集長、怒りと悲しみの安倍総理追悼文。


こんな形でお別れなんて

こんな形で安倍元総理とお別れするとは夢にも思わなかった。
 
最後にお会いしたのは5月13日。憲法改正の話をしていただいた。その後、2度ほど電話でお話した。
 
昭恵さんとは1週間ほど前、産経の沢辺隆雄論説副委員長、元社会部記者の将口泰浩さんたちと、昭恵さんの店「渦」で会食した。
 
いつも通り、明るく、楽しいはじけるような笑顔の昭恵さんだった。
 
奈良県立医大に駆けつけた昭恵さんは、心肺停止状態の安倍さんに「晋ちゃん! 晋ちゃん!」と必死に呼びかけていたという。
 
そのシーンを思い浮かべる度に涙が出てくる。
 
なぜ、こんなことに。
 
あれから、安倍さんのことを思わない日はない。哀しい。そして悔しい。
 
日本は、いや世界はかけがえのない人を失った。
 
それにしても……。
 
朝日新聞をはじめとする無責任なメディアには本当に腹立たしい思いが湧いてくる。第1次政権の時から、どれだけ安倍総理にいわれなき批難を浴びせ、貶め続けてきたことか。
 
そして亡くなった7月9日の6時、朝日新聞デジタルはこんな記事を掲載した。
 
タイトルは、
「森友・加計、桜…「負の遺産」真相不明のまま 安倍元首相が死亡」
 
そこには銃撃されて亡くなった一国の宰相に対する一片の哀悼の気持ちも、敬意もない。
 
こんな時に、平気で、こんな記事を書く記者、それを何の注意もせず、そのまま掲載するデスク、編集長。これが朝日新聞なのだ。
 
翌朝刊、1面に社説を持って、来て、「民主主義の破壊許さぬ」と題して、凶行を批難し、テロを批判。
〈私たちはそのつど、卑劣な行為への憤りを分かち合い、屈することなく、ひるむことなく、ともかくも自由な社会を守ってきた。〉
 
政治家としての評価は一切触れていない。触れたくなかったのであろう。
 
ちなみに産経は「卑劣なテロを糾弾する 計り知れぬ大きな損失だ」と、きちんと安倍総理の評価に触れている。
 

マスコミの批判に、安倍元総理はよく耐えた

Getty logo

それにしても、二度の在任中、朝日をはじめとするメディアのいわれなき、執拗な批難の洪水。
 
安全保障関連法、特定秘密保護法の時には、「戦争に巻き込まれる」と大合唱。そして、森友・加計・桜を見る会……。安倍元総理はよくも耐えてきたものだ。
 
たとえば2017年都議選の時、秋葉原で安倍元総理が「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と発言した問題。
「自由な言論を封ずるのか」と批難されたが、あれは、事前に場所取りをして、大声を出して総理の発言を妨害していた連中を指していたことは明らかだった。
 
なのに、メディアは、総理があたかも、一般聴衆に対して、そう言ったかのように批難し続けた。
 
こんなことを書き連ねても詮ない。
 
最後に。安倍総理の死を悼んで各国首脳がコメントを出した。
 
インドのモディ首相は「安倍氏に深い敬意を表し、9日は全国的に喪に服す」と発表。ブラジルのボルソナロ大統領は即座に3日間の服喪を宣言。ブータンは9日を追悼の日とし、国内各地や大使館などで半旗が掲げられた。
 
ところが肝心の日本では「前例にない」云々で、やっと11日になって半旗が掲げられることになった。
 
日本はどんな国になってしまうのか。

関連する投稿


「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

「子供1人生んだら1000万円」は、とても安い投資だ!|和田政宗

チマチマした少子化対策では、我が国の人口は将来半減する。1子あたり1000万円給付といった思い切った多子化政策を実現し、最低でも8000万人台の人口規模を維持せよ!(サムネイルは首相官邸HPより)


「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

「もしトラ」ではなく「トランプ大統領復帰」に備えよ!|和田政宗

トランプ前大統領の〝盟友〟、安倍晋三元総理大臣はもういない。「トランプ大統領復帰」で日本は、東アジアは、ウクライナは、中東は、どうなるのか?


山口敬之さんの連載『安倍暗殺の謎 第7回』を3月号に掲載しなかった理由を説明します|花田紀凱

山口敬之さんの連載『安倍暗殺の謎 第7回』を3月号に掲載しなかった理由を説明します|花田紀凱

「連絡がないままボツにした」「いくらでも直しますから、ボツはやめてくれ」……。『安倍暗殺の謎 第7回』を3月号に掲載しなかった件について、山口敬之さんは自らの番組その他であれこれ発言していますが、事実と異なる点が多々あるので、以下、経過を説明します。


日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日米に対して、中国「ゼロ回答」の背景|和田政宗

日中首脳会談が約1年ぶりに開催された。岸田総理は日本の排他的経済水域(EEZ)内に設置されたブイの即時撤去等を求めたが、中国は「ゼロ回答」であった。聞く耳を持たない中国とどう向き合っていけばいいのか。(サムネイルは首相官邸HPより)


【編集長から】ジンジャー、つまり生姜の花|花田紀凱

【編集長から】ジンジャー、つまり生姜の花|花田紀凱

10月26日発売の12月号【編集長から】を特別無料公開!


最新の投稿


日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党初陣の裏方日記|広沢一郎

日本保守党事務局次長の広沢一郎氏が日本保守党の初陣となった選挙戦の舞台裏をはじめて綴る。〈あれこれ探している時間がなかったので今回は私が2011年の県議選用に買った自転車を名古屋から運びました〉


【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

【今週のサンモニ】病的反日陰謀論の青木理氏は今週も絶好調|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。


全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米「反イスラエルデモ」の真実―トランプ、動く! 【ほぼトラ通信3】|石井陽子

全米に広がる「反イスラエルデモ」は周到に準備されていた――資金源となった中国在住の実業家やBLM運動との繋がりなど、メディア報道が真実を伝えない中、次期米大統領最有力者のあの男が動いた!


薄っぺらい記事|なべやかん遺産

薄っぺらい記事|なべやかん遺産

芸人にして、日本屈指のコレクターでもある、なべやかん。 そのマニアックなコレクションを紹介する月刊『Hanada』の好評連載「なべやかん遺産」がますますパワーアップして「Hanadaプラス」にお引越し! 今回は「薄っぺらい記事」!


【今週のサンモニ】「報道の自由度」ランキングを使ってミスリード|藤原かずえ

【今週のサンモニ】「報道の自由度」ランキングを使ってミスリード|藤原かずえ

『Hanada』プラス連載「今週もおかしな報道ばかりをしている『サンデーモーニング』を藤原かずえさんがデータとロジックで滅多斬り」、略して【今週のサンモニ】。