【日本原論】太田光大炎上![冒頭先行公開]

【日本原論】太田光大炎上![冒頭先行公開]

10月31日に放送されたTBS選挙特番「選挙の日2021 太田光と問う!私たちのミライ」での爆笑問題・太田光が自民党の甘利明幹事長(当時)に「ご愁傷様でした」、二階俊博氏にも「いつまで政治家続けるつもりですか?」などといったコメントを連発し、ネットから非難の声が殺到! この炎上に、太田光は何を思ったか……本誌人気連載「日本原論」で大いに語った!


#太田光をテレビに出すな

田中 衆議院選挙が行われたね。

太田 テレビも各局選挙特番やってたけど、なんか池上さんが炎上しちゃったんだって?

田中 お前だよ! 大炎上じゃねえか! 自民党の甘利さんに対するインタビューで「戦犯」とか言ったあげく、「ウヒャヒャヒャ!」ってバカにして笑いながら、「ご愁傷様」って言ってみたり、二階さんに「人相が悪い」って言うだけでなく「いつまで政治家続ける気ですか?」って聞いて「失礼じゃないか!」って怒らせたりして、日本中が大炎上だよ!

太田 あれ、全部田中に言われた通りやったことなんだけどな。

田中 俺のせいにするな! とにかく視聴者からは、「品が無い!」「礼節にかける!」「態度が悪い!」って非難囂々で、ネット上では、〝太田光をテレビに出すな〟ってハッシュダグまで出来てるんだから!

太田 マイッタね。そのうちテレビに出ている俺の顔にモザイクかけられちゃうかもしれないな。

田中 余計反感買うよ! お前自体がもうテレビで使われないってことだよ! 他にもいろいろ言われてたぞ。「話が長すぎる」とか、「人の話を聞かない」とか……。

太田 俺、今度『聞かない力』って本出そうかと思ってんだ。

田中 出せるか! 岸田総理の「聞く力」に対抗してどうすんだよ! それにしてもしばらくこの炎上はやみそうにないな。

太田 こんなに燃やしたら環境に悪いぜ。みんなSDGsを意識してほしいね。

田中 まだ燃えたいのかよ!

太田 俺、このまま燃え続けたらグレタ・トゥーンベリさんに睨まれちゃうよ。

田中 うるせえ!

太田 だから日本は化石賞とかもらっちゃったんじゃないか?

田中 そういうこと言うな!

太田 ネットはよく燃えてるな。俺のパソコンなんかまっ黒に焦げちゃったよ。

田中 くだらねえこと言ってる場合か!

太田 それにしても日本中が俺に怒ってるね。ネット見たら、「二階は嫌いだったけど、太田の方が嫌い」とか、「枝野は嫌いだけど、太田よりマシ」とか、与野党両方の支持者から言われてて、何だお前ら仲良く出来んじゃねえかって思っちゃったな。

田中 そういうことじゃねえだろ! それだけお前がひどかったってことだよ!

(さらにヒートアップしていく続きはぜひ本誌で!)

月刊Hanada2022年1月号

関連するキーワード


爆笑問題 テレビ 選挙

関連する投稿


一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

一票に格差があってどこが悪い!|深澤成壽

選挙の度に問題となっている「一票の格差」。昨年10月の参院選もこれをもって違憲だとする訴訟が各地で相次いでいる。しかし、本当に「一票の格差」は問題なのか? 改めて考え直してみると……。(初出:2013年5月号)(本稿は著者の考えに基づき、旧仮名遣いとなっています)


【読書亡羊】選挙という「祭り」は踊らなければ損! 畠山理仁『コロナ時代の選挙漫遊記』(集英社)

【読書亡羊】選挙という「祭り」は踊らなければ損! 畠山理仁『コロナ時代の選挙漫遊記』(集英社)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


○○すぎるが多すぎる|電脳三面記事

○○すぎるが多すぎる|電脳三面記事

ビル・ゲイツの妹(という設定)のライターが、ネットで話題になった事を斬りまくる、人気連載「電脳三面記事」。「○○すぎる」というのがやたら流行った時期がありますが、いまはその延長として本質から離れたプロフィールのエンタメ性が話題になっていますね。


繰り返される報道被害~なぜメディアは「捏造」をやめられないのか~|林智裕

繰り返される報道被害~なぜメディアは「捏造」をやめられないのか~|林智裕

発言の切り取り、事実の歪曲、捏造はもはや日常茶飯事。無責任に社会不安を扇動し風評被害をまき散らす。放送法は形骸化し罪に問われることもないためまさに「野放し状態」。時に炎上すればかたちだけの「謝罪」で、実態は多くが謝罪も訂正もなく被害者は苦しみ続け泣き寝入りせざるを得ない。繰り返される報道被害の深刻な実態を福島県からレポート。


失政連発で応援団からも批判続出!高まる玉城デニー知事への不信|石本譲二

失政連発で応援団からも批判続出!高まる玉城デニー知事への不信|石本譲二

武漢コロナウイルス対策だけでなく、猛威をふるった豚熱への対応も後手後手で、遂に県政与党や応援団からも批判が殺到!“メディア受け”する基地問題では張り切るが、肝心の代案もなくパフォーマンス一色。停滞する経済、深刻化する子供の貧困などに対しても何ら対策を示さず、一方で業者との不適切な関係疑惑が――もはや知事失格の烙印を押さざるを得ない!


最新の投稿


岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

岸田政権の〝増税〟に反対!|和田政宗

時事通信は5月19日、『法人税率、引き上げ案が浮上』との見出しで、与党の税制調査会で法人税の実効税率を引き上げる案が浮上していると伝えた――。日本経済の閉塞感が強まっているなか、積極的な財政出動を行わなければ経済は支えられないのに、増税という論が出てくること自体が滅茶苦茶であり、私は明確に反対である。


払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

払拭できない沖縄の反ヤマト感情|田久保忠衛

沖縄返還の「核抜き」(沖縄からの核兵器撤去)の要求をニクソン政権がのんだことは、米国から中国への関係改善のシグナルとなり、ニクソン大統領の歴史的な訪中につながった。「核抜き」で最も喜ぶ国が中国であったことを、日本は今でも理解しているだろうか。


日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

日本の核不安の一因はバイデン政権にある|太田文雄

ウクライナ侵略後、ロシアが核兵器使用をほのめかして威嚇する中で、我が国においても核攻撃に対する不安から、米国との核共有や日本独自の核保有を検討すべきだとの議論が高まっている。そうした不安の一因はバイデン政権の政策にある。


【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

【読書亡羊】皇室を巡る「公と私」の軋轢 江森敬治『秋篠宮』(小学館)

その昔、読書にかまけて羊を逃がしたものがいるという。転じて「読書亡羊」は「重要なことを忘れて、他のことに夢中になること」を指す四字熟語になった。だが時に仕事を放り出してでも、読むべき本がある。元月刊『Hanada』編集部員のライター・梶原がお送りする週末書評!


【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

【にゃんこ四字熟語辞典クイズ】⑮これはどんな四字熟語?

『Hanada』で書評を連載している西川清史さんが、世界中から集めた激カワにゃんこ写真に四字熟語でツッコミを入れた『にゃんこ四字熟語辞典』が発売されました。本書から一部を抜粋してクイズです。この写真はどんな四字熟語を現した一枚でしょうか?